-nihongkong-


<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧



餃子を食べに行きました〜聖地蒲田にて〜

d0104254_17460943.jpg


私何をしてたんだ?ニホンコンです。

こんなヨレヨレ低空飛行のブログなのですが、
不思議なことに毎日訪問者があるという現象。
無駄垂れ流しの日常ですがお付き合い下さい。

さて、餃子バナシ。
浜松出身としては!中華圏で5年も暮らしてた
身としては!餃子は大好きな食べ物。というか
餃子嫌いな人っているのかしら?

ハイ、私。
小さい頃、餃子が好きではありませんでした。
浜松を離れてから気づいたけれど、浜松は
多くの家庭が「行きつけの餃子屋さん」を
持っており。

ご多聞にもれず我が家もソレがあったわけで。

その浜松で我が家御用達の餃子屋さんは、
今では県外ナンバーの車やバイクでごった返す
人気店になっており、何やら餃子でビル一軒
建てたとか、社員旅行がハワイとか、従業員
みんなベンツ乗ってるとか、やたら好景気な
噂が飛び交う店となってしまった。

で、小さい頃、何かっちゅーとその店の餃子を
食べにいく機会があり。そこの餃子はもう
アツアツの半ば揚げ餃子的な感じで。

で、こどもには熱っちーんだ、これが。
舌ベロどうにかなりそな熱さなんだこれが。

しかも餃子とライスしかない店なんだこれが。
餃子→ライス→餃子→ライス→餃子→餃子→
ライスと、全然味の玉手箱にならんのだこれが。

んでもってよくありがちな赤いテーブルが
油でテカテカベタベタしてるんだこれが。

ここらへん全般が苦手。
急にお嬢様みたいな発言をしてみたり。

で、嫌い嫌いも好きのうち、ではなく
あれから実家も舌が肥え、お腹周りも肥えてきて
色んな餃子屋さんを開拓して、帰省時には家で
各店の餃子を楽しむことができるようになった。

まず、熱っちくない。
「あっちー!」といいながら、東海林さだおなら
「ハフハフ」と餃子を奥に送ることができる
レベル。

そして、家だとライス以外にも色々ある。
若かりし頃は、これにすき焼きとかおでんとか
コロッケとか、部活動してる男子みたいな
組み合わせだったりするのだけれど、今は
お寿司とかでありがたい。

そしてなんと言ってもテーブルがぬるぬる
しないのは嬉しい!

結論「餃子はかくも美味い食べ物なり」。

ああ、餃子を食べに行った話をしようと思って
いたのが、自身の半生を綴ってしまった。

ここまでが焼き餃子の歴史でした。
水餃子時代に突入しよう(まだ語る)。

中華時代は餃子といえば水餃子。
中の具材もバリエーション豊かで「豚肉白菜」
はもちろんのこと、「セロリと豚肉」
「マトンとニラ」果てまた「トマトと卵」
なんてものもメニューにあった。

頼み方も「何両?」と聞かれるのだけれど
(今調べたら一両37.5グラム、初めて知った)
両の単位も分からなければ、何両頼めば
ちょうどいいのかも毎回不明。日本みたいに
「何個?」みたいなスケールは島国だからで
あって、いかにも大陸的というか。

で、テキトーに頼むと関取が食べるような
洗面器くらいに大盛り、みたいな結果になる。
(でも、それでも数百円とかの時代)

で、そんなこんなでも、餃子を食した経験値は
非常に豊富だったんだ、と改めて思い。

で、本題の「餃子食べに行きました」バナシ。
東京で聖地と言われる餃子屋さんが蒲田周辺に
ひしめき合っているようで。レストラン評価
で有名なうんちゃらログなんていうサイトでは
軒並み高評価で、行かずにはいられない。
たまたま仕事がここいらで終わったお昼に、
先ずは1番人気と称されるお店に。

d0104254_18214422.jpg



もう餃子モード満開。おひとり様女子なんだか
母なんだかオババに片足、いや両足突っ込んだ
ニホンコンは「餃子しか食べないもんね」オーラ
全開で挑む。

焼き餃子→水餃子。ビールが飲みたいところを
お迎えで運転するためぐっと堪えていただく。

・・・・

美味しいよ、いやフツーに美味しいよ。
全然いいよ、全然。
店の感じも好きよ、このやたら「いながらに
してチャイナな感じ」円卓とかベタベタ貼られた
メニューとか。

でも、なぜだろう。いっこ確信したのは

「ワタシ、もっと美味しい餃子食べてきてる」
「ここよか美味しい餃子知ってる気がする」

のだ。

そこのお店が人気店なのもよいし、否定は
しないのだけれど、私の経験値が豊富すぎた
のか、美味しい餃子を食べさせて貰って
きたからなのか、「私の中での1番は世界の
どこかに確実に存在する」だったのでした。

