-nihongkong-


<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧



祝、退職

d0104254_10403181.jpg


(上海の旅で食べたショーロンポー、中華なので)

ニーハオ、ニホンコンです。
祝!退職(なのか?)
5年間の勤務が終わりました。

1号を出産して「私、社会復帰せねば!」とアルバイト程度で
入ったとある中華関連お役所の日本支局があったのですが、
気づけば丸5年。

その間にもう1人子を産み、しかも歯の矯正も開始して終了し、
入った頃には一児の八重歯の出来損ないの母だったのが、
出る頃にはまっすぐの白い歯のなんとかこうとかな二児の母に
なった。年月って巡るのね〜。

この5年は本当に楽しくて、そしていい仕事をさせてもらったと
声を大にしていいたいくらい。

そこは英語が公用語。慣れないうちは海外へのメールも、前任者の
似たような案件を見つけてはコピー&ペーストしながらコソコソ、
ほんとコソコソコミュニケーションをとっていたようなヨレヨレ
具合だったのだけれど、チリも積み上げればなんとやら、最後は
海の向こうの担当者とやや厳しめの調整ごとも負けずに貫き通す
ことができた。

何よりも嬉しいのは、惜しんでくれる人が居て辞めることができたこと。
それはお世辞かもしれないけれど、それをさっぴいても自分でも頑張った
と言いきれ、出来損ないだった20代の自分と、ようやく決別できた気分、

20代で2つの会社を経験し、自分でも思うくらいダメでヘボかった仕事
っぷりだったと。現在ようやく遅かりしリカバリーショットを打てた、
というか、「まあダメじゃあない」という、とてつもなく低いレベルでは
あるけれど到達できたことに拍手(自分で)。

本当は辞めるつもりもなく、引越しても続けるつもりだったのだけれど
まさかの子供たちの保育園問題にぶつかったのと(ガーン!空いてない)、
やっぱり通勤に距離が出てくるという2つの事情により、これは次に
行けというお告げ?と信じて離れることに。

とはいえ他の仕事もまだやんわりあるのと、自宅作業の仕事もぽつら
ぽつらと入っている現在。じゃあ、この少しぽっかりしたところに何が
入るんだろう、何入れようかなあとザワザワしております。

引越しをしたら片付けをしながらそんなことを考えてみようと、
いやそんなことを考えている合間に片付けをしよう、なんて
思っております。

d0104254_10431187.jpg


(香港の乾物屋さん、中華なので)
[PR]
by nihongkong | 2012-10-31 10:58 | Trackback | Comments(0)


柴田愛子さん講演会2012

d0104254_2347148.jpg


(銀座)

ニーハオ、ニホンコンです。
気持ちのよい秋晴れ。思わず空ばかり見上げてしまう現在。


d0104254_2347471.jpg


(こちらは辻堂、そこらのコーヒーでも美味しい)


d0104254_23465043.jpg


(茅ヶ崎の実家の縁側で読書〜しながらうたた寝)

いやいや、違うんです今日の話は。

毎年この時期にやってくる、もはや教祖よばわりしている絵本作家、
柴田愛子さんの講演会に行ってまいりました。

もう通算5年。開催場所の支援センターでも数少ない皆勤賞の参加者。
この人のよく言えば「『いい』加減」、悪く言えば「えーかげん」な
子育て話は、毎回ニホンコンの気持ちを軽くさせてくれるので大好き。

でも物覚えが悪いために、毎年すっかり貴重なアドバイスを忘れ去り、
お清めがてらまた似たような話を聞く、という、もはや正月の初詣みたいな
ものとなっている。

それにしてもまあ、どっきりするくらい、「失礼」で「図星」なことを
言いなさる。

「うちの子はもしかしたら?!と思う瞬間があるでしょ〜・・でもさー、
あるわけ無いじゃない『あんたの子なんだから!』」

いや、そうだよ、そうだけれども、のっけからグサッとくること
言わないでよ!

そして、よそん家のお悩みを、あまりにもテキトウに回答する。

例えば:

Q:うちの子が「遊び食べ」をするので食事に2時間かかります

ー 欧米人だと思えばいい

おいおい、どっからどう見ても日本人だってば!とツッコミたく
なる回答。ここまで堂々と答えられるともう笑うしかないのだけれど、
凄いのは、「その子本人?」というくらいに子供目線で理解し、
困っている親を、一言で楽にしてくれるのだ。

この質問も、元々2時間かかる子に30分で食べさせる労力と
「この子はこういう子だ」と思うのと、どちらが楽か、という話。

Q:興奮するとはちゃめちゃすぎて他人に迷惑をかける

ー あなたの人生を豊かにするために産まれて来たんだと思えばいい

Q:息子がクレヨンであちこちに絵を書いてしまいます

ー いーねー!あきらめる!

