-nihongkong-


<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧



中秋節快楽

d0104254_10425065.jpg


(正直申しますと、「もっとキレイだったー!!」)

ニーハオ、ニホンコンです。
今年の中秋節は、満月で日本中の皆が見ていた気がする。

日本ではススキ〜お団子〜な一日、みたいな印象なのだけど、
中華世界でのこの日を経験すると、相当特別な日だとインプットされる。

中国人にとってこの日は「絶対家族団欒」デー。
もう、それは絶対的なものであって、オフィスなんてどんだけ忙しかろうと
5時にはわさわさし始めて5時半にはとっとと皆帰る。

何も知らなかったシングル時代のニホンコンは、6時にぽつねんと残されて
初めて事の重大さに気づいたものだった。

心やさしい香港人の友人が、一度家族団欒に混ぜてくれたのだけれど、
お父さんが普通に台所に立つ姿に当時はたいそう驚き、
東京よりも住宅状況が厳しい(高くて狭い)香港で、
3人兄弟の寝室にあった「3段ベッド」に驚き(電車みたい!)、
日本びいきな弟が夢中だったプレステのゲームの日本語を解説してあげて
たいそう喜ばれたことなど、昨日のことのように思い出せる。

でも、友人からは「オマエは弟のスネ毛を手の平でグルグルさせて
その絡まった毛を指して『ありんこ』と笑ってたじゃないか!」と
日港友好という名の恥さらしをしたことを指摘された。

また、この時期は日本における「お中元/お歳暮」と同じような感覚で、
「月餅」が会社間でぐるぐる回る。日本と違うのは「中にタマゴの黄味」
が入っていることなのだけど、妙にしょっぱいタマゴと油っこい餡を
食すことに慣れていない日本人は、一様にこの味を嫌っていた。

たとえそれが「月」を意味するものであっても、タマゴが多ければ多い
ほど高額であると言われても、一向に盛り上がらない日本人。

しかも大きいものだと赤子の顔くらいある月餅は1個で
「800キロカロリー」ほどになるんだとか。恐ろしいこと。

最近では、この月餅に何故か「月餅税」なるものが課せられることになったと。
家族団欒やら会社同士の義理の押し付け合いやら、中秋節にはいろんなドラマが
渦巻く中華世界なワケです。

今年は満月だったことで湧きに沸く日本人の謙虚さやつつましさなんて
中国人のその凄い意気込みの鼻息で、飛んで吹いてしまうのではないかと
思ったくらいだ。

ニホンコンも家にあるちいさな屋上にのぼり、月夜を眺めながら月餅、、
は無かったので台所にあったスルメを食べつつ、その美しい満月に
「ほへぇ〜」と阿呆のようなため息をもらしていた。

珍しく月光浴をして浮かれ、こりゃ中華友人各位に連絡だ!と携帯を取り出す。

今じゃ便利になったもので、オンラインで皆と繋がれる時代。
中国版ラインである「微信」で北京の友人に、
フェイスブックで香港の友人に、
ラインで当時のルームメイトである、「中国語を話すトルコ在住韓国人」という
ややこしい説明の友人にメッセージを送る。

「今宵の月は殊に美しや。遥か彼方にいながらにして、お互い同じ月を愛で、
それに酔う。あなロマンチックな夜だこと」

これを衰退の一途をたどるへったくそな中国語で書いて送りつけてやった。

外国人が使う外国語ってばこういう時に便利なもので、文法がヘタクソな分、
オーバーな表現をすることでその頑張りを認めてもらえるような気がしている。

同じ月夜を愛でていた友人たちからは速攻「そちら側」から見える月と共に
「おー!何だよたまにはイイこと言うじゃんか、感動!」と返事が来る。

そこからはお決まりの「会いたいね会いたいね」や家族の近況、
写真を送り合ったりなど、月明かりのもと、楽しいやりとりが続いた。

ニホンコンの中秋節は、満月の美しさに便乗するかのように、
旧交を温めまくった夜だった。

ただ、日本語の「満月」はそのまま伝わるのかと、確認がてら辞書をひいて
みると、嫌ーな例文があった。

在有满月出现的时候,这种夜间出没的啮齿类动物小心地呆在它的洞里。
「満月の時にはこの夜行性のげっ歯動物は穴から出ないようにしている」

それってビーバーとかカピパラとか、一瞬可愛いと言われがちだけど、
結局私の大ッ嫌いな「夜の市場でたむろするドブネズミ」たちのことでしょ!と。

香港で大量に遭遇して以来、ハムスターですら苦手になったニホンコン。

一気に寒気。満月のみならず、永遠に出てこんでよろし!

9月25日 日本/香港

ブログ後記:十五夜話がネズミで終わるって、どんな日記だ。トホホ。
[PR]
by nihongkong | 2013-09-25 11:34 | Trackback | Comments(0)


FUN TO DRIVE

d0104254_13422038.jpg


(七里ケ浜:向こうに見えるのは逗子葉山)

秋晴れの気持ちよい午前中

ニーハオ、ニホンコンです。
デジカメ写真の取り込みに失敗し、データ損失(涙)
元より決めていたネタが書けず、慌てる。
(一応、週にいっぺんのネタは考えていたりするのだ)

先週で仕事が落ち着き、今日は割と自由な日。
家だと全くはかどらないので、海辺のカフェで勉強でも、
と思っていざ出発。。

したものの、何だよこのすがすがしい天気。
江ノ島まで来たものの、お目当てのカフェは無意識のうちにスルー。
勉強したくないモードも相まって、走るよ走るルート134(海沿いの道路)。

