-nihongkong-


<   2016年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧



逆ホームステイ〜あそび編〜

ニーハオ、ニホンコンです。
およよ、時の経つのは早すぎて、時の流れにも
時代の流れにも何も乗れちゃあいませんんぜ。

d0104254_15295632.jpg



ニホンコンがまだブラジルからの来客バナシで
盛り上がっているところ、当のブラジル人友人は

「1か月サマーキャンプで米国に行っていた息子。
お互いの帰国後、ガラパゴス諸島に旅してきました!」

なんつー新旅行ネタがSNS上より流れてきて、
オイオイオイ!私この話で一年楽しめるっちゅー
のに、もうそれを上書き保存するかの如く
次の旅かい!

と突っ込みそうになった。
いいのだ、これが自分のペースなのだ。
(勿論じゃんじゃん旅立つのはいいなあと
思いつつも、ニホンコンはひとつの旅を
何回も何回も反芻してかみ砕きながら楽しむ
ほうが好きなのだ)

んで、やっぱここへの来訪は夏がいいな、と
実感。特に外国からの来訪だと、花火や
海水浴など、存分にニッポンの夏を満喫できる
のだ。

この時期は七夕だったので、公園にあった笹に
それぞれ願いごとを書いてみたり。

d0104254_15295756.jpg


(10日間日本語学校に通ったというマリアナ、
10日とは思えない頑張り!好きこそもののです)

d0104254_15295754.jpg


Love with no regrets

(もう1人のブラジル人友人。
控えめだけれど芯が強く、彼女と話した
いろいろは忘れらないなあ)

夜は花火。今じゃ暴走族くらいしか
やらないんじゃないか、いや今日び暴走族って
いるのか?くらいの大迷惑花火の代表
「ねずみ花火」で大盛り上がり。

(あんなの、小さいころ飽きるほどやったのに、
今じゃセットに入ってもいない、、)

d0104254_15295849.jpg



そして家の中で縄跳びはじめたりとか、
ほんとファンキー。(一軒家で良かったワイ!)

海は少し風が強かったので泳ぐ~!まではいかず
とも、皆で波打ち際まで行く。

d0104254_15295807.jpg



ホント毎回のお約束なのだけれど、
「ちょっと足つけるだけだからね、
ほんと、ちょっとだからね!」
と全員で確認するのに、絶対に帰るころには
全員ずぶぬれになるのだ(笑)。

「押すなよ、押すなよ、絶対押すなよ!」
の海版とでもいうか。

d0104254_16311530.jpg


(2人に挟まれてジャーンプ!な2号)

面白かったのは、うちの真ん中2号。
とても好奇心が強く、誰とでもお友達に
なりたがる。
(ここいらへんは母のワタシと全く同じ)
当然言葉が通じずとも多国籍軍に寄っていく。

なんとか伝えよう伝えようとする意志は
相手にも伝わるらしく、いつの間にか
なんだかんだと遊びの輪に入っている。

d0104254_15295806.jpg

d0104254_15295908.jpg


(貝殻の中にビー玉を隠して誰が当てるか、
みたいな簡単ゲームなのだけと大盛り上がり)

この日もブラジルの子供の遊びというのを
ジャパン、ブラジル、イタリアという3人組で
遊んでいて、たいそう盛り上がっていた。

もう、居ながらにして海外旅行した気分。

おもてなしと言えるほど大そうなことを
した分けでもなく、ここでの日常を共有
した感覚に近いのだけれど、本当に
我が家にとっても、貴重な貴重な
経験だった。

むしろ、大人数が増えたことで、助かる
ところも多く。ブラジルチームは毎回
食事後の洗い物を担当してくれ、
キッチンやコンロまでぴかぴかに
してくれた。すごいや!

思えば、長い付き合いの友人はもちろん、
その友人であるブラジル組は初対面。

けれども、やっぱり大好きな友達が
連れてくる、これまた大好きな友達
ってのは、こんなにも心地よいんだ
ということを改めて知らされました。

次はどこからお客さんがくるのかな。
それは国内外問わず、どんなご縁が
やってくるのかな、昔のどこのご縁が
再び繋がるかな、と楽しみでなりません。


7月28日 日本/香港



[PR]
by nihongkong | 2016-07-28 15:10 | Trackback | Comments(0)


逆ホームステイ〜ヴィーガン天ぷら編〜

ニーハオ、ニホンコンです。

さてさて、初日の手巻きずしは失敗では
なけれど、まだまだクリアすべき課題は見え。

こうなったら、おぼろげながらにしかメニューを
立てていなかった二日目夕食がなんとなく見えてきた。

二日目は「揚げ物でゴー!!」
組んだメニューは「天ぷら&から揚げ」。

d0104254_18041960.jpg



「ヴィーガン」×「子供」という、割と
食べられるものに制約がある人たちを
中心に考えていくと、この2つがあがった。

野菜中心に揚げられる日本食の天ぷらは最強の
ヴィーガン向け料理。

そして世界中の子供たちに共通して好まれる
「フライドポテト&フライドチキン」。
ま、日本語だとただの「ジャガイモ素揚げと
から揚げ」なんだけどね。

そして日本人の大人たちもおいしく食べられる
よう「わさび塩」や「抹茶塩」なども用意。

どーだ!このメニュー考えただけでもう8割は
終わったようなもんだ!えっへん(自慢)

