人気ブログランキング |

-nihongkong-


味噌を作ったよ話

ニーハオ、ニホンコンです。
かねてからやってみたかった、味噌作りに挑戦。

ひとりで味噌作りにチャレンジするのもおっそろしいので、
元々は近くのオーガニック屋さんのワークショップに申し込んで
いたのだが、2月のまさかの大雪でお流れ。

このまま気持ちもお流れに・・と思っていたところに救世主が。
毎年10キロ近く作っている友人から「手伝い&教えに行くよー」と。

さっそく大豆やら麹やらを発注。
ネットで見つけた富山の豆屋さんに電話。
「あのー、作り方書いた紙とかいれといてくれるんですよね、
私ほんっとに初めてなんです」と、叫びにも似た弱音に

「大丈夫ですよ、初心者の方もつくれますよ」と、
神のようなお言葉。

前日からコトコト煮る豆。
もう大鍋2つも使っての作業。
友人は豆を煮るためだけの大鍋を持っているんだとか。

d0104254_1351965.jpg


そして友人&友人娘っこ到来で潰し作業。
意外にも子供たちがやる気を見せ、せっせと潰してくれる。
あれ、エプロンに三角巾のニホンコン、やることありまへん。
というので撮影係。

d0104254_1351337.jpg


3号は見てるだけ部隊。

そもそも何で味噌作りなんてしようと思ったのか。

何だろうか、昨年夏にきゅうりやプチトマトが庭先のプチガーデニングで
がんがん収穫でき、ああ自分たちで何とかできる食生活ってあるんだと
思ったことがキッカケ。

あとは、巷にわんさと溢れる保存料やカタカナ文字の何とか剤、みたいな
ものを、手作りすることで遠ざけられるのであれば、そうしたい気持ちから。

時代というものは巡り巡るもので、昔の人がせっせと手間をかけていた
時代から、便利な時代になり、そして便利が過ぎると、また逆行したくなる
という。

さすがに極端な昔生活はできないけれど、周りには冷蔵庫ありません、
洗濯機捨てましたという話も聞いたりする。まあ、その人ができる範囲で
心地よい手仕事ライフをすればよいのではないでしょうか。

とかなんとか言っていたらあっという間にお豆はすりつぶされ、
こっからはニホンコンの出番。

d0104254_135783.jpg


(2号、三角巾もエプロンも脱ぎ捨て、やる気スイッチ切れました)

写真は塩と麹をと大豆をマゼマゼしているところ。
ある種どろんこ遊びみたいなもので、子供たち喜んで手を出して来る。
でも、跳ねたドロ、いや大豆たちが床じゅうに溢れているんですけれど。
ニホンコン「かわいそう!こやつらも味噌になれますように!」と
一生懸命に拾う。

マゼマゼしたドロ、いや味噌のモトは、お団子状にして樽に入れ、
空気を抜きながら敷き詰めていく。これは10歳の友人娘っこが
手慣れたふうでぎゅっぎゅとやってくれる。

(この一家は、大人のみならず。子供も味噌の熟練工であった)

味噌作りは、これにて終了。時間にして1時間半程度。
「へ?」と思うくらい簡単で、あれほど高く険しい山だと思い込んでいた
ニホンコンはいたく拍子抜けしたものだ。

その後は皆でお昼を食べ、子供たちは久々の再会でめいめいに遊び、
大人たちはお茶しながらお喋りしたりと、もうメインは何だったのか
わからなくなるくらい、よく遊び、よく喋った。

d0104254_135147.jpg


最後に、「涼しくて風通しのいい場所で半年ほど保管ねー」ということで
そんな場所を探す。なんだ、持て余してた床下収納につっこもうかと
思っていたけれど「それは一番やっちゃダメだって」とたしなめられる。
(ぬか床か梅干しか何かとごっちゃになっている。ということでまた持て余し
スペースに決定)

仕方がないので、いつも使ってなく、サーフボード置き場と化している
北側の部屋においておくことにした。

「もう少し経つと茶色〜い水が出て来て、発酵臭がしてくるんですわ」と友人。
「うちでは『足の匂いがする!』と嫌がられるんですよね、へへへ」

という言葉に、ニホンコン一家、その足の匂いがする時期に、
真剣に置き場を考え直さねばならないと思った次第でありました。

今回つけたのは4キロ。

あまりの簡単さに、今週末にもう4キロつけたい衝動に駆られているが、
ま、今年のデキ次第で考えるとしよう。

3月11日 日本/香港

追記:震災から早くも3年経ちました。鮮明に記憶に刻まれているあの日のことは、
いつになっても胸が苦しくなる思いです。我が家も有事に備えつつ、毎日を存分に
楽しんで生きていければと思います。
by nihongkong | 2014-03-11 13:37

<< 日々      パンめぐりの旅 >>

浜松→大阪→北京→香港→東京→湘南 03年からゆるやかに続けているブログ。中華や湘南ライフや子育てや。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
その他のジャンル