-nihongkong-


【新北京的様子】

d0104254_14431180.jpg



(写真は本文と関係ありませんが、ニホンコン家の夏)

ニーハオ、ニホンコンです。
バタバタと決めた北京の旅も、とりあえず落ち着いて
現在はニヤニヤしながらガイドブックを見ている日々。

今回は珍しく胸高鳴り、期待なのか絶望なのか分からないけど
胸ふくらませております。

北京は10年以上も前になるけれど、約2年ほど語学留学で滞在した
街。日本でこの10年なんてちょいと高いビルが立ったり商業施設が
増えたりする程度なのだけど、中国、特にオリンピックをまたいだ
北京なんぞ、ガイドブックを見るだけで既に違う国のようになっている。

最近いろいろと話を聞いたりする中で、ショッキングなことがいくつか。

1、新北京のお宅事情

北京では、ホテル滞在ともうひとつ、中国人友人宅にホームステイをすることに。

中国人の一般家庭というと・・
ちょっと前ならアレですよ、ガタガタトラックで郊外に赴き、埃っぽい平原に
たたずむボロい家でやせ細ったニワトリなんかが歩いてて、人民帽かぶった
おじいさんなんかが歓迎してくれて、茶葉がたっぷりたまったグラスでお茶
飲んで、餃子食べてお腹痛くなってトイレ行ったら驚愕の衛生状態で・・

となるのが通常なのだが、友人のお宅はというと。

日本よかキレイな(らしい)地下鉄で北京中心から1時間。そこから更に郊外
になるので、友人が自家用車で迎えに来てくれるとのこと。家は200平米なんざ
という、東京に住むニホンコンには聞いたことないような広さのお宅。トイレが3
つにお風呂が2つ?(だっけな、忘れたけどとにかく「そんなに必要か?」と思う
くらいの数だった)で、住み込みのお手伝いさんが居るとか何とか・・

「昔から暮らしている生粋の北京ッ子」という表現を中国語で「老北京」と
表現するのだけど、それを言ったら「私たち、老北京じゃなくて『新北京』だから」
とあっさり返されてしまった。

個人的には前者のようなたたずまいの家で悲劇に見舞われるほうが歓迎
なのだが、今回は友人が極めてリッチ層だったという偶然と、子連れという
特殊な旅ということで、こんな環境も楽しんでみたいと思います。

少し救われたのは数ヶ月前に北京を訪れた友人からの
「外見は変わったけど根本的なところの中国人気質は全く変わってなかった」。
というコメント。そうそう、中国はやっぱりおせっかいでうっとおしくて、
人懐っこくないとな、とひとりうなづく。

2、北京の衛生事情

最近は落ち着いた新型インフルエンザ情報は、日本が14人くらいの時期、
中国は「4名」なぞという数字にズッコケそうになったニホンコン。

おいおい、あの人口で4はないだろ4は!と思いながらも、いやいやまだ
「新型」と判定できる病院がそもそも少ないのかも、と子供のミスを
温かく見守るような気持ちでいたのだが。

これも友人から聞いた話で

「北京のタクシーで知り合いが運転手のオッサンにどこから来たかと聞かれ、
『日本』と答えたら突然マスクをつけてその後一言も口を聞いてくれなかった」
とか。

中国にとって日本は危険国らしいが、それもなんだか腑に落ちんぞ!

それよか人民の手バナ(手でハナをかんで、道脇に飛ばす)とか、そこいら
かしこにツバ飛ばしたりするほうを先に辞めてくれませんかいね。って
もう五輪後の北京でそんな光景はないのかしら?どうなのか。要調査。


3、気候

本日時点で、晴れ、最高気温39度。
ちょっとちょっと!何の温度。これって日本の真夏に最高気温をマークする
土地の気温じゃないか?

アイヤー!北京の7月てこんなに暑かったかしら?
全く覚えていなかったのだが、ものすごいことを思い出した。

北京では2度夏を過ごしているのだけど、丁度その時期は学校が夏休みと
なり、6末から9頭まで寮を追い出されて旅に出ていた時期になる。
というワケで、この時期の北京に居たことがなかったニホンコン。

今日の東京もヤル気をなくすほど暑いってのに、39度ってどうなんだ?
電話口で「歓迎歓迎!」と喜んでくれた友人の言葉も、オイオイ歓迎じゃあ
ないだろ、歓迎じゃ!と突っ込みたくなる。

この後に及んでは、衛生状態やら、しつこいくらいの北京ッ子とか
どうでもよくなり、「どうか少しでも歩き回れるくらいの温度であります
ように」と願うばかり。

【ちなみに】北京の旅行ベストシーズン

1、2月がびっくりするほど航空券も安いのだが、マイナス10度の極寒。
3、4月が黄砂やマオマオと呼ばれる毛綿みたいなものが飛び交う時期、
黄砂は目から鼻から耳からもう砂塵みたいなのが入る入る、マオマオ
(毛毛と書く)は単純に「どっかいけ!」と思うような面倒なもの。
ハードコンタクトの自分にはここが一番恐怖です。

5月はゴールデンウィークの関係で飛行機代が高騰、6月は梅雨こそ
なけれどスコールが降る。7、8月が灼熱地獄で9、10月は一番よい時期。
ゆえにハイシーズンで旅行代がピークに高く、11、12月はもう普通に寒い。

あなたならドコをとりますか?

行こうと思った時がタイミング、と信じるのみ。

6月26日 日本/香港


d0104254_14441295.jpg

[PR]
by nihongkong | 2009-06-26 14:48 | 旅/海外篇 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nihongkong.exblog.jp/tb/9909398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 【旅支度〜母と娘のチャイナ旅〜】      【北京に行くことに〜初おやこ旅〜】 >>

浜松→大阪→北京→香港→東京→湘南 03年からゆるやかに続けているブログ。中華や湘南ライフや子育てや。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月