-nihongkong-


<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧



今日は報告が

ニーハオ、ニホンコンです。
明日から6月。

さて、そろそろ公にせねばならないと、すうっとひとつ深呼吸。

私事ですが、「7月に3人目を出産します」。

我が家にもうひとり、新しい家族が加わることになりました。
性別は、産まれてからのお楽しみ。

d0104254_22281077.jpg


(1号赤ちゃんの頃、ちっさー)

去年の引っ越し直前に妊娠が分かってから半年。
いたら楽しいかな、くらいで考えていたところに
やってきた妊娠ライフは、引っ越しのバタバタで、心身ともに
グワングワンでした。

慣れない新生活、ゼロから始まるここでの人間関係、全てが手探りで
ひとつひとつ埋めなければならない日常生活の些細なことにつまづく毎日。

こんなんで3人の母がつとまるんだろうか、と不安の境地に陥り、
全細胞が不安ホルモンに犯されているじゃないかと思ったこともしばし。

とはいっても、不安になろうが陽気になろうが、お腹の中の命は
ぐんぐん育っています。モリモリとせり上がってくるお腹が、その
生命力のつよさを物語っておりました。

いつか自分の不安を話した時に、友人がくれた言葉がこれだった。
「人気のお母さんには赤ちゃんが行列をなしている」と。

きっと、我が家が楽しそうで、いや実際楽しいのだけれど、お腹の
子はその中に加わりたくて飛び込んできたに違いない。
そんなふうに思うようにもなりました。

彗星の如くやってきた小さな命は、一体私に、私たち夫婦に、
いや私たちファミリーに何を伝えようとして宿ったんだろうと
今でもよく思う。

新たな宝物がもうすぐやってきます。
ニホンコン家の新しいステージが、また始まろうとしています。

どうぞ皆さん、ニホンコン家を引き続き応援してください。
そして、友人知人各位、末永く我が家と繋がっていてください。


5月31日 日本/香港


d0104254_222821100.jpg


(2号赤ちゃんの頃、ちっさーと思うと同時に、細っー)
[PR]
by nihongkong | 2013-05-31 22:30 | Trackback | Comments(0)


美味しい和菓子話

d0104254_2245212.jpg


(美味しいあんこにありつけるとシアワセ。竹むらの揚げ饅頭)

冬に京都に行って以来、断然甘いものイコール「あんこ」に軍配が上がる
ようになったニホンコン。

京都のあんこレベルの高さに驚いたけれど、それよりもそんなレベルが
ごくごく近所の「そこらへんにある」という日常感にも驚いた。

ああ、やっぱり美味しいあんこを食べて暮らしたい。
これが目下ニホンコンの心の叫び。

ケーキを食べたい!という欲求はあまり湧いてこないのだけれど、
あんこを食したいという気持ちは、よくよくある。

東京はどうしても馴染みの薄い東日本エリア、いわゆる「江戸」とか
「下町」と呼ばれるところに集まっている印象。こちら神奈川でも
鎌倉や葉山、茅ヶ崎など、古い街こそ素敵な和菓子屋が多く存在
することをなんとなく感じている。

やっぱり歴史の長さと美味しいあんこは、比例関係にあるんだろうか、
などと考えたりしている。

ちょうど機会あって訪れた場所で「いつか行きたい甘味処」リストに
あった、この揚げまんじゅうを頂く。

こっそり、ひっそり頂くのが、余計に美味しさをかき立てる。
ニホンコンが甘いものを食べに行くのは基本「おひとり様」。
誰の感想を聞くこともなく、フムフム言いながら食し、他のお客様を観察。

おひとり様のお婆さんなどを見ながら
「あら、あなたもここにひっそりといらしているんですわね」と思ったり、
サラリーマンを見ては「随分シャレたおさぼりですこと、ウフフ」などと
妙に上品ぶったセリフを思い浮かべてはほくそ笑んだりしている。

今回出会ったあんこも上品だったこと。
揚げたてのアツアツを頬張りながら、極上のシアワセに包まれる。
こんなで幸せになれ、たまった疲れが取れるのであれば、ホント
ニホンコンの思い描く幸福だとか充足だなんて、安っいものである。

ごちそうさまでした。

あんこはニホンコンの「小さな巨人」です。ファイト、一発!
(と、気合いが入ったりしてみる)


5月24日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2013-05-24 23:24 | Trackback | Comments(0)


「電気600円生活」トークイベント

d0104254_1253121.jpg


ニーハオ、ニホンコンです。
突然ですが、電気のアンペア契約を40A→30Aに下げました。

と、まあ熱しやすくなんとやら、のイキオイなのですが、これも
先日行われた友人、はらみづほさんの出版記念イベントに行ってきたから。

本のタイトルは、「電6生活」。
電気代が月600円という驚愕の生活をしている彼女のお話。
世界中6大陸60カ国を旅し、その途中で初対面でありながら香港の
ニホンコン家に1ヶ月滞在したのがご縁。パワフルでまっすぐな
彼女は、いつ会っても新鮮で、そして大きな存在。

d0104254_12525020.jpg


(茅ヶ崎のジュースバーで開催。頂いたグリーンスムージーは、かなり
グリーングリーンなお味で目が覚めるほど)

