-nihongkong-


<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧



2号たんじょうび

d0104254_22222011.jpg


(相変わらず走くりまわるので、写真がきちんと撮れず)

ニーハオ、ニホンコンです。
あれよあれよと言う間に時だけが過ぎる。
もう1週間すぎた!と思えるほど日々楽しくも忙しく
過ごせていることに感謝。

さて、書こうと思っていたのは2号の誕生日。
今年は1号の誕生日でやや反省するところあり、やっぱり手作りに
しようと言うことになった。

というのも、1号8歳誕生日。
何でも好きなオモチャを、という企画にしたのだが、選んだ
オモチャを3週間空けずに放置するという顛末になり。

これは「心底欲しい訳ではないオモチャを選んだ彼女」が悪いのではなく、
親側が急かすように問いただしたのかもしれず。大人の導き方と、時間が
ないという理由で流れるように決定してしまった一連の流れに反省。

改めて、コミュニケーションて大事だなと。

さて、2号はバタバタしながらも、おいどーするよ?!何作るよ?
時間ないですぜ、大作は無理だけど、ひと手間くらい掛けて作るものに
しようじゃないか、誰が作る?え?おめーさん時間ない?じゃあオイラかいな?
くらいのやりとりはでき、一応ああだこうだといいながら材料は整った。

d0104254_2222810.jpg


ええ、母さんやりましたよ。
さして得意ではないチクチクを。

髪の毛を結ぶのが絶賛ブーム中の2号に、ゴムをつくってあげることに。
ええ、簡単ですとも、でもここは金額じゃなく、気持ちで勝負。
パッと買うオモチャよりよっぽど喜ばれる自信はあった。

d0104254_22215597.jpg


そういや以前、古着屋で衝動買いした「アンティークボタン詰めあわせ300円」
があったな!衝動買いした割に何も使わず眺めて見とれて終わっていたので、
こんな時こそ使おうと。

d0104254_22214949.jpg


(ボタンのやつは、私もー!と言うであろう1号用)

ええ、母さんなりに頑張りました。

思うに、誕生日プレゼントていうのは、我が家にとってはメインではなく、
オマケみたいなもの。大事なのはその日に皆で囲む食卓や、元気に1つ
年を重ねた2号を皆で喜ぶことで、二の次にあるのが「モノ」。

また、彼女の場合、末っ子で甘えん坊から更に小さいのがやってきた一年。
真ん中っ子にならざるを得なかった彼女のガマンや頑張り、沢山の「への字口」
(ほとばしる思いをぐっと押さえようとする時に見られる)見て来ただけに、
それはそれは感慨深い記念日なのだ。

d0104254_22221459.jpg


んでラッピング。
もう時間もなかったので、そこいらにある紙袋を切って作ったという、
もう貧しさ満載(笑)なラッピングであるが、「いや心がこもっている
ので、どんな金ぱくの玉手箱よりも・・」ときれいごとで流してみる。

なぜか紙で織ったワイシャツなのだが「こんな技あったんだ」とアルジ吃驚。
私もこれ、幼少期に見たラッピングを再現。覚えてて出来た私もすごいが、
これが4歳の娘に何の関係があるのかと聞かれたら、それこそ母が
「への字口」でダンマリを決めたいところ。

で、もうアルジとニホンコン、ほくほくが止まらんのですよ。
もう間違いなく喜ばれると確信し、そのあげたときの顔とか想像すると
フライングでにんまりしてしまうほど。

ハッピバースデー ディア 2号〜。
そのゴムはどうなったかというと。


d0104254_22214388.jpg


五木ひろしがウルトラのハハになったみたいなことになりました。
おい、一応ペアで作ったぞ、左右ちぐはぐで使えとは言ってないぞ、
頭のテッペンのダンゴは何だ?
そして何故そんな噴水みたいになるんだ?

本人がそれでいいならそうしよう。

一番大事なのは、彼女が激動の1年をたくましく過ごし、ぐっと成長したこと。
相も変わらず我が家のお笑い担当で楽しませてくれ、私たち家族の大爆笑
の源であり続けてくれることに、感謝感謝なのです。

これで我が家の誕生日ラッシュもおしまい。
多分今回が一番ゆっくり楽しめた気がする誕生日。
来年は、7月に3人も続く誕生日を、いかに平等に、盛大に行うかが
大きな課題です。

9月21日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2014-09-21 23:00 | Trackback | Comments(0)


パンケーキブームの中で

ニーハオ、ニホンコンです。
ないよ、ない、ない、デジカメが!

早起きして書こうと思っているのに、肝心のデジカメが無い。
ということで当初の内容を大幅変更。

ということで、いつかゆっくり話そうと思った、心にズキュンと
きたマイ・フェイバリット(お気に入り)・パンケーキやさんでも
紹介するとします。

今だ冷めやらぬパンケーキブーム。大行列は衰えることなく、夏休みを
過ぎた今でも伸びること伸びること。

こちら江ノ島でもクリームてんこ盛りのパンケーキは朝昼晩関係なく並んでいて
「よよよ夜にパンケーキ?!」と昭和な私めはびっくり仰天。

ニホンコンもパンケーキはちょいちょい訪れたことはあるのだけれど、
「バター」が胃袋に押し寄せてくるあの感じに慣れていなく、最後の1枚が
どうにも入らない。

結果「ランチは隣のトンカツいっときゃよかった」と思ったりし、昨今の流行と
自分の胃袋の現状が合わないことを思い知らされたりしていた。

なのだけど、同じくらいの昭和胃袋仲間がこぞって賞賛していたお店が
あったので、偵察がてら訪問。結論から言うと、店、味、雰囲気どれも
ズキュン!とハートを射抜かれました。

