-nihongkong-


<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧



【ディアドクター/我が家のかかりつけ医】

d0104254_0193523.jpg



(本文とは関係ありませんが、アルジ地元の大自然公園。鯉にパンのカケラを
 あげているところ)


ニーハオ、ニホンコンです。
明日は娘1号の予防接種と2号の健診。
久々にかかりつけドクターとおしゃべりができるのが楽しみ。

もういい年のオジサンなのだけれど、そのおしゃべり好き気質が
ニホンコンには非常に心地よい。ニホンコンは毎度、気になること
について聞きまくり、その都度「待ってました!」かのように、
勉強会や学会で仕入れた情報を惜しみなく披露してくれる先生。

毎度空いている時間を狙って行くのだが、ひとしきりおしゃべりして
診察室へ戻る頃には満席の待合室と、待ってる皆さんの白〜い目が
いつも、いや時折、いやごくごくたまーに痛いのである。

そのドクター、巷での評判は賛否両論。
一番に「薬を出さない」という先生の方針が、子を持つ親にとって
どう映るかというところで明確に分かれている。

でも、その信念に基づいた治療方針と、出さない理由を延々と語れるほど、
積極的に勉強会に参加している姿には尊敬し、この先生大好き派。
(でも、ほんと延々。待合室出ると「違うから!私が喋りまくったんじゃなくって、
向こうがほとんど話してたんだからね!」と声を大にしていいたいくらい)

ちなみに1号にしっかり薬を出されたのは、5年のうち記憶にあるだけで過去2回。

とはいいながら、鼻息荒く最近の勉強の成果を披露してくれている最中、
ひとたび先生の腕にとまっている新しめな時計の話題に振ると
「そうそう、この日本製の老舗時計ね、アウトレットで買ったんだよね、
それも3回も下見に行って悩んでさー・・」などと嬉しそうに聞かせてくれる。
人によっては権力と財力を見せつけられる大きなチャンスである「腕時計」の存在を
オバハンみたいな感覚とそろばん勘定で選定しているところには笑えてしまう。

お金持ちが手にするような高級品というものには一切興味がないようで、
またそう思う理由をこれまた延々と語ってくれたりするのである。
(面白がって話を振ったニホンコンもいけなかった、これでまた待合室の
人数とため息が増えていくだけなのに)

話戻り、勉強熱心な先生には、本当にいつも助けられており、複雑化しつつある
昨今の予防接種から、内科外の箇所&専門医の紹介に至るまで、先ずはここに行って
じっくり相談しアドバイスを貰っている我が家であります。

実際、1号の眼のトラブルの突破口を開いたのはこの先生。
いろんな眼科をたらい回しにされて袋小路に入ってしまった我が家に、
先生一言。

先「じゃあ最後の手段でこの病院に行って!(大きな病院)」
二「でも、先生。ここ『眼科専門医からの紹介状じゃないと受け付けません』て」
先「うーん・・、じゃあいいよ!オレのこと『眼科専門です!』って言っちゃって」
(先生、内科&小児科です)
二「うっそー!そんなのアリなんですか?!」
先生「それでダメなら言って、なんとかするから」

と。なんとも頼もしい、というかそれいいのか?!状態。

先生、その病院の経営のいきさつもよく知っており
(ここらへんの事情通なところもオバハンぽい)
「向こうも医療といいながらもお金が入ってこないと何もならない訳だから・・」
「しかもその新体制でのその経営のあり方と患者のふるいの掛け方はひどいな!
今度勉強会に言ったら言わなくちゃ」とまた熱い血潮が煮えたぎり長くなりそうな
予感大・・。「あ、でもあの病院、食堂にあるラーメンが美味しいんだよね」と
また脇道にそれて結局長丁場。

1号がまだアブアブで保育園に入りたての頃はしょっちゅうお世話になっていたの
だけれど、だんだん丈夫になってきた現在、なかなかご用事がなかった現在。
明日は久々に訪れることが出来るというので、娘の注射へのおののきもそっちのけで
母ニホンコンが勝手に楽しみにしているところであります。

ただ、友人に言わせると、ニホンコンとドクターとのやりとりは
「どっちも喋りたがりすぎて、結局会話になってない」と指摘された。トホホ。


d0104254_0174974.jpg


(2号、歩くし喋るし大きくなりました。持っているのはワインによく合うお菓子、
Cheeza。1歳児は食べないでそのまま母によこしておくれ!)


4月21日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2012-04-21 01:13 | Trackback | Comments(0)


【絵手紙的連絡帳】

d0104254_191946.jpg



(パパが書いた新しい担任の先生、男の先生だけれど知っている人が
見たら大爆笑するくらいよく似ている)

ニーハオ、ニホンコンです。
家の前の公園では、桜が満開!と思ったそばからハラハラと
舞い落ちている、待って〜!

