-nihongkong-


【本当に快適なホテルライフ〜北京侶松園賓館〜】

d0104254_12335850.jpg



ニーハオ、ニホンコンです。
まだまだ暑い日が続きます。

前回からぐっとホテルは変わり、快適なホテルライフのお話をば。

北京のホテルがハズれだったニホンコン親子。
慣れて来たのでそのままステイでも良かったのだけど、思い切ってホテルの
引っ越しをすることに。

たいそうモッタイナイ話ではあるけれど、旅なんざそう何度もあるわけではなく、
1泊くらいのの贅沢なら、いっそしておいて損はないかと。

というかニホンコン親子の場合、引っ越したほうがマトモな思い出が作れるだろう、
と判断。

泊まったのは気に入っているクラシックホテル「侶松園賓館」。
下町の胡同(路地)にたたずむ、四合院という昔作りの平屋をホテル。
以前貧乏ひとり旅で宿泊したことがあるのでいつか!と思っていた場所。

この「いつか」は「いつか普通の部屋に泊まりたい」の意。

前回は地下にある1泊500円のドミトリー。窓がない為、朝が来たのが分からず、
同室になった多国籍なルームメイト(3人部屋)に時間を聞いてノロノロ起きる日々。

外のおんぼろシャワーは「目をつぶって入れば超快適」という環境。まあ
払ってる宿代が宿代なだけに、「劣悪な環境」と叫ぶわけにもいかず。
いつかこの地上の部屋に泊まってやろう!と願ってやまなかったという話。

場所はタクシーの殆どの運転手が知らない通り。4年前の記憶をたよりに
ナビをしながら、最後は車が入れない為、重たい荷物とベビーカーに乗せた
娘と細々したカバン類をひとりで運ぶ。

しんどかったのはホテルの入り口まで。そこからは快適この上なく。
(あ、ここでいう「快適」は『何も起こらない』です)
ただ、楽しいと特筆すべき点が殆どないので、つらつらと写真でお届けします。


d0104254_1224270.jpg



(古いホテルは天井が高いところが素敵)


d0104254_1225958.jpg



(手前の中華なぼんぼりはいつか我が家に置きたい)

念願の部屋はやっぱり素敵。いささかやりすぎ感溢れんでもないが、中国に
来たんだからこのくらいの気分は味わいたいものだ。


d0104254_12235022.jpg



(調度品もいちいち古めかしくて面白い)


d0104254_124022100.jpg



(でも窓の外はやっぱり中国だったりするが、全体的に綺麗と汚いが共存しまくる
国なのでさして気にならない)


d0104254_12255382.jpg

d0104254_1226868.jpg



やはりここにも中国式は沢山あり、クーラーが付かないとスタッフを呼んだところ、
「リモコンを水平ににして、クーラーに向けて真っ直ぐに電波を飛ばさないと
着かないんだってば」と。その時はいたく感心して「すごいー!」とうなったけど、
やっぱ何かが違うような。


d0104254_12271453.jpg



(ぐるりと囲まれた中庭はレストランになっていて、明るいうちから夕食を食べる。
北京は緯度が高いので、夏は夜20時くらいでもまだ明るい)


d0104254_12272750.jpg



娘はこのホテルのことを「赤いおうち」と呼んでいて、今でも記憶に残っているよう
だけど、本人殆ど寝ていました。

中庭でご飯を食べながら、そのあまりの快適さに悔しさも倍増どころか100倍で
「なんだよー!最初からここに来てりゃよかった〜(涙)!!」と地団駄を踏む。

ホテルは寝るだけ、と考える人も多いかもしれません。
ただ、子連れとなるとホテルを拠点にして少し動いては帰るというパターンになるし
夜は早めに寝る娘と運命共同体となるため、どんなにエネルギーが余ってもホテルに
居ざるを得ない。

「やっぱりホテルは重要だわ」。
当たり前すぎるようなことを、渡航後のホテル引っ越し後に悟る。


8月21日 日本/香港


追伸:ちなみに、地下のドミトリーはそうは言っても「ものすごい楽しい」。
同室の多国籍軍でご飯を食べたり(中華は人数が居るに限る)、遊びに行ったり
と、思いがけない旅の展開が期待できる。

環境がよいところで静かに過ごすか、環境は劣るけれど予想外の旅の
可能性があるか。どちらも好きだけど、1人だったらまた地下に潜るかも。
[PR]
by nihongkong | 2009-08-21 13:50 | 旅/海外篇 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nihongkong.exblog.jp/tb/10128789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 【早朝の公園は賑やかで〜北京篇】      【〜腹をくくって〜快適なホテル... >>

浜松→大阪→北京→香港→東京→湘南 03年からゆるやかに続けているブログ。中華や湘南ライフや子育てや。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月