-nihongkong-


初・友人スピーチ

d0104254_23533261.jpg

(前夜はストップウォッチと何故か家にあるマイクで練習)

ただいまご紹介に預かりました、ニホンコンです。

先日、結婚式にて初の友人スピーチなぞをしてみました。
もとより、いつかあの大舞台でマイクを握りしめてお喋りなぞしてみたいと
常々夢見ていたものが、ついにお声がかかる運びとなり、それはそれは
はしゃいだものでした。

とはいいながらも、人前に立ちたいと思う割にメンタルが弱く、時間の経過と共に
そのビビりと肝っ玉の小ささが嫌がおうでも自分の前に立ちはだかり。そこから
どうしよう、どうしようとひとり小さな部屋をグルグルしていたものでした。

苦し紛れに友人に問い合わせてみても、答えは一様に「自由に」。
何て友達甲斐なく、そして冷酷な回答だと嘆いてみたものの、終わってみた身
としては、同じ質問をされたらやっぱり「自由に」としか言いようがないものだ
ということがよく分かった。

スピーチに正解はないのだ。でも正解はなくとも間違いはある、
ということを踏まえて緻密に練り始める。

さて、話を頂いたのが年末。そこから先週の結婚式まで約2ヶ月。日々頭のどこかに
彼女の顔がちらちら舞い、同時に白紙のスピーチもちらちら舞い、事あるごとに
何言おうか、彼女のどんなところを褒めちぎったろうか。60日間スピーチの旅が
始まりました。

途中から「スピーチをする」ということは、実は一定期間新婦のことを一途に、
片時も忘れることなく、一心に思い続ける、ある種の修行なのでは、と思うくらい、
ずっとずっと、そんなことばかり考えておりました。勿論軽々とこなす方も沢山
いらっしゃると思いますが、ニホンコンの場合そうもいかず。

初のスピーチゆえ、兎にも角にも緊張する。
これまでのスピーチを思い出してみると、どんなに素晴らしい内容であっても、
話し手がガチガチのコチコチであれば、話の良さがストレートに伝わりにくいこと。
逆に大きなトピックこそなけれど、堂々と話しているその姿に「ふーん」と、つい
頷いてしまうこと。

ニホンコンのスピーチはこの際内容云々は置いとくとして、ここはもう、
ハッタリか演技か、果てまた自己陶酔の極地か、もう堂々にも堂々としておけば、
スピーチとしての平均点に届くか届かないかくらいまではいけるのでは、と考え、
もう「腹を決めるしかない」状態。

披露宴の参列者は100名程度。現在では多いと言われる結婚式の中、本人
ガチガチの割に平常心かそれ以上のテンションで語りだし、おおよそ記憶していた
スピーチの単語やフレーズ抜けを大目に見れば語りたい内容は殆ど伝えられたかと。

後から聞くところによると「あの友人、司会者か何かですか」と
新婦が聞かれたとか何とか。意味するところ「不評ではなく、好評」だったようで
安心。長い長いスピーチの旅から、この時ようやく生還した気がした。

もとより新郎新婦の人柄が十二分にもにじみ出る、非常に温かい披露宴だった
ということに救われたのは間違いなく。一番前テーブルのオジサマがニホンコンが
放つ一言一言にウンウン頷きながら聞いてくれる姿に相当勇気づけられたものだが、
口が避けても「緊張しないために、聞き手は全員『カボチャ』だと思っていた」とは言えまい。

結婚式は沢山出ている筈なのに、しかもおおよその流れは皆同じ筈なのに、必ずや
その主催者のカラーが色濃く出るのが毎回興味深い。今回は本当に2人の性格や、
家族友人含め周囲から愛されている様子が伝わってきて、ああーいいなあと
純粋に思ったものでした。

ご結婚おめでとうございます&末永くお幸せに。
ニホンコンも久々に1人新幹線で大阪に行き、学生気分で羽を伸ばしました。

ついてに、羽伸びすぎて、翌日香川まで飛んで行ってしまいました。
この話はまた今度。

3月1日 日本/香港

d0104254_23534663.jpg

[PR]
by nihongkong | 2009-03-01 00:40 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nihongkong.exblog.jp/tb/9403536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< また香川〜讃岐うどんを巡る旅〜      初詣〜という名の写真のセンセイ... >>

浜松→大阪→北京→香港→東京→湘南 03年からゆるやかに続けているブログ。中華や湘南ライフや子育てや。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月