-nihongkong-


<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧



鎌倉日和

d0104254_1632020.jpg


(晴れ女2人で、快晴の八幡様へ)

イイクニつくろう鎌倉幕府。
ニーハオ、ニホンコンです。

行って参りました。秋の鎌倉。

鎌倉なんざ、電車で20分、車でぴゅーっと行っても30分なのだけれど、
意外にゆっくり回っていないことに気づいた。人は「いつでも行ける」
ところは「いつまでも行かない」ものなのですね。反省。

d0104254_1631062.jpg


さんぽをしながら、兼ねてから行きたかった和食やさんへ。
いろいろ美味しいものを食べたのだけれど、記念に生ガキ載せときます。
東海林さだお風に言えば「つるり、ごくり、うひゃー、ぷはー」状態。

帰りがけには三つ指ついてお見送りしてくれる女将さんたちに、
「いやいやこちらがありがとうございますってば!料理教室して下さい!」
と懇願。

鎌倉は、品がある。
それは昨日の今日で身につけたものではなく、小さい頃からの育ちとか
いろんなものが関係してくるのだけれど、行ったお店ひとつとっても、
そこで働く女性が皆、素敵で、たおやかで、指の先まで品性が備わっていた。

d0104254_163339.jpg


ニホンコン、日本の古都、鎌倉にひとつ好きな場所があります。
報国寺という、竹のお寺。ここは竹に囲まれてしっとりするのもよいのですが、
茶室でお抹茶を頂きながらぼんやりするのも大好きなのです。この日は
できなかったけれど、また次回にでも。

同じような意味で、京都は南禅寺が大好きです。
どちらもお抹茶とぼんやり目当て。

d0104254_1625657.jpg


よく調べると、座禅なんかもしているようで、熱しやすいニホンコンは
キャピっとなるのだけれど、そもそも無の境地にたどり着けるのかが疑問。

さて、この日は朝から出かけさせてもらい、夕方までフリーにさせてもらい。
さぞ、3匹のじゃじゃ馬を連れて一日過ごすのはヘトヘトであろう、母の大変さを
思い知るだろうと予測して帰宅。

d0104254_16174824.jpg


階段途中にこんな石アート?が。

海で拾って来てペイントして、という作品がそこらかしこにあり、
それはそれで素敵に過ごせていた模様。

じゃじゃ馬ならしかと思いきや、「聞き分けのよいポニーと楽しく遊んだよ」
的なコメントに、ニホンコン、おもいっきり拍子抜け。

10月27日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2014-10-27 16:27 | Trackback | Comments(0)


元気です、元気です

d0104254_10172082.jpg


朝からこんな似顔絵工作が。似てる&脱力です。

ニーハオ、ニホンコンです。
残暑も台風もすっとばして、すっかり秋。
慌てて衣替えをしましたが、ニホンコンの分はまだゴソゴソ出して
着ていたり。


d0104254_1017863.jpg


(1号作の腕時計)

「元気です」
と、きちんと言えるのはどのくらい振りだろう。
勿論元気か?と聞かれて病気ですとは答えないのだけれど、
なんだか頭も体もスッキリしないことが多かったこの1〜2年。

それは妊娠出産のせい?それとも最近子供たちの中ではやり(らしい)の
「妖怪のせい」と言われればそれまでかもしれないけれど、ようやく
これで日々を過ごしていればいいんだなと思えるくらいにはなってきた。

上手く言えないのだけれど、3号の出産前後は大きな大きな変化がありました。

それは小舟が凪のなか、ポンポンポンと小さな音をたててまっすぐ進んでる
ところにぐぐぐぐっと舵を180度変えてワサワサの波の中を走っているような
感覚に近く。

もう、自分がドコにいるんだか、ドコへ向かってるんだかもよく分からず、
分かっているのはこれまでとは違うという唯一の事実のみ。

それでもじっと目を凝らしながらドンブラコと揺られていると、何となくの
視界は開けてくるもので。ニホンコンの場合、じっとはしておらず、
もがいてもがいて漕いでみたり泳いでみたり色んなことをした結果の現在
かもしれない。

現在は、なるほど、こういう状況なのかと落ち着いて眺められるように
なりました。遅いと言われれば遅すぎるし、アホだと言われればハイそうです、
なのだけれど、ホント、こんな状況です。

それに気づいたのは、何となく食べたいものが変わったということもあり。

d0104254_1017255.jpg


(このお揚げさんをショウガで煮たやつが美味しいのだ)