もしかしたら、私が1人で餃子をほおばる
なんつー、そのシチュエーションがそう
思わせたのかもしれない。

ごはんとは、皆でワイワイ食べればなんでも
美味しく感じたりするもので、もしかしたら
そういう「極上スパイス」が無かったせいかも。

だから、これまでの餃子のハフハフ言いながら
あっちーなこれ!オイ!とか言うのもああ、
自宅のテーブルはベタベタしないな!ちょっと
私まだ3つしか食べてないー!とか奪い合い
しながら食べた餃子ライフは、結果的に
私の玉手箱に大切にしまわれている宝物
なのかもしれないなと。そんな結論。

2月22日 日本/香港

[PR]
by nihongkong | 2017-02-22 17:28 | Trackback | Comments(4)


漢字検定受けました

d0104254_15184671.jpg


(む、難しい、、)

ニーハオ、ニホンコンです。

少し時間がある日々が続いたので、嬉しくて
近況報告。なんだろか、ちょっと前であれば、
半ば隙間恐怖症気味だったニホンコン。
暇という暇がだいきらいで焦っておりました。

そして、「ひま」イコール「仕事がない」という
現実に自分は必要とされていないのではと、勝手
に落ち込んだりしておりましたが、ここのところ
「暇上等!」な気分。

(源泉徴収票が揃い、去年の労働の合計が出た
現在。スズメの涙な数字に愕然&自暴自棄中)

暇の話をしているのではなく、先日漢字検定を
受けてきましたという話。

事の発端はほっとんど家で勉強をしない小4長女。
いつも「ドラえもん」か「ちびまるこちゃん」を
ゴロゴロしながらニヤニヤ眺めているだけの日々。

別にテストで悲惨な点数を取るわけでもないので、あまり強く「勉強しなさい」という理由も
なく。

ならば「漢字検定を受ける」名目で勉強させよう
と思ったまで。

ただ、「受けてみな~」といっても子供なんて
やる訳がない。

そう、己の身を賭して伝えるのだ

「受けてみようよ!」と。
「レッツチャレンジ漢字検定トゥギャザー」ね。

まさに我が身生贄大作戦。

んで、一緒に受けることだけは決定したものの、お次は級選び。

漢字検定は大人まで受けられる10級くらいから
最高級の1級まであるもの。小4娘が初回で不合格
になってやる気をなくしても何なのでまずは
復習も兼ねて「8級(小3までの漢字)」受験。

かたや母さんは「2級(大学卒業程度)」に
チャレンジ。

小4娘が楽しそうにすらすら問題を解いている中、 母はケチって中古本屋で買った問題集を開いたら

「まさかの解答がついてない」!
うそでしょ!解答がない問題集なんて!
あんパンていってあんこのないアンパン同様、
詐欺レベル。

もう辞書ひきまくりで勉強。
300円程度ケチったツケが、、。

それにしても、2級て難しい。
こんな四字熟語、使ったこともなければ、
学生時代習ったこともないぜよ。

部首だって、左側(てへん、さんずい等)か
上側の(うかんむり、たけかんむり)程度の
知識だったけど、何?

「慮」はとらがまえ?「疑」の部首は「疋」
なの?!と、もう、あなたの知らない世界に
足突っ込んでしまい、慌てる。

私は短大卒業なんですが、大学卒業程度と書かれ
ていることはあとの2年で学生たちはこんな一気に
詰め込んでいたんだ、、と思うことにする。

大人ニホンコンはもうセコさ全開で「最低合格点
から逆算して捨てるべき項目」とかはじき出した
りして、ゆるゆる勉強していた。

当日。
どうせ地方の受験会場なんて数名程度だろうと
踏んでいたけれど、大違い。ニホンコンの級だけ
で100名くらいの教室が3つほどある。
うそでしょ、そんな人気?そして重要?
(受験する人がそれいうか?!)

そして、「一緒に受けようね!」だったはずの
娘は、級が違うため、ニホンコンの級の1時間後に開始という、全く一緒感ゼロ。結果、お互い
勝手に受けた母と子、みたいになった。

で、たっくさんの受験生が廊下で必死で勉強して
いる姿に慌ててくる。これ、完全に
「雰囲気にのまれている人」ね。

そして、せこいヤツほど、ギリギリまで教科書を見る(私)。だって、受験料が勿体ないし、何よりこの追い込みをもう一度やるのはほんとゴメンなのだ!

