人気ブログランキング |

-nihongkong-


「おかあさんががんになっちゃった」

d0104254_1615399.jpg

ニーハオ、ニホンコンです。
先週の金曜日、こんな本(まんが)が発売されました。
ニホンコンが本紹介なぞ、珍しいのですが、紹介せずにはいられず。

この本の著者と編集者はニホンコンの友人。
ニホンコンを通じて知り合った2人ゆえ、出来上がり見本を
頂いた時の驚き(全く知らず、白昼の和食屋で雄叫ぶ)といったらない。

以下、友人が書いた&編集したという「ともだち贔屓」をできるだけさっぴいて
素直に感想を。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この本は、タイトルがショッキングなため、ページをめくる心の準備が必要かと
思っていましたが、その第一印象とはうらはらに、内容は非常に心温まる、
ハートウォーミングな世界でした。

もちろん、これはおかあさんのガンという病気に直面する著者藤原さんと
その家族の日々の生活そのものなのですが、おかあさんに対する
彼女と、そして家族の溢れんばかりの愛情が素直に描かれ、
非常に濃くて、温かい時間のお話でした。

帯ウラに書かれている「がんだからできたことや、心がふるえるほど
喜んだことがありました」というメッセージが、お話のそこらかしこに
ちりばめられており、しんみりするより先に「なんていい時間を
過ごしたんだろう!」と、変な話だけどちょっと羨ましかったりもする。

おかあさんが前向きに病気と向き合っている、しっかりとした姿勢が
印象的で、それを支える彼女をはじめとする家族が回りを囲む体勢。

「家族が病気」なんてこれまで考えたことがなかったけれど、
もし自分が同じような状況におかれることになった時には、彼女が経験した
ような時間を自分も過ごしたい、と「追いかけたい背中」ができたようでした。

ニホンコンが薦めるのであれば「母を持つ全ての娘・息子に読んで欲しい」と。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おかあさんはニホンコンも会ったことがあり、いつかのお正月にハタチを
越えようとしているニホンコンにお年玉をくれたり、手作りのお惣菜を
宅急便で送ってもらったりなど、ヨソん家の子なのに可愛がってくれる
お茶目で可愛い方。そんなことを考えながら読んでみましたが、
もうのっけから涙涙。

読み始めて10ページくらいで「ヤバイ、涙出て来た!」とその早さにびっくりし。

読み始めて20ページくらいで「ヤバイ、涙で買ったばっかのお洋服が濡れる!」
と思い、ソデで涙と鼻水がふけるよう、トレーナーに着替え。

読み始めて30ページくらいで「ヤバイ、涙で化粧がおちてマスカラぐちゃぐちゃ
になる!」と化粧を落としに行き。

万全の号泣体勢を整えて(?)読み進めること涙涙。

結局最後はオイオイ泣きながら読んでいましたが、読み終わった後、
悲しいという気持ちだけでなく、家族全員のおかあさんを思う気持ちも
一緒に伝わって来たようで、「悲しいことばかりでなく、素敵な時間だったな」と
裏オビの一言がしっくりくる終わり方でした。

そして著者独特のユーモアもまぶされており、泣きながらもクスっと笑ってしまう、
笑っては泣く、のなんだかゆかいな展開。

ニホンコンが推薦の帯を書かせてもらえるのであれば、きっとこう書くだろうな。

「東京タワーよりいい!/坂下ニホンコン」

でもこれだと売れなさそうなので「坂下ニホンコンよりいい!/リリーフランキー」
のほうがいいのかな?でも東京タワーと坂下ニホンコンは2択にしてはマンモスと
アリすぎだなあ、とひとり帯の文言ばかり考えている。

ご興味のある方、書店、もしくはアマゾンでお求めください。

「おかあさんががんになっちゃった/藤原すず」
メディアファクトリー 定価950円

d0104254_162597.jpg


6月27日 坂下日本/香港


d0104254_16281676.jpg
追記:藤原嬢が作ってくれたジュニアの
ハンコ。勿体ないけど使ってみました。
同じ「面倒くさがり星人」かと思いきや、
割とマメに手先を動かす人です。
by nihongkong | 2008-06-27 16:34 | Comments(0)

<< 夏休みモード      茅ヶ崎に嫁ぎました >>

浜松→大阪→北京→香港→東京→湘南 03年からゆるやかに続けているブログ。中華や湘南ライフや子育てや。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
その他のジャンル