人気ブログランキング |

-nihongkong-


中国人観光客の時代

ニーハオ、ニホンコンです。
来たよ来たよ、こんな日が。
銀座の大通りが、北京の王府井かと見まごう時代が。

d0104254_10142069.jpg


(これは新宿、ここも中国語飛び交います)

20年ほど昔、ニホンコンは北京におりました。
北京に来る日本からのゲストと共に、北京一の繁華街「王府井(ワンフージン)」に行くと
「東京で言うところの銀座みたいなとこ」と言っては、その巨大な差に矛盾を感じてました。
都市の中での洗練されたエリア、という点では間違いではないのだけれど、銀座と王府井を
一緒にしちゃあいかんだろ、みたいに思っていました。

が、一緒になった。
正確に言うと一緒にはなっておらず、銀座に中国人が溢れすぎて北京化していると
言うのが正しいか。

これを眉をひそめる現象、洗練された銀座の街のイメージが、と思う日本人が
少なからず、いや正直に言うと多くいるのは事実かも。

ただ、ニホンコンにとっては、ドキドキする日々。
大丈夫かな、皆さんコミュニケーション取れてるかな、と。
どうにかしたくても、今すぐにどうにかできていない状況が、歯がゆくてたまりません。

今日の本題は、「激増する中国人に対応せよ、に対応しきれてないダメな自分」です。

前半だけ読むと、なんだか経済番組のドキュメンタリーで紹介されそうなタイトル
なのだけれど、後半はほんと、ダメダメな己の反省。要は反省文です。

最近ちょくちょくサービス業に従事する方々から「いやあ、中国語教えてよ、困っちゃって」
という声を聞きます。そりゃそうだ、彼ら、中国人は中国語しかしゃべらないからだ。

同じ漢字の国といいながら、日本のように便利なカタカナ(外来語)がほぼ存在しない
ので、「パスポート」ですら通じなかったりする。(パスポートは、護照と書く)
うわあ、それじゃあどうやってモノの売り買いをしているんだろうと、ホント興味深々。

ニホンコンには、中国&中国語の神様がついているようで、ふらっと違う方面に
いっても必ず不思議とこの界隈に戻ってくるのだ。もう、これは天命だと思って
身を任せようと思っている。

で、よく言われる「中国語が話せる」「中国語がペラペラ」の素敵な響きは、
あまりイコールではなく、しいていえば「中国人と楽しくおしゃべりができる」かと。

だから、もう、こんなにも多く来訪する中国人と、おしゃべりしたくてたまらないのだ。
彼らが今、何を考えて、何が欲しくて、どんな野望と希望と欲望にまみれているのかを。
(あの買い方は、きっと根底に抑圧された何かと、解き放ちたい情熱があるとみている)

中国人は、面白い。
中国人が嫌い、という日本の人が沢山居る中で、これだけは変わらず思い続けている。
これはニホンコンの30年にもなろうとする中国語学習と、かつて滞在していた
北京・香港、そして今でも続く交友関係から得た、貴重な経験であり感覚である。

勿論、日本人には理解できない公衆マナーや、モノの言い方など、表面的なものは
多々あるのは否めない。でも、少しでも言葉を介すことで見える、彼らの奥深い
境地というか中華世界があるのだ。

ニホンコンはブログに何度もこのような表現をし続けているのだけれど、これを
見た・観た・視た、なんでもいいのだけれど、その身として、魅せられ続けている
のだと思っている。

んで、現在。
もう10年にもなろうとする中国語講師業で、ちょこちょこ動き回っている。
でも、今はちょこちょこで済むほどのレベルじゃあない。ニホンコンは、
燃え盛る炎に、じょうろで水をかけているような状態。(決してクライアントが
という話ではなく、自分のレベルとか、質とか量とか諸々とか)

d0104254_1015343.jpg

(都内で講義の後、すぐさま神奈川の田舎に移動、天気がよければデッカイ富士山)

これが情けない自分の現在なのである。
ポンプ車レベルの情熱がありながら、じょうろ程度しか出せてない自分が
不甲斐なさすぎて、うぎゃあ!と喉元かきむしりたくなっております。


d0104254_10145928.jpg


(トウモロコシ畑に囲まれながらの通勤。おもわず「ざわわ~ざわわ~」と歌って
しまったが、それはサトウキビ畑だった)

もう、スーツケースもって日本全国駆けずり回りたい。
んで、片言の中国語、または数人の中国人スタッフで対応している
現在の観光スポットの状況が、「全員が楽しくおしゃべりできる&中国人て
おもしろいな」になればなと思っております。

ダメダメなアンパンマン、ニホンコン。
ヘタレな道も一歩からと、先ずは何したかというと

「初心者のフリして語学学校へ潜入。ビジネス中国語会話クラスを受講してきました」

これがまた面白かったので、また今度。


7月1日 日本/香港

追記:毎年この日になると「あー、香港返還かあ」としみじみ思うニホンコン。
返還からもう18年、早いものです。
by nihongkong | 2015-07-01 10:20 | Comments(0)

<< さいきんのこと      写真なし近況報告 >>

浜松→大阪→北京→香港→東京→湘南 03年からゆるやかに続けているブログ。中華や湘南ライフや子育てや。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
その他のジャンル