人気ブログランキング |

-nihongkong-


餅つきメモ

ニーハオ、ニホンコンです。

さてさて、今となってはもう遠い昔のように思えて来た年末の餅つき。
たかだか2週間くらい前なのに、2008年という響きが既に懐かしい。

1年の中でこれほどまでに変わらず、静かで、厳かで、楽しく、幸せな日は
無いのではないかと思われる暮れの30日。(我が家では儀式と呼んでいる)

d0104254_2143391.jpg


今年は前日の準備で男衆が胡桃入りのお餅を1つ作るべく、縁側でクルミ割り、
女衆は台所でイカの塩辛なんざ作ってみたりしてめいめいに過ごす。
(翌日に白ごはんにドバーッとかけて食べましたがその美味さにうなる)

餅つきは、毎年1度しかない作業ゆえ、進歩も遅く、ようやく全体がどう流れるか
までは把握できるものの、ディテールが殆ど抜け落ちて「あれってどうやって
やったっけ?」の連続。

d0104254_2144299.jpg

(餅米は1晩給水させたものをざるにあげ、順々にセイロで蒸していく)

本気で餅つきノートなるものを作成して毎年仔細な分量やニュアンスを記入
しようと思ったが、年末にそのノートが見つからなくて探しまわるのが関の山。
ここは経験を積んで感覚を掴まねばと、年に1度しか出ない職人魂を燃やす。

d0104254_2144188.jpg

(見るとやるとは大違い、真ん中に振り下ろすのが意外に難しい)

この日は旧友たちが一同に介す日でもあり、「盆と正月が一緒に来た」という表現が
本当に「同窓会と餅つきが一緒にきた」状態。だからこそ楽しさも二乗になり、
ここ数年で仲間入りしたニホンコンもすっかり図々しく自分の友達ヅラしながら
乾杯している。

杵を持って実際に餅をつくのは男性で、女性であるニホンコンがマスターしなくては
ならないポジションは「手返し」と呼ばれるもう一方の作業。力と技が必要な男性の
作業とはまた違い、細やかかつ繊細で、ここがヘタだと餅も美味くならんという、
こちらも重要なポジション。

d0104254_21443272.jpg

(熟練の手さばき、おかあさん)

大変なのは裏表ひっくり返すのと出来上がり後にえいやっと餅を持ち上げて
(駄洒落でも何でもなく)餅粉をひいた板がある縁側まで持って行くこと。

1年に1度、この時ばかりはその絶叫系の熱々っぷりに思い出すのである。
「心頭滅却」という四文字熟語を。

どのくらい熱いのかは筆舌に尽くし難いが、昔読んだマンガで「餅つきの
餅を運ぼうと思ったらあまりの熱さに放り投げてしまい、オジサンの頭の上に
落ちたらオジサン真っ赤にハゲた」というオチがあり、実際にあったんじゃないかと
思うくらい共感している。といえば分かるか分からないか?

そして「そうだった忘れてた!」とばかりに毎年最後の難関の宿題に
取りかかるのだが、これまで滅却できた試しなく、毎度のタッチ交代。

これだけは練習もへったくれもなく、ただただ心頭滅却あるのみな作業ゆえ、
また08年も自身の未熟さと翌年の大きな課題を抱えることになった。

d0104254_21444747.jpg

(出来上がりの胡桃の餅)

できあがったお餅はその場でハフハフ言いながら食べるのがまず美味しいのだが、
お正月になってああだこうだ言いながら食べるのも美味しい。

以上、餅つきノートのメモ代わりに書いてみるものの、年末読み返すワケでも
なかろうに&細かい作業要項が記録されているワケでもなく。

早いとこ「ここはニホンコンに任せたほうがよかろう」と言われる作業を見つけ
出したいものだが、現時点において「本筋の作業からいつの間にか離れて
ペチャペチャお喋りすることが得意技」というのも如何なものだろうと
自問自答の厳かな儀式であります。

1月13日 日本/香港
by nihongkong | 2009-01-13 00:00 | Comments(0)

<< パーフェクトイングリッシュへの...      明けっぱなしておりまして >>

浜松→大阪→北京→香港→東京→湘南 03年からゆるやかに続けているブログ。中華や湘南ライフや子育てや。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
その他のジャンル