そう、免許を取ったのは軽く10年以上前のこと。
晴れて免許取得したものの、実家の車は触らせてももらえず、
取らせた親も「銀行で使うだろうから」と、完全に「高額な証明書」
となってしまっていた。

そしてこちらツジドーライフが始まって、少し行動範囲が広がったので
重〜い腰をあげて返上したペーパードライバー。

あれだけ渋ってビビって運転を避けていたのが嘘のよう。
「ワタシ、運動神経いいんじゃないかー?!」と触れ回る自分は、
まさに一番事故を起こしやすい「運転に慣れ始めたド素人」なのです。

行くアテもないドライブはどこか心もとないけれど、楽しい。
鎌倉方面に向かうニホンコンカーは、右手に海を眺めながら左手に江の電、
ラジオをつけたらまさかのサザンが流れ、テンションあがりまくり。

絵にかいたような田舎者の性は、一生消えないと悟る。

d0104254_1342138.jpg


(道が細い極楽寺:江の電でござい!の脇で申し訳程度の道路があるだけ)

ただ、車っちゅーのは徒歩や自転車と違い不便なもので、「あっ」と
思ってすぐに寄れないのが難。かねてから噂のたいやき屋さんや、
ずっと行ってみたかったお豆屋さんも、すぐに車を止められる訳でも
ないので見つけた瞬間にスルー。くそー、次回こそは!っていう次回は
いつなんだろう、と地団駄を踏む。

仕方が無いので行き慣れているけれどご無沙汰だった長谷の楽しくて
美味しいもの揃いな「三留商店」にてお味噌を買い、向かいにある
力餅屋でひとつだけお餅を購入。

d0104254_1342870.jpg


(江ノ島:遠くにうっすら富士山が)

帰りは江ノ島、富士山方面に車を走らせる。

このルートは気持ちよく、テンションも何故か上がる。
真っ赤なオープンカーのお兄さんが居たけれど、ワカルワカル!
それ、絶対気分いいって!だって軽自動車のニホンコンでも
こんだけ楽しいんだから!と同調してみる。

今日の報告は、「ドライブしました」なのだけど、「車を運転する」
というこれまでにない行動パターンを取り入れたことで、ちょっとした
達成感と、生活に面白味が出たような気がしております。

FUN TO DRIVE

かつて弱腰だった自分に友人がくれた一言。
ハイ、相当楽しくなって参りました。

9月18日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2013-09-18 14:18 | Trackback | Comments(0)


ちいさいの、3歳になりました

d0104254_167537.jpg


(いっつも何か食べてます)

ニーハオ、ニホンコンです。

小さいの、といっても真ん中のちいさいのが3歳になりました。
去年の今頃は、予想だにしていなかった3姉妹の中間子、という展開。

母ニホンコンがお腹に宿していた時にルンルンしていたからなのか、
日々楽しそうで、どこに行っても物おじせず、自分らしく居てくれる
2号「マイマイ」に、どんだけ助けられたか分かりません。

生真面目な1号ときちんと丁寧に向き合っていた時代から、
「全く言うことを聞かないのがやってきた」という衝撃もあるのか、
子育ては上手くゆかないということが身にしみて分かるようになりました。

そして、そのいたずらっぷりに目を細めながらも、楽しく育児ができるように
なったのも事実。

見えないところに移動して、一瞬だけちらっとこちらを伺うのは
何かイケナイいたずらをしている証拠だということも、この3年で
よーく分かりました。

こないだは1日1粒と決めているプルーンをこっそり、それでいて
タッパーの半分を食べ尽くしましたね。鼻血が出るよ!と心配
したものの、強靭な胃袋でものの見事に消化してしまったようです。

その好奇心と、探究心、気になったらまずはやってみるところは、
叱りながらも「そのまま行け行け!」と思うことも多く。だからこそ
甘い叱り方に、しっかり者の1号が登場し、きっちり怒るというパターンに
なっているのです。

夏に妹が産まれてからは、嬉しさダダ漏れの余り突進し、首グラグラの
赤ちゃんを、まるでお人形の「ポポちゃん」のように抱きながらウロウロし、
皆に怒られている日々ですが、そのめげなさにも母、脱帽です。

食べることが大好きで、楽しいことが大好きで、頭で考えるよりも
先ず行動に出るところは、時折クヨクヨしがちな母の思考を、塵のように
吹き飛ばしてくれるような清々しさがあります。

これからまた成長するにつれ、その元気さと天真爛漫さで友達とぶつかる
ことも出てくるかと。どうか力ずくでねじ伏せることなく、勢いで丸く
収めることなく、マイマイなりの折り合いのつけ方を見つけて欲しいなと。

マイマイよ、あなたがやってきて、本当に毎日笑わせてもらっています。
そのムチムチの腕や、太ももやおしりにかぶりつきたくなる衝動を押さえたり
押さえなかったりしながら、母はこれまでも、そしてこれからも、あなたの
ファンクラブ会員第一号でありつづけます。

母からのお願いです。

ずっとそのまま、まっすぐ、大きくなって下さい。



9月10日 日本/香港


d0104254_1674672.jpg


(布団の上でピアノを弾くなー!って、なぜ上履きが布団の上にあるんだよ〜!)
[PR]
by nihongkong | 2013-09-10 16:16 | Trackback | Comments(0)

    

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月