節約、でもなく、エコというには薄っぺらくなる、彼女のお話は、
「それ、本当に必要?」といったところをしっかりと見つめ、丁寧に、
でも思い切って色んなものを排除しながら生活をしていることが、
とても面白かった。

d0104254_12524339.jpg


(お手製の切り干し大根、甘くて美味しかった〜)

彼女がこの電気代600円(今はもっと低いとのこと)で暮らしている理由に、
世界で旅した中で訪れた「パレスチナ」の存在が大きいそうな。
パレスチナと電気代が何故?と思うかもしれないけれど、世界中で起こっている
戦争、紛争をはじめとする「争い」と呼ばれるもの全てが、「エネルギー」
という巨額の富に関わるものだということ。

そして誰かがその利権を守りたい、取りたいがゆえに、一般の市民が
戦いたくもない戦いを、向けたくもない銃を向けているんだとか。

現地でその話をじかに見聞きした彼女としては、何かしなくてはならない、
何か自分ができることはないか、それがこの「電気というエネルギーを買わない」
という選択に繋がった、という流れ。

「それが、パレスチナの人々の叫びを聞いてしまった、私なりの『落とし前』です」
という彼女の言葉が、本当にぐっときた。会場は電気代の話しだったのに、涙、涙。

ニホンコンは、そういう強烈なおもいこそしていないけれど、ただただ
自分なりに「シンプルにくらしたい」と思うがゆえに、今回の電気代を
はじめとする生活のスリム化は本当に参考になった。

これまで暮らしていたアパートでは、冷蔵庫も洗濯機も1人暮らしのままで
おままごとみたいな4人暮らしをしていたっけ(確かアンペアも20A、夏場は
レンジとクーラーをいちどきに使うとたちまちブレーカーが落ちるので、
「クーラーを一旦止めて〜!」と言うのが日常だった)。

それが家も家電も少しだけサイズが大きくなり、それゆえに身重になってきた
ところは否めず。

それでも「便利なことは豊かである」というイコールの方程式には
乗らずに、必要不必要を見極めながら生活をしていきたい、と思っている。

今は過ごしやすい時期なので冷暖房も要らないけれど、これから真夏の
乗り越え方も少し考えてみようと思っております。

5月15日 日本/香港

追記:今日で結婚して丸9年が経ち、10年目に突入。はやいこと、はやいこと。
[PR]
by nihongkong | 2013-05-15 13:29 | Trackback | Comments(0)


シアワセGW


ニーハオ、ニホンコンです。
GW、鼻血級の楽しさ。

d0104254_22164439.jpg


家族で過ごした前半は、朝から公園に直行。
「室内でご飯食べてどーすんの!」と言わんばかりの天気なので
家にあるものをタッパーに詰めて自転車を走らせる。

おそらくお洒落なお宅は「家のウッドデッキで〜」みたいな流れに
なるんだろうけれど、そんな素敵なもん持ち合わせていない我が家は
「いやいや、少し行きゃ開放感たっぷりのテラスがあるじゃないか」と、
自転車を漕いで漕いで海の目の前の公園までやってきた、という訳だ。

d0104254_22163730.jpg


(砂浜で遊んではニホンコンの膝に戻ってくる2号、の足)

ご飯を食べて海で遊んで、それでもまだ午前中だったり。
ここは本当に時間の流れがゆっくりで、遊んでも遊んでもまだ
時間があるような気になってくる。ああ、満足。

後半戦は来客ラッシュ。

d0104254_22165070.jpg


(クリスマスじゃないのに、このチキン!)

3日間で20名ほどの家族が入れ替わり立ち替わり。
何度もピンポンが鳴り、「さんまのまんま」のような時間が流れる。
(ニホンコンがどうやら「まんまちゃん」らしい、イヤだ!)

美味いものに囲まれて、楽しいおしゃべりが盛りだくさん。
外は天気もよく、ピクニックも海遊びも満喫。

保育園仲間も沢山遊びに来てくれ、緊張気味だった4月の1ヶ月が
ウソのように緩みまくり、「コミュニケーション」という名の
栄養素がぐぐぐっと吸収されたような気分。

訪問してくれた皆様、美味しいものや楽しい会話を、
本当にありがとーございました。

現在は軽い疲労を覚えながら、誕生日プレゼントで届いたブツを
ニヤニヤと眺めている現在。

d0104254_2216279.jpg


(小沢健二作品集)

言う人が言うと「それってチャン・グンソクの写真集買う韓流好きと同じでしょ」
なのですが、もう何とでも言ってくれ。ニホンコンの中では究極の
アートであり、青春の玉手箱であり、宝物なんですから。

d0104254_22162080.jpg


高校生の頃に貪り読んでいた雑誌、「オリーブ」のコラムが1冊にまとまっている
冊子あり、2年前に行ったライブCDなどなど、甘酸っぱい10代から2児の母までの
時間を行ったりできるタイムマシンみたいな宝石箱なのである。

ニヤニヤしつつも「マズい、欲しいビーサンや夏グッズもあったんだ!」と
熟考せずに即決してしまった今年の誕生日プレゼントを振り返ったりしている。

5月5日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2013-05-05 22:54 | Trackback | Comments(0)

    

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月