人気ブログランキング |

-nihongkong-


【長い長いお産のハナシ〜終わらないお産はナイ〜】

d0104254_15492320.jpg



寝てばかりでラクだった1人目の育児とうってかわり、
起きてばかりで振り回されの日々。

ニーハオ、ニホンコンです。

お産の記憶が日いちにちと遠のいていくのを感じます。
思い出せないくらい遠くにいかない前に、えいやっと第三部。

結局提携先の産婦人科で出産が決まったニホンコン一家は、
朝ご飯を頂いていざ出発。

【病院へ】

この時点では気持ちもスッキリ。ここ2日ほど、アルジ会社行くの?
行かないの?娘の保育園はどーする?などと3人の体勢を整えるので
頭を悩ませ、同時に「振り回している」感いっぱいだったニホンコン。

病院のベッドに寝っころがった瞬間、「よっしゃ今日で終われるゼ!」
と心の中でガッツポーズ。

時を同じくして、助産院からもスタッフが2名到着。病院でお産
とはいいながらも、結局「場所が違うだけ」でほとんど助産院みたいな
気分。結局最後までこの2人と一緒に産み、上手い表現ではないのですが、
「ベッド間借り状態」だった、ような。

【いざ、点滴】

最初は軽ーいオナカの痛み。「そうそう!これを待ってたんですよね
アハハ!」と談笑できるくらい余裕。

その後、階段を一段ずつ駆け上るようにだんだん痛みも強くなる。
前回クスリは「毒盛り」と表現したけれど、失礼、これは「魔法のクスリ」と
言い改めたい。

近づいたり遠のいたりするのがお産の常だけれど、その遠のく時間を
ショートカットできると思えば有効。少なくとも自分にとってはよかったなと。

【いざ、分娩台へ】

もう、この場を借りて言いたい。「なんじゃあのブンベンダイてのは!」
これがお産のスタンダードになってるってのがホント不思議。

というのも、力が入らない。ドコをドウしていいのか分からない。
いやー、ほんと難しかった!でも経験してみてよかった、とも思う。

出産後の入院中は、助産婦さんを呼び止めては「3キロほどある
モノを体から出すにあたり、ヒトは重力ってものを使って産むべきで・・」と
長々と喋り、はてまたひとりの時には「ぶら下がり健康機(懐かしい)みたいな
『産み落とす分娩台』みたいなものを発明して特許をとって印税暮らしを・・」
などとソロバン勘定をしておりました。

(助産婦さん曰く、それだと『一気に産み落っこちる』になって危険とか)

【終わりました、そして】

長かったお産にゴールはやってきて、命のカタマリ、女児が誕生。
もう、「すがすがしい」の一言。そして「終わらないお産はナイ」
とあまりにも当たり前且つ平凡なニホンコンのコメントにも
「明言ですね〜」と褒めてくれるやさしい助産婦さんたち。

高揚感も相まって、ひとりいい気分を味わいながら
ベッドでゴロゴロして2時間、こっからが衝撃の展開。

「はーい、では帰りましょーう」

イヤイヤ、マジで?!ていうかドコに?
私まだヘロヘロなんですけど、足ガクガクなんですけど。

ハイ、ワタシ、産後2時間で助産院に帰ることになりました。

当初、入院は病院でも助産院でもどちらでもいいとは言われており、
入院部屋も見学していたニホンコン。まあ終わってから考えようと
思っていたものの、その後、別にどっちにするか聞かれる間もなく、
そこに居る人全員がニホンコンを「助産院に帰る人」として手続きをしていた。

いや、私そんなに未練がましい顔してたかしら。
私の顔に「帰りたい」と書いてあったのかしら。

いやいや冗談でしょコレ、と半ば笑いながらベッドから降りた時には、
床が目の前に〜!ああ私貧血なのね、なぜってこんなに「フラ〜ッ」と
するんだもの、と意識が一瞬遠のきながらも助産婦さんに抱えられる
ようにして分娩室を後にする。

この「フラ〜ッ」ってのは、フルマラソンのゴールテープを切った
選手がよろめいて監督などに毛布でくるまれるのに近い、ような。
んで少なからずの出血がある出産においては、そのゴール後に
牛乳瓶2本くらい献血して歩いて帰れってのが、そのときの
ニホンコンの置かれている状況だったと思う。

フラフラ記録は最終章にて。
これで自身の大変体験も消化&昇華されますゆえ、
どうぞあと1回だけおつきあい下され。

10月8日 日本/香港
by nihongkong | 2010-10-08 15:55 | まいにち母さん

<< 【長い長いお産のハナシ〜最終章〜】      【長い長いお産の話〜其の弐】 >>

浜松→大阪→北京→香港→東京→湘南 03年からゆるやかに続けているブログ。中華や湘南ライフや子育てや。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
その他のジャンル