もう開始1秒前まで見てやるつもりで教室に行った
ら「教室では参考書を開けません」と。

ならばドア前でとりあえず一読してやれ!と捨てる筈の四字熟語と部首のページをざっと読む。
もう目でスキャンしてやれ!の気迫ね。

往生際の悪い受験生が数名だけ残って、無駄な
最後の悪あがきをしていた。

で、試験開始よ。
一言でいうと「なつかしー!この雰囲気!」
大人になってからもTOEICや中国語検定と何度
となく受けてきたのだけれど、日本語の試験と
いうのは実に大学受験ぶり。

外国語は多分量も限られているので、知らない
ものは知らないけれど、母語、とくに漢字となる
と、これまでの知識量とか読書量などの自分史との挑戦みたいなものというか。

「分かるけど分からん」というもどかしさと対峙する、あの出てこなさ感がたまらなかった。
いや、現実には「出てこないー!」と身もだえるのだが。

問題は、最初から解くのではない。
スキャンしたての四字熟語と部首からよ!
記憶が剥がれ落ちないうちに慌てて問題を解く。
幸い、部首は何となくのフォルムで記憶していた
ところで救われたものが多かった。さすがに四字
熟語は四文字と意味をきちんと知らなければ太刀打ちもできないことが判明。

他の読み書きはなんとかこうとか書いてきたが、
「そそのかされた」だけが書けず。
「唆す」と書くのね、知らなんだ。

過去の経験から「挑発する」をひっぱってきて「挑す」と書いてきたけど、今頃採点者はアホ呼
ばわりしてマル付けしてんだろうなと思います。「なんだよチョースって!」みたいな。

結果は40日後に封書でという、微妙なじらし期間
があるのですが、今回イケニエとはいえ、受けて
よかったなと。

PCやスマホで一発変換される時代。科学の進歩と
同じかそれ以上のスピードで漢字を忘れる現在。
やっぱり漢字は書けないよか書けた方がいいし、
日本語の勉強にもなった。

考慮の同義語は「酌量」。
ジョージョーシャクリョーとかいうのは
情状を考慮しまっせのことか!と納得。

虚弱の対義語は「強壮」。
滋養強壮なんとかD! と叫んでいるのは
虚弱な人に向けているのか、とこれまた納得。

などと、日本語とか漢字の面白さも知ることが
できました。

とかいっていい気分で外に出たらまたびっくり!

お次の時間の娘っこの試験に来場している、
数多のちびっ子がわんさと来るではないか!
しかも全員ファイトを送る親がついている。
(ごめんよ娘っこ)

あまりのちびっこの多さに。美少女コンテスト
かと思うほどでした。

思わぬところで、漢字検定の熱さを知り。
受かったらこう言おうと。

「え?合格ですか?娘が受けるのについてきた
だけなんです♡」と。

2月6日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2017-02-06 15:10 | Trackback | Comments(0)


手紙魔


d0104254_10312679.jpg


(便箋セットはとにかく量があるものを)

ニーハオ、ニホンコンです。

突然ですが、手紙魔です。
「魔」じゃないな。手紙「好き」です。

こんなSNSやらメールやら何やら進化した時代に、
何をそんな伝書バトに毛が生えたような交信ツール
を使っているのかとお思いかと。

物心ついたときから携帯やメールが身近にある人
には昭和後期に生まれ、電話がジーゴロゴロから
プッシュになり、コードレスになりファックスが
生まれ、ポケベルってもう未来すぎ!と心躍らせた
私のような気持ちはなかなか共有できないかと
思うのですが、いっこだけ言えるのは

「手紙は、その手間暇をも一緒に送れる」

よーな気がする。気がするだけだけど。

メールで「こないだは楽しかったね!」とお礼が
来るのも、それはそれでよいのだけれど、なんか
手書きのほうが「どんだけオイラが楽しかったか」
がかなりの温度で伝えられていた、そして今もいる。

そんなことを思っていたら、年明けに80円切手を
沢山いただいたこと、またお年玉年賀はがきの
3等?なのか?切手シートが割と当たったので、
現在潤沢な切手で潤う、一国の女王の気分。
(実際は、そこまですごくはない)

会った人のお礼や会いたい人への手紙など、
ちょいちょいとペンをとっているところ。

d0104254_10312782.jpg


(熱いラブレターが何通も)

子供たちはそんな母を見ているのか、それとも
まだスマートフォンという魔法の道具を手にして
いないだけからなのか、せっせと手紙を書いている。
寝てから帰ってくるパパに伝言を残し、かならず
余白に「ここにお返事かいてね」スペースを設け、
翌朝自分宛に届いているメッセージをムフムフと
読んでいるのであった。

d0104254_10312708.jpg


(手書きカレンダーにカレーがついてしまい
また書いてね、みたいな内容、なぜか返しは
カラオケネタ・・)

今は日本各地、いや世界の各地に会いたい人がいる
現在。一瞬で繋がれるショートメールの魅力も捨て
がたいけれど、ここはじっくりゆっくり時間をとって、
その人のことを思いながら、あれこれお話しをして
いきたいと思っているのです。

今、「賀状新聞送るねー」と住所までゲットして
おきながら着手できていない、フランス宛とスペイン
宛の手紙があるのだ。送るなら簡単な日本の海苔やら
サキイカでも送ってあげよー、と小包料金をしらべたら、
ほんの数十グラムで三千円くらいしたので、黙って却下
しようかと思っているところ。

2月3日 日本/香港

追記:自分の身の上話というか、思っていることを
こうしてパチパチと打つ作業も、楽しい時間のひとつ
だなと。
[PR]
by nihongkong | 2017-02-03 10:25 | Trackback | Comments(2)

    

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月