Q:幼稚園を選ぶ時のポイントは何ですか

ー 勘


もう大爆笑なのだけど、幼稚園の質問なんかでは、「子供見なさいよ
子供!ぐぐっと前のめりになったら合う、後ずさりしたらダメってこと
だからね」と確固たる信念と経験からくる話ばかりで目頭ウルウルな母続出。


d0104254_23463917.jpg


d0104254_23462958.jpg



(今回買った本、しかも1号宛てにサインをくれ、本人はやたら嬉しそう。
いや、こんな毒舌なんですがね)

毎回質問しては「あんた!おこがましいっての!」とまっぷたつに割られて
いたニホンコンですが、さすがに5年も愛子節を聞いてると、彼女が言う
「ひまわりの花から百合の花は咲かない」を理解しているつもりゆえ、
今回は復習がてら・・の筈だったが・・

最後に聞いた

「塾に行きたいという娘に、年間の塾代と年1の海外旅行が同額で
ることを説明し、本人に選ばせた結果、毎年家族で海外旅行に出かけた
そうな。それをキッカケに英語に興味を持った彼女は、自分で英語を
一生懸命勉強して、アメリカに留学し、現在国連で働いている」

というエピソードを聞いて、ひまわりから百合の話しはどこへやら、
すっかり夢膨らんでしまったニホンコンでありました。

おそらくそのエピソードは、ニホンコンのフィルターを通すと
「年1で海外旅行に行くと、こどもは国連で働く」という、
おそろしくざっくりした話にしかならなかったようだ。


10月21日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2012-10-21 00:52 | Trackback | Comments(0)


最近のことばより

d0104254_024976.jpg


(運動会、最後のメダルは似すぎて夜中に大爆笑)

食欲の秋。
ご飯が美味しいこと。ニホンコンです。

引越しますのです、報告から早1週間。
周囲にも夏の終わりくらいから報告をしているのだけれど
「いかないでー!」攻撃にあい、もちろん決めたことなのだけれど
おセンチな気分がぐわっと戻ってくる。

「はい、じゃあやめます」と喉元まで出る言葉をぐっとこらえる日々。

(でもさ、引っ越しますといわれたら、相手がどうであれこういうよな。
口が裂けても「やったぜ!せいせいするぜ!」とは言わないよなー、と)


【最近のことばから】

1号:「はなれても、こころはひとつだよ!」

引越しのことを聞かされて間もない頃、布団の中で1度だけ泣いたときに
でたセリフ。ニホンコンは少ししょんぼりしてしまったのだけれど、
アルジ曰く「そういう気持ちが育ったってことを、まず喜ぼうよ」と。
くそー、どいつもこいつも、泣かすゼ!

そんなアルジ:
「でもさ、四十路越えてから友達ができるとは思わなかったよ俺」

同じくらい飲み会が好きで、同じくらいお祭り野郎な保育園父兄に恵まれ、
このあまりにも楽しい毎日に後ろ髪引かれるニホンコンに、こんな言葉を
くれました。

四十路越えても友達できますかね?by 遠からず四十路。


ちなみに、一番小さい分、一番天然な2号:

「せんせー、『いかないで』やってー」

どうやら先生がことあるごとに、2号をぎゅっとしては
「いかないで〜!さみしい〜」としているらしく、それが嬉しい2号。

そうやってすぐに甘えようとするんです。

先生も「あの、言われてやるものでもないんですがね・・」と苦笑い。


かくいうニホンコンは、気持ちの整理はついている筈なのに、
現状と未知なる日々のこれからを、きちんと繋げられる言葉が
まだ出てこないところ。

もう、あとはゆっくり味わうように毎日を重ねて行くのみ!
そしてラストは、センチメンタルな想いを、気合いで乗り切って
いくんだろうと思われます。

10月11日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2012-10-12 00:44 | Trackback | Comments(0)


引っ越しますのです

d0104254_22484538.jpg


      (お正月ぶり?の家族写真で楽しかったので。
      1号がもうちっと楽しそうにしてくれたらな・・)

ニーハオ、ニホンコンです。
タイトルの通り、報告です。引越しが決まりました。
行き先はお隣。神奈川にある辻堂というところ。

長いこと長いこと話し合いを重ね、ご縁をたぐり寄せては遠のいたり
しながらの日々。ようやくといっていい程の時間をかけて、住み慣れた
東京を離れることにしました。

東京は今でも好きな場所のひとつではあるけれど、単身で乗り込んで来た
あの頃とは違い、今では3人仲間が増え、4人での生活となった現在。
皆にとってのベストを考えに考えて倒れそうになりながら悩んだ結果、
答えはアルジが最初っから提案していたこの場所に落ち着きました。

こう言うとニホンコンの空回りと思われても仕方がないけれど、
そりゃあ仕事どーすんの?保育園どーすんの?こんないいコミュニティ
離れていいの?!と不安はないとは言えない。

でもそんな自分のクヨクヨだけで家族の新しい一歩を踏み出せないなんて
相当ダサいぜ私!と、もう最後は自分を叱りつけるような形で覚悟。

それよりも何よりも、やってみたいなと思うことは、どんどん形に
していかないといかんのかも、と思ったり。

d0104254_22483867.jpg


(子達ら・・)

初めての土地で不安は3割あるけれど、残りの7割は楽しみがいっぱい。
自然は多いし、富士山は見えるし鎌倉や江ノ島も近いし、なにより
親孝行しやすい距離になった。

これまで築いた沢山のいいご縁と同じくらい、いやそれ以上に素晴らしいご縁に
恵まれ、楽しくて面白くて、豊かな毎日が待っていると信じて頑張ります。

移動は11月下旬。それまではこの毎日を思いっきり深呼吸しながら
満喫するとします。

10月1日 日本/香港


追記:横浜から京都に転居した友人に「コーエンジからツジドー?近い近い!
全然普通だよ!」と一蹴された。考え過ぎワタシ?
[PR]
by nihongkong | 2012-10-01 23:31 | Trackback | Comments(0)

    

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月