人気ブログランキング |

-nihongkong-


【電話デ中国語】

d0104254_1356364.jpg



(よれよれのランニング率高し、夕暮れ時)


ニーハオ、ニホンコンです。
ようやく中華方面と電話で連絡がとれるようになりました。

別段回線が繋がりにくいワケでもなく、不在がちだったとかいう話ではなく、
かなり個人的問題。早い話、ニホンコン自身のつたない中国語でいろいろ話す
ほどエネルギーがなかった。

もとより、自分の語学運用能力の低さが問題なのだけど、
「外国語」の「電話」てのは、「会って喋る」よりも難易度が高い、ような。
特に漢字の国、中国語なんて特に。逆に言えば漢字の国同士なら筆談は
相当有効な会話手段。

電話代がタダ同然の香港で暮らしていた時は、夜な夜な香港友人たちと
長電話をしておりました。おしゃべりは非常に楽しいのだけど、ひとたび
ワカラナイ単語が出てくると、それが解明されるまでが、こと漢字文化になると
非常ーにややこしい。

こういう時、英語だったら単語のスペルを言ってもらえれば単語自体も
すんなり分かるし、分からなければ辞書もひける。スペルもアメリカのA、
ブラジルのB、チャイナのCと至極簡単な言い回しをしてくれれば聞き間違いも
なかろうかと。

で、中国語は違う。泣けるほど違う。

ずっと昔の話ではあるけれど、忘れられないエピソードがひとつ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会話のふとしたキッカケから「あんた忍者みたいだね」と言いたかった
電話の向こうの友人。ただ、ニホンコン、「忍者」が聞き取れず
「あんた〜〜みたいだね」しか分からず。

普段だったら聞き流すところも、自分のことを言われていると思うと、
気になって仕方がない、しつこいほど聞き返すが結果聞き取れない。
見かねた友人とのやりとりは、今でも昨日のことのように思い出せる。

友:「いい、じゃあ一文字ずつ言うから聞いて。まずは忍耐の『忍』」
二:「分かった!だってニンタイな日々だもの、それは聞き取れた!」

で、問題は「者」。どんな例題を挙げられても結局分からなかった
ニホンコンに見かねた友人がこう言った。

友:「いい、上には『土』って書いて」
二:「書いた」
友:「下には『日』って書いて」
二:「書いた」

友:「ハイッ、東北の方向から、西南の方向に斜めにセンを引いて!」

東北(右上)から西南(左下)に線を引く・・
書き順としてはめっちゃめちゃなのは同じ漢字の国の者として笑って
しまうのだが、電話で分かりやすく説明するには、ぜったいこっちのほうが
分かりやすい!と妙ーに納得してしまったり。

ただ、「あんたは忍者みたいだ」と言われたことは理解できたのだが、
どんなエピソードで忍者に思えたのか、しかも忍者といわれたところで
正直、嬉しいも悔しいも悲しいもナイ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こないだ電話をした友人は、北京在住できれいな標準語を話し、ありがたい
ことにニホンコンのブロークン中国語の中から意図を汲み取ろうとしてくれる
忍耐も兼ね備えている。

いろいろあった日々のことを話せた、自分の中国語がまだ通じた、という2点に
いたく喜んでいたところに、最後に降り掛かった一撃。

その友人の2歳になる娘に変わった瞬間、何も聞き取れなかった。
もちろん向こうも、イチ外国人が話す中国語なんてさっぱり理解されず。
ずっと友人が交換台のようになって、子どもが話すのを私に通訳、私が話すのを
子どもに通訳していた。

千里の道も一歩から。
語学の道も電話から、だとしたら自分は一歩も踏み出せてないのでありました。


d0104254_13555327.jpg



(分かりやすいマンホール。『汚』を電話口で説明するなら、三点の水に
数字の二を書いて・・その下のぐにゃら〜は何と表現すればよいのだろう)
by nihongkong | 2011-04-15 14:35 | 中華世界

<< 【高いところから徒然と】      【毎日かあさん〜保育園編〜】 >>

浜松→大阪→北京→香港→東京→湘南 03年からゆるやかに続けているブログ。中華や湘南ライフや子育てや。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
その他のジャンル