アルジに言わせると「これだけ?」「江戸時代の質素な食卓みたい」と
かなり粗食なのだけれど、体の声を聞くと、こんなものを欲する休日の昼。
玄米に心引かれ、根菜を食べたくなり、揚げるより焼く、焼くより煮たくなる。
そんなニッポン人のそもそもご飯に戻りたくなりました。

体の声が聞ける、この感覚。
これは本当に久々で、この気づきがやってきたこと自体が嬉しかったり。

元気ですと聞かれれば、はい、元気です、と答えられる現在。
うれしい、うれしい、うれしいの一言につきます。

d0104254_10172861.jpg


(夜の勉強タイム、と言いながらも邪魔されまくりで進まない2人)

子供たちもダンゴ状態になりながらも、楽しく賑やかに過ごしております。

あとは我が身の体をメンテナンスして、頑丈で健康な母でおりたいものです。

更新が滞りましたが、元気報告でした。

10月16日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2014-10-16 10:34 | Trackback | Comments(0)


ワガママであれ、母さん!

ニーハオ、ニホンコンです。
忙しくも充実な一週間。

ここのところ、仕事で都会と海辺を行ったり来たりしている日々。

先月、しばらく渋谷に入り浸っていました。
高層ビルと首都高速に阻まれながら「ここで地震にあったらひとたまりも
ないなあ」と思ってエレベータに乗ると「ただいま地震がありました」の
アナウンス。

揺れてないし、9月だし、避難訓練なんだろうなあとノンキに高層階まで
たどり着くと、見知らぬ人から「大丈夫でしたか?!」と。聞くと震度4の
地震で、相当揺れたんだとか。今さら怖くなって来た。

と、そんなこんなでキリキリしながら迎えた週末は一変し、
江ノ島までサイクリング。実は秋が一番気持ちのよい時期だということに
気づき、快晴の中、海沿いの道が大渋滞の中スイスイと行ってきました。
お目当ての金目鯛の煮付けに大喜びしながら、子供たちとリフレッシュ。

翌日は一路、青山まで。
お迎えの時間を逆算し、少しの時間を見つけて美術展に駆け込む。

d0104254_1539581.jpg


いい年して尚持ち合わせる「見聞を拡げたい」欲を存分に満たしてくれ、
美術にほとんど造詣がないニホンコンにとっては、非常に勉強になりました。

自宅仕事の日もちょいとちょいとあるため、拘束されないのをいいことに、
気分転換がてら外でお弁当。もちろん目指すは近所の公園にある唯一の高台。
ここは江ノ島一望で海を眺めながらのお昼。心地よし。

そして翌日はまた朝から電車に揺られて一路新宿へ。
「大変ねー、満員列車」と思うかもしれませんが、小田急線の始発から
終点まで行くのと、少し前から並ぶので確実に座って行けるのです。
グルグル考え事もできるし、雑誌も読めるし、居眠りしても夢2本くらい見れる。

昨日はまた自宅。気合いをいれてさっさと終わらせ、家事にいそしむ。
買い物で魚が美味しいスーパーに寄ったら朝どれの「生しらす軍艦」が!
取れた日だけ並ぶ貴重な生しらす。残念ながら夕飯前&お腹空いてなかった。。

と、こんな行ったり来たりの日々なのだけれど、ニホンコンにとっては、
このあっちこっち感は一番心地よい。

人によっては慌ただしくて落ち着かないと思うかもしれないけれど、
二者択一ができず、どっちも欲しい自分にとっては十分すぎるくらいの日々。

ひとところで暮らしていたら、きっとどっちの良さもそうでないところも
分からずにいたかもしれないけれど、今はどちらもひっくるめて好きだなあと。

きっと、どちらも慣れたふうで歩いてはいるけれど、どちらにとっても
ストレンジャー(不慣れなよそ者)なのかもしれないなあと。

欲張りと言われればそれまでかもしれませんが、我慢してモヤモヤするくらい
だったら、全部取ればいい、と思う。

d0104254_155520100.jpg


(母のマスカラでイタズラした3号。正月の羽子板?状態)

昼間は子供たちと離れるニホンコン。
家では口が達者だったり大食いだったりいたずらだったりの娘たちに囲まれ
家もニホンコンもめちゃめちゃな状態になっております。

きっと今まで以上に、この振れ幅が大きく、ひとりの時間は存分に満喫し、
3人+母の時間は存分にもみくちゃになる、という大きな振り子時計のよう。

人生とは、食べたいもん食べて、欲しいもん持って、したい仕事して、
行きたいとこ行くためにあるのだ!とワガママな毎日を肯定中。

10月3日日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2014-10-03 16:05 | Trackback | Comments(0)

    

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月