人気ブログランキング |

-nihongkong-


【私的世界一の肉まん】

d0104254_11123339.jpg



ニーハオ、ニホンコンです。
肉まん、大好きです。

さて、巷にはいろんな肉まんが売られておりますが、その中でも気に入って
いたのは中華街の肉まん。赤子の頭くらいあろうかと大きなサイズで楽しめる
のですが、1.中華街という知名度、2.今じゃ1個500円?という値段が
「俺中華街だもんね!中華街ときたら肉まんだかんね!」という、奴が放つ
横柄な雰囲気があまり気に入らなかったというのは事実。

そんな中、中華街を上回る肉まんが見つかりました。

場所は世田谷。
世田谷といっても下町情緒あふれるエリアで、ぼろ市という骨董品市が
年に一度開催されて賑わうのが特色。そこの小さな場所にお店はあるのですが、
結構お客さんがひっきりなしに訪れる。

やりとりを聞いていると
「すいません〜、マントウは売り切れてしまったんですよ〜。午前中は
沢山あるんですが、お昼すぎると売り切れてしまうことが多くって・・」

「寒いなかありがとうございます。中に肉汁が入っていて熱いので
服など気をつけて下さいね〜」

などと店主や売り子さんの声が聞こえる。

ニホンコンも初回は肉まんだけ買い求める。
ふっくらしていて、皮はほんのり甘く、店主が台湾で修行をしたという本場感と、
日本人ならではの丁寧なつくり、そして愛情が存分に入っているものでした。
お値段も肉まんは140円、あんまんは120円、マントウなんて大きいながら
1個80円と珍しくリーズナブル。

2回目は「マントウ」にありつくべく、早めに訪問。
マントウ(饅頭と書く)とは、肉まんあんまんの皮部分、というか
中身が無いバージョン。

中国では朝ご飯の主食になることが多く、あったかい豆乳&マントウ、ゆで卵
というのが定番。んでマントウにはちょっと辛みのきいた高菜みたいな
ものと一緒に食べるのが、んもう〜絶品。ああ、中国の山奥にいって
こんな朝ご飯を食らいたいわ〜と思いを巡らしてみたり。

話戻り。
早く行きすぎて開いてないんじゃなかろうかと、店に電話をしてみると

「開いてますよー。9時からやってるんです。寒いから小窓閉めてますが
そこ開けてもらえば大丈夫です〜」というまた店主の明るい声。

「さきほど電話をしたモノです」と小窓を開けると、まるで久しぶりの
親戚が来たかのように歓迎してくれ、「どうぞどうぞ、雨の中ありがとう
ございます」とねぎらってまでくれて。

「いやあ前回はマントウがなくてね〜、こないだの肉まんが美味しくって
ぜひともマントウを食べてみたいね、と皆で言っていたんですよ」と
リップサービスでも何でもなく、純粋な本音を漏らしたところ

「それはそれは!ありがとうございます!ああ、そう言ってもらえると
嬉しいです」と、我が子を褒められたかのように目を細める店主。

ホカホカのマントウはそれはそれはしっとりしておいしかった〜。

そして、何より美味しいのは、そこの「声」という名のサービス。
その「余計な一言」みたいなところに、ものすごい愛情を感じずにはいられず。
その愛情とコミュニケーションてのは、かくもひとつのマントウを美味しく
させるものか、とうなるほど。

そのマントウから発せられる声とは「丁寧に練られて蒸されましたんです私。
十円玉数枚でおいしく食べてもらえれば、肉まん冥利につきるんです」と
どこぞの肉まんと違って涙ぐましいほど謙虚。

とはいえ人の味覚は千差万別ゆえ、美味しいから食べてみ!とふれまわる
ものでもなく。「こっそり世界一肉まん」で心の中にしまっておきます。
詳細知りたい方、連絡頂ければ耳打ちしますぞ。

2月17日 日本/香港


d0104254_11124272.jpg



(お正月に餃子を作りました。そこらへんにあるものを寄せ集めたので
新聞紙の上に未使用ゴミ袋。綿棒なんて一番手前は「ニンジン」です)
by nihongkong | 2011-02-17 15:22 | Comments(0)

<< 【オヤ画伯】      【休め!プリンセス】 >>

浜松→大阪→北京→香港→東京→湘南 03年からゆるやかに続けているブログ。中華や湘南ライフや子育てや。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
その他のジャンル