そして、同じ油やフライパンで調理しないよう、
天ぷらはニホンコン、フライドうんちゃら系は
アルジと担当も分け、これで一件落着。

と、思った矢先、Nちゃんより一言。

「てんぷら粉使えないから。あれ、卵の成分とか
かつおだしとか入ってるでしょ」

が、がーん!
そうだった。天ぷらってなかなかやる機会が
ないので、こんな滅多無い外国のおもてなしに
失敗しないよう、天ぷら粉に全ての信頼を
寄せていたのだが。

そんな時、海外在住が長いNちゃんより朗報。

「小麦粉と炭酸水で作るのよ。海外だと
天ぷら粉って手に入りにくいから、これで
代用するの」と。

おっし、それいただき!なんとかレシピを
見つけて揚げること揚げること。
もう、冷蔵庫のすべてを揚げるつもりで、
全力を出し切った。

これは大正解。
子供たちは良く食べ、前日にきゅうりとごはん
1杯しか食べられなかったイタリアンの息子
くんは、もう昨日の分を取り戻す&明日の分まで
食べてるんじゃないかと思うくらい食べていた。

そして天ぷらも大好評。
この小麦粉&炭酸水は、市販の天ぷら粉よりも
あっさりしていて、四十路オーバーの胃にも
重たくない。

これは我が家の定番にしようと心に誓うが、
次回の天ぷらがいつになるかは未定中の未定。

また、お塩は日本人チームはもちろん、
ブラジルチームにも気に入ってもらえ、
「ワサビとマッチャのどっちが好きか」
みたいな話でたいそう盛り上がった。

何がよかったかというと、全員に満足して
もらえたのはもちろん、外国の人と
「おいしい日本のごはん」を共有できたこと。

日本のごはんは素晴らしい。
たとえヴィーガンといえど、日本にはお豆腐、
納豆、味噌などの豆製品が豊富にあり、
お出汁さえ取れればお肉がなくとも十分に
おいしい食事ができるのだ。

日本人の私ですら、今回の経験で、きちんと
お出汁を取ることや、安易に加工品に走らない
ことを学んだくらい。

ちなみに、盛り上がったワサビとマッチャの
お塩は、我が家手製のお味噌と一緒に
お土産にしたので、ブラジルに渡っていき
ましたとさ。

ブラジルでも活躍してほしいので、小麦粉と
炭酸水の割合を早急に連絡せねばなのだ。



7月16日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2016-07-16 17:58 | Trackback | Comments(3)


逆ホームステイ〜夜ご飯編〜

ニーハオ、ニホンコンです。
体調回復第一弾。
逆ホームステイです。

d0104254_17161374.jpg


去年のこの時期は、ハワイから
20年来の友人がやってきてくれた。

今回はブラジルからの来訪。

ものすごく詳しく話すと、たくさん国が出てきて
分かりにくいのだけれど、かつてニホンコンが
香港に滞在中、インド一人旅に出たことがあって。

そのときにドイツ在住だった日本人のNちゃんも
同じくインド旅に来ていて、そこで仲良くなりました。

で、彼女はイタリア人と結婚して現在香港在住。
もうすぐスペインはバルセロナへ引っ越す
ことが決まり、一時帰国の合間に会いに来て
くれました。

果て?ブラジルは?というと、そのNちゃんの
親友たち、という意味。なので来たのは日本人の
Nちゃん、イタリア人とのハーフな子ども2人、
あとブラジル人友人2人、ともう訳分からない
くらい多国籍。

変わらないのはニホンコン家が日本、神奈川で
暮らしているという点だけだ。

飛び交う言語は意外にも英語オンリーだった。
子どもたちも英語の学校だったからか、
日本語よか英語のほうがスムーズだったりした。

で、来訪が迫ってきたある日。
「ブラジル組って食べられないものってある?」
ときいたところ。

「彼女たち、ヴィーガンなの!!」と。

説明しよう。ヴィーガンとは、日本であまり
馴染みのない言葉だけれど、まあベジタリアン
といえばよいか。

ベジタリアンは肉魚を食べないけれど、ヴィーガンは卵や乳製品も食べないという。

おいおいおい、おいおいおい!
早くいえよ!っての。
バーベキューとかしてお肉ジュウジュウ
焼いちゃうところだったわ。

「大丈夫大丈夫、ある中で食べられるものを
食べるから」と。

とはいうものの、はてさて、何作ろうか。
一応横でお肉や魚を食べてても全然気に
しないので食べたい人はお肉食べてくれ、
みたいな感じなのでそこは一旦安心。

とりあえず、一日目は手巻きずし。
いろいろ検索して、パプリカでまぐろ風、とか
緑黄色野菜の素揚げとか、いろいろ考えた。

そして、そういえば1号がキュウリ巻きに味噌
乗っけた自作寿司を握ったことがあったな!と
それもメニューに追加することに。

d0104254_17161324.jpg


d0104254_17161347.jpg


(きゅうり巻き、オイシイ)

