-nihongkong-


ええかげん?子育ての講演会

d0104254_21255827.jpg

(女子ゆえに、かばん大好きです。大きくなったといえどまだまだ小さいジュニア)

ニーハオ、 ニホンコンです。
先程お風呂でコンタクトを流してしまい、軽くショック。
目からウロコ、じゃなく目からコンタクトが落ちた、というのが正解。
もう15年以上コンタクトをしておりますが、これは初めて。

ただ、湯気にまみれて目の前で「サヨウナラー」と流れたワケではなく、
「風呂で落ちた→排水溝には丁度丸い穴が2つほどあった→きっと
そこから流れたんだろうな」程度の想像でイマイチ実感湧かず、ショックが軽い。

ヒトの風呂話なぞどうでもよく、本題。

先日子育て講演会に行ってきました。ニホンコン、子育てに熱心ではないが、
未知なる世界への探究という観点では「ヒジョーに関心が強い」。

事実、妊娠中からいろんな本を読み漁り、天才教育からはだし育児など
ありとあらゆる情報を集めてみたものの、とある1人の絵本作家の方に出会い、
それこそ「目からウロコ」なおもいをしたのが始まり。

その方は「けんかのきもち」という幼い男心を上手に描いた絵本で
日本絵本大賞を授賞された「柴田愛子さん」。

何が目ウロコだったかというと、私がコドモを立派にしてやる!と意気込んでいた
当時のニホンコンに

「お宅のコドモから、優秀な子は育ちません」
「残念ながら、ヒマワリの種からはユリは咲かないのです」

と、ズッコケそうなお言葉をくれた1人だったのです。

確かに冷静に考えれば納得なのですが、こと母業をしていると、自分の
力量でコドモが天才にもなれば不良にもなるんじゃないかとついつい思いがち。

彼女は、「そうじゃないんだよ」という話を非常に分かりやすく、シンプルに、
言い換えれば「かなりアバウトでテキトー」に答えてくれる師であります。

世間ではセンセイと呼ばれかなり人気者らしいのですが、
「適当な近所のオバサン」だと思うと合点がいく。
それは講演後の質疑応答の回答の仕方にも面白い程よく表れている。
例えば(愛のところが柴田愛子さんの回答)

Q:「うちの子がどこに行ってもチョロチョロしていたずらをして困ります」
愛:「その子はそういう子なんですよ、アハハ」(会場もびっくり)

Q:「義母と義父がしょっちゅう来ては子供を甘やかします」
愛:「じゃあその時間は『私買い物に行ってきます』って嘘ついて茶でも飲みに
行って来なさいよ、あとは週3来てるんだったら『週2回になりますよーに』と
願ってることだわね、アハハ」(会場大爆笑)

ちなみにニホンコンが前回聞いた質問は(ニはニホンコン)

ニ:「絵本を沢山読ませたいと思ってるんですけど、上手な読ませ方は?」
愛:「出たよ!こういうオカーサン!絵本を読めば子供が優秀になると
思ってるんでしょ!」

(絵本作家さんなだけにド真ん中な質問だと思っていたが、雰囲気が違う)

ニ:「だってさ、絵本を沢山読んであげることで感情への刺激はあるんでは?」
愛:「じゃあ絵本が無かった昔の人は感情が豊かじゃないと思う?違うでしょ」

(会場、結構この質問を聞きたかっただろう人も居たようで、ウンウンとうなづく)

ニ:「ハイ・・違います」
愛:「絵本なんかなくたって育つのよ、子供は」(えー絵本作家なのに!)

凄い。
ニホンコンが彼女だったらこのテの質問にはとっさにこう言うだろう。
「そこで私の書いた『けんかのきもち』は・・(中略)あとは読んで貰えれば」と。
そこは宣伝するとこだろーに!センデンを!

ところが、彼女はそうではないようだ。
それには彼女の確固たる信念に基づいているのだが、要は「きちんと子供を
見守ってあげること、愛情を注いであげること」それだけでよいのだ、と。

こうしてニホンコンの育児は彼女に出会えたことでぐぐっと方向転換し、
余計に何もしない、部屋は散らかり放題の日々になりました。

終了後は真っ先に本を購入し、サインと握手を求めに。
柴田愛子さん、ニホンコンに一言。
「アンタさー、講演しながら見てたけど随分イキイキしてるのね」と。
異常なほど大ゲサに頷いたり、手を叩いて転がる程笑っていたからだろう。

ちなみに最後は会場にこう残して去りました。
「子供は好きだよ好きだよ〜って言って、捨てなきゃいいのよ、捨てなきゃ」

脱帽。大好きです。
お話を聞いたばかりなのに、もう会いたくなっているニホンコンです。

1月17日 坂下日本/香港

d0104254_21254624.jpg

(書いてくれたサイン、ヒラフジさん、はニホンコンの本名)
[PR]
by nihongkong | 2008-01-17 21:29 | まいにち母さん | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nihongkong.exblog.jp/tb/7001759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 講演会〜続編〜      2008 コトシモヨロシクオネ... >>

浜松→大阪→北京→香港→東京→湘南 03年からゆるやかに続けているブログ。中華や湘南ライフや子育てや。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月