新しい年度が始まったけれど、我が家は久々、余裕の年度初め。
誰が入園するでもなく、ごっそりと新しい環境に移行するわけでも
ないので、割と平和な毎日。

我が家ではゆるゆると交換日記を続けておりますが、
最近では、保育園の連絡ノートも先生との交換日記状態。

連絡ノートは前の日の家での出来事などを書いたりするのだが、
毎日ドラマチックな時間を過ごしている訳でもないため、
ほぼラクガキに近い絵手紙みたいなものを、日々娘に
持たせたりしているのです。


d0104254_19945.jpg



これは、ニホンコンが考えた保育園バレエ団の蝶の衣装。
元ピアノの先生と体育大学出身の先生がタッグを組んだリズムの時間では、
もう、荘厳なピアノの音色とかろやかな蝶のお手本に子供たちが合わせる
というもの。

それはそれは贅沢なもので、ちょうどお迎えに居合わせたニホンコンが
思わず即興の蝶になりすまし、ヒラヒラと輪に加わってしまったくらい。
(子供たち、大いに吃驚しておりましたが)

あまりの素敵さに、「親も混ぜて踊りましょう、つきましては衣装はこんなで」
と提案したのがこのコスチューム。

すると先生からは「うちの息子からは『母さんのリズムは見たくない!ああいう
姿を他の人に見てもらいたくない』と言われました」とのコメントが記されていた。



d0104254_192684.jpg



(彼女はブルマを履くのが嫌みたいで、スカートは長め)

すると1号がお手紙。「なんでみてもらいたくないとゆうのかな、きいてみてね」
明日渡すそうな。


なんてことないラクガキノートだけれど、先生のパーソナリティーも見え、
「子供の様子を見守る大人たちのノート」としては非常に気に入っている。


d0104254_19115.jpg



(2号、飽きまくり)

ニホンコン家は、しょっちゅうこの机にいろいろ広げて、あれやこれやと
ぐじゃらぐじゃらと書いている毎日です。


4月13日(金)日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2012-04-13 01:48 | Trackback | Comments(0)


【世界地図のつかいかた】

d0104254_0245782.jpg



ニーハオ。
昨日のエイプリールフールでは、嘘つきまくり、ニホンコンです。
(3億円当たったとか、昨晩こっそりチョコレートケーキ食べたなど
ショーモナイことからショーモナイことまで盛り沢山)

今日は地図な話でも。
いつか我が家にも欲しかった「世界地図」を、先日思いきって購入。
これでテレビライフも充実するだろうとひとりホクホクしている。

そう、これはニホンコンが育った家の習慣をそのまま引き継いだ形。

小さい頃、ニホンコンの家にはテレビの脇に世界地図が丸まっておりました。
家族で毎週見ていた、当時の人気番組「なるほどザワールド」や「世界まるごと
ハウマッチ」で、今週はここに行きました、と司会者が地球儀を指すと同時に、
我が家ではテレビ脇から地図を引っ張りだして、「ああ、ここね」と
もう一回確認をしていたのだった。

別に見たからといって何が素敵な情報が得られる訳でもなく、ただ同じ名前を
我が家の地図から見つけるだけの、いわば「作業」みたいなものだったけれど、
ペラペラの地図の世界から、全く違う暮らしが存在するということ自体が、
面白くてたまらなかったりしたものだった。

習慣とは怖いもので、娘と一緒に世界的番組を見ていても、どうにも手持ち
無沙汰。地図で確認したい衝動に駆られまくっておりました。


d0104254_025264.jpg



(巨大地図ではないため、文字が小さい。1号も目をこらして見ている)

念願の地図は、子供にとっては目新しいオモチャ。
娘1号も友達の住んでいる国々をひとしきり確認。

その後思い出したように「世界一しあわせな国ってどこだっけ」の質問。

先日見たテレビ番組を覚えていたらしく、いいねえ〜、ブータンね、
とこちらも気持ちよく答えてみたり。

その後カタカナが読めるようになった1号に付き合い、目についた国の
名前を読み上げるのだが、もうそこ見るか?状態。

1号:「リビアってどういう国?」
ハハ:「ああ、情勢不安定なところだよー」
1号:「じょーせーふあんてーって何?」
ハハ:「・・・・・」

さて何がどう問題で不安定なのかが具体的に答えられず。
ああ、浮かれて地図を買ったものの、子供からの質問、しかも割と
ニュースにもなる国のことを答えられないなんて、これこそ
「真の馬鹿」っていうんだろうなーと猛省。

その後も「カザフスタンってどういう国?」などとマニアックな国を
挙げるものだから、知ってる限りの知識の「お隣の国、中国から
沢山の中国人が行って商売をしているんだよね(経済特区がある)」と、
マニアックな回答、というか結局得意な中華技しか出せず。

のんきに地図を見ていた子供時代が懐かしい。
これを機にもうちっと「せかいじょーせー」に目を向けようと思った
ニホンコンでありました。

もう日付が変わったので、嘘じゃなくて。


4月2日 ニホンコン
[PR]
by nihongkong | 2012-04-02 00:55 | Trackback | Comments(0)

    

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月