そして海苔を好まない場合の、サンチュ巻き
ができるようにもしたり。あとはなすの煮びたし
やら何やらつくりおもてなし。

d0104254_17161471.jpg



来訪したブラジル組は大喜び!
美しいし、そして何よりもおいしいと。
もともと日本が大好きで、日本語学校に通ったり
するくらいの日本贔屓なので、基本的な食材は
なんなくクリア。茗荷とか、梅干しなど、
そこらの子供よりもよほど食べていた。

手巻き寿司は大成功!に思えたが落とし穴が。

香港から来訪した、そのNちゃんの子どもたち。
お刺身をほとんど食べられないという現状。

(香港ではおいしいお刺身が手に入らないので
ほとんど食べさせていなかったのだとか)

酢飯にも慣れておらず、食べるものがほとんど
なかったため、きゅうりと白ごはんでオナカが
満たされなかったとか。かわいそーなことした!!

遠くから来るヴィーガンの友人たちのことを
思うがあまり、子供たちのことを考えるところまで至らなかった。反省!

翌日に続く

7月11日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2016-07-11 17:08 | Trackback | Comments(0)


昭和から21世紀へ

ニーハオ、ニホンコンです。

d0104254_11591568.jpg



昭和から平成へ。
なんなら戦後から21世紀へ、といいたい。

「ルンバを買いました」

これが我が家の上半期の激震ニュース。
家電ごときでこんだけのお値段もさること
ながら、その飛び方たるや。

実は我が家、掃除機が壊れて以来、
「ホウキ」で掃除をしておりました。
それが一気にロボットの掃除機て。

昭和枯れすすき我が家が、人工知能が
掃除代行してくれる家に様変わり。

それもこれも、発端はわが身の入院。
病床で「私意外と忙しくね?」と。
そして「どれか家事を楽してみよう」と。

手抜きしたいのは、以下の3つ。
「食器洗い・掃除・洗濯物干す&取り込む」だ。
そのうち、兼ねてから「億劫」だった、
「食器洗い&掃除」に的を絞る。

もちろん。
兼ねてから気になってたルンバを見ますよ。
そして

「高っ!」
「パタン」(パソコンを閉じる音)

そりゃそうだ。ホウキで電気代も0円
な生活を送ってた人なんだから。

食器洗い、いってみよう。
そして見栄えもスッキリ、ビルトインタイプは・・

「ウンジュウウンマン」
(心の声)
「それ全然即決できる金額じゃないし!」

それは、結婚式とか家建てるとか、大きなお金を
見すぎて、金銭感覚がおかしくなってる時じゃ
ないとイエス!って言える値段じゃあなかった。

またお掃除ロボに戻ってみる。

「安っ!」

目の錯覚とはこういうことか。
ウンジュウウンマンのあとのウンマンは、
衝動買いの域でした。

結果。我が家に丸いカブトガニみたいなのが
やってきて、ウイーンと言いながらグルグル
部屋を回る日々。そして、感想はというと

「ここ数年の買い物で、一番素晴らしいモノ!」
と胸を張って言えるほど、ニホンコンの大きな
助けとなっている。

自動でやってくれるのはもちろんのこと。
ホウキ時代では考えられないくらいのゴミが
とれる。それまで優秀にゴミを取ってくれて
いたチリトリが一気にスタメン落ちしたのは
言うまでもない。

しかしながら、腑に落ちない点が。
あのカブトガニは、裏側の吸い取り部分を時折
掃除してくださいと書いてある。ご丁寧に分解の
仕方までかいてある。アルジに託すと、説明書を
見ながらブツブツと、

「えーと、必要なもの・・・掃除機!」

え?!お掃除ロボットの掃除に掃除機て!
というか、持ってないから買ったのに!
変な話。できる範囲でおそうじしてみる。

また、我が家はモノが少ないから楽勝と
思っていたが、それでも椅子を上げたり
コードを上にあげたり、植木を外に出したり
とやや面倒くさい。慣れない上げ下げで、
早速椅子を落としてフローリングが凹む、
割れるが続出。

それでも、ニホンコンがここまで元気に
なれたのを支える1つ、いや1台?いや
1人みたいな気持ちで、これからも
楽させてもらうとします。

7月1日 日本/香港

追記
今日は自分だけ懐かしくてムフッとなる、
香港返還記念日です。


[PR]
by nihongkong | 2016-07-01 11:46 | Trackback | Comments(0)

    

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月