場所は葉山。
葉山といっても「どこまで行くんだ葉山」くらい、海沿いの道を
進むこと進むこと。

いや、行列に並ぶくらいだったら、車でどこまでも行ったほうがヨイ。

d0104254_624548.jpg


あ、久々のニホンコン登場です。
すっかりへっぴり腰、運動不足の四十路手前です。

行列こそはないけれど、道路脇にある「ちいこい店」という感じ。

d0104254_623962.jpg


店の中は店主の好きなものがギュギュギュと詰まったアメリカ〜!
一緒に行ったアルジも「わー、匂いからしてアメリカだよー」と。

ここは名の通り、ご近所さんがブランチを食べにくることが多く、
外国の人も訪れているところを見ると、向こうの人も好きな味なんだろうと。

d0104254_623098.jpg


来ました、プライムブランチ。
手作りのハッシュドポテトがいい感じ。
「これ食べると、マックのハッシュドポテトって何だろうと思うよ・・」
というコメントはこの際脇に置いといて、うまいうまいと頬張るアルジ。

d0104254_611766.jpg


んでニホンコンは友人情報の「ブルーベリー・・」だけ記憶しており、
ブルーベリーのパンケーキを。

d0104254_61710.jpg


ペロリ。おいしゅうございました。

ここは量も丁度よく、最後の一枚に「ウッ」となることなく丁度食べ切れた。
そして、食器とか、調度品の数々も、どこかよその国に来たような気分だった。

d0104254_6057100.jpg


その日はしとしとと雨が降っており、古い記憶をたどると繋がる場所が。
そうそう、ハワイ島。

ずっと続く一本道に、小さな看板の先にポツンとあったB&Bに宿泊し、
毎日その一本道をあっち行ったりこっち行ったりしながら過ごした数日。

火山のせいか、雨が多く、日本の梅雨みたいな気候のハワイ島。
雨の日曜日の葉山と同じにおいがしました。

でも、ひとつ気になるんだけど。
パンケーキって「ホットケーキ」と何が違うんだろうか。成分?
そこに疑問を抱くこと自体、やっぱり昭和なんだろうな、ワタシ。

9月12日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2014-09-12 08:16 | Trackback | Comments(0)


1号と思い出作り

ニーハオ、ニホンコンです。

1号、この夏で8さい。
今どきの8歳がこうなのか、もともと「ちゃんとした星」からやってきたのか、
どうなのか分からないけれど、結構ドキッとさせられる発言の1号。

先日のやりとり:

1号:「なんでいもうとたちには怒らず、さな(名前)には怒るんだ!」

ここは逃げも隠れもせず、正直に親の思いを伝えようと

母:「いやさ、一番最初のこどもって親も力が入るじゃん、期待するんだよきたい」
1号:「きたいってものは、だまってするもんだよ。ぎゃあぎゃあ怒ることが
きたいじゃない!!」
母:「おおっ!名言!そうだよそうだよ、期待はだまってするのか、
あんさん、すごいな!」

と、逆に母びっくり。

そんな1号。沢山ガマンもしている日々のフラストレーションが脇汗の
ようににじみ出てくる瞬間がちょいちょい出て来たので、ここは母、
夏の最後に丸一日一緒に居てあげることにした。

とはいっても、ニホンコン、得意分野というか興味の対象が限られるので
母と子供の双方が楽しめるところを探す。

ということで、ニ択。鎌倉文学館か平塚美術館。
どちらも絵本の展示をしているということで、親子が歩み寄れる落としどころ。

d0104254_1401263.jpg


ということで、行ってきました絵本の原画展。

d0104254_140221.jpg


(これは少し前に行ったワークショップで作られたもの、写真に撮られる
のが恥ずかしいからと早足の1号)

いろんな国の絵本とその原画が展示されていて、いやあ興味深かった。
素敵な原画を眺め、そのストーリーを追うべく、置かれている絵本を手にとって
長いことそこにおりました。

良かったのはトルコの作家、フェリドゥン・オラルの
「赤い羽のフクロウ」「おばあちゃんは誰に似ているの?」。
絵のタッチもユーモアも秀逸で、絵を見るだけでもワクワクした。
寝る前に読み聞かせたい一冊。

d0104254_13595435.jpg


別で開催されていた書道展に。
最近はじめたお習字の腕をふるうべく、初の芳名帳チャレンジ。
住所を書き始めたのだが、半紙サイズとは違うのでデカすぎて途中で断念。
いつか達筆になって母の変わりに芳名帳とご祝儀袋は書いとくれ。

d0104254_13594324.jpg


食の好みも渋く、母と同じ和食好きなのでオーガニックの和食やさんへ。
待ち時間にこうして絵が書けるということで、原画展の余韻に浸りながら
気分は絵描きさん。

d0104254_1358328.jpg


絵描きさん流れで?残っていたトマトの観察日記を描く。
(母は横に座ってトマトばかりつまんでいた)

彼女の中でこの一日がどう映ったのかは分からないし、これで気が済んだとも
思っていないけれど、1号と他愛もないことを話して過ごした時間は、貴重だった。

ニホンコンは第一子でもなければ姉でもなければ三姉妹でもないため、
彼女がどのくらいどんな思いをしているのかに、疎すぎるくらい鈍感。

そんな鈍臭い母でも、健気に頑張っていて沢山のガマンと甘えたい気持ちを
飲み込んでいることくらいは容易に察することができる。

この日はいつも2号3号に占領されがちな母に、小さい子みたいに甘えても
いいんだよという日でした。

母の次に大変であろう1号の日々が、いつか彼女の優しさとか、頼もしさに
形を変えられますように、と願うばかり。

9月2日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2014-09-02 14:45 | Trackback | Comments(0)

    

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月