-nihongkong-


<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧



【2011年ありがとうございました】

d0104254_11445515.jpg



(娘1号のジイジサンタからのクリスマスプレゼント、大人がハマる)

わらうかどには ふくきたる。
ニホンコンです。
カルタの「わ」と「え」の文言は大好きな2枚。

大そうじは「大ざっぱに 大まかに 大たんに」する掃除のことだと
毎年言うのは、押し迫った、切羽詰まった状況下での、苦しまぎれの
言い訳です。

2012年、長かったんだか、短かったんだか、大変だったんだか
そうでないんだかよく分からないのですが、1年が終わろうとしています。

今年は皆思っているかもしれないけれど、大きな地震や津波、原発など
心穏やかではない出来事がありました。あのとき思ったものすごい
シンプルな「今日もいちにち無事でありがとうございました」の気持ちを
来年も持ち越しながら、忘れないようにしようと思っています。

また、震災後に、おっかなびっくり、そろりそろりと復帰した仕事は、
年の瀬になる頃にはヘトヘトになりながら、朝は早く、夕方は時間
ギリギリ&すべりこみセーフなお迎えが続いたり。それでも自分には
やれることがあり、できることがあり、居場所がまたできたことに感謝。


d0104254_11444725.jpg



(朝からウトウトしているネコ、出勤時に見つけ羨む)

年々、年末感が薄れているような気がしますが、それでも我が家は恒例の
餅つきがあるなど、シメとしては最高のイベントが待っている。いつもより
短いお正月休みになりますが、存分に楽しむとします。

最後に来年の手帳自慢。


d0104254_11443447.jpg



銭形警部@インターポールです。
新聞の懸賞で当たりました。あ、手帳でなく、シールが(笑)。
ちなみに、インターポールヨダレかけも一緒に当たりました。
(マニアックすぎて、誰も気づかない)

来年も張り切って国際指名手配を逮捕、なんてできやしないのですが、
せめて自分の中に潜む「忘れ鬼」とか「大ざっぱ鬼」などを
やっつけたいと思います。(何これ?節分の豊富?)

これからお蕎麦買いに言って年賀状の宛名書いて(まだその段階)
銀行行ってとかとか、もう仕事が多すぎて屋根裏で泣いてしまう
シンデレラのような気分。でも屋根裏もなければ泣く時間もない
んだったわワタシ。

最後に皆様。
お世話になった方、久しく会ってない友人各位、わざわざお忙しい
時間の中、ポチッとなとお越し頂き最後までお読み頂いた方々、
ありがとうございました。非常感謝。

2012年が日本にとって、私たちにとって平和な年でありますように。

12月28日 今年最後の日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2011-12-28 12:11 | Trackback | Comments(0)


【はじめてのお歳暮】

d0104254_1421243.jpg



(丸1個分くらい食べた筈なのに、まだまだ大きい)


ニーハオ、ニホンコンです。
おおきなおおきな梨を頂きました。
ニホンコン宛のお歳暮でした。

お歳暮なんてものは、実家にしか届かないものだと思っていたし、
父親しかもらえないものだと思っていたし、生徒さんからセンセイ、
部下から上司、みたいな明確なまでの師弟関係の間でしかやりとりが
なされないものだと思っていた。

というのもニホンコン、
今年は友人の真剣なまでの社会に出たいというおもいに打たれ、
一生懸命仕事の世話に奔走。結果自分の大事な人たちを繋げることが
でき、自身が仲介したお見合いが成功したオババよろしく、清々しい
気持ちでいたところだった。

そんな彼女から、「今年は本当にお世話になりました」と、大きな梨が
2つ届いた。もう、リンゴと比較してもらうと分かるのだけど、子供の
頭くらいの大きさと重さ。

3度の飯より梨がスキ、というのは言い過ぎだけれど、果物の中では
真っ先にあがるくらい梨好きを公言しているニホンコン。12月に
入っても尚、梨にありつけることは、願ってもない幸せである。

お世話になった人に、ありがとうの気持ちを贈る。

年々自粛、縮小気味になりつつあるこの贈り物文化は、
きちんと本質さえ間違わなければ、誰にでも参加できる行事であり、
また、贈る方も贈られる方も嬉しいものだと、この年にして初めて気づく。
(誰だ?これまで妙な賄賂みたいな印象を植え付けたのは?な気分)

ニホンコンも、今年はご近所さんでよく夜ご飯にお呼ばれしたお宅に、
感謝を込めて、美味しいさつま揚げを贈ったばかりだった。その時は
向こうが恐縮してしまうといけないと思ってのし紙をつけなかったけれど、
今思えば「ババーン」とお熨斗をつけてもよかったかも、と思っている。

お歳暮は、お世話になった人に感謝の意もあるし、美味しいものを
共有したいという気持ちも相まって、今後のニホンコンライフに
それはそれは美味しく楽しい行事となることでしょう。

でも、またオババ根性むき出しで、この美味しさを味わわんかな!
というおせっかい魂が混入されそうで、やや注意が必要かもしれない。

今年もお世話になりました。
そして、少し早いですがメリークリスマス。

12月18日 日本/香港

追記:エッセ新春特大号、買わんかな!(笑)
ニホンコン&1号がモデルハウスを見学しております。
はー、素敵なモデルハウスだったわー。と今でもため息。

d0104254_1474699.jpg



(リビング写真は、1号が何度も何度も絵本を持って部屋を横切りました。
この2ページでも一日がかりの撮影。お疲れさまでした)
[PR]
by nihongkong | 2011-12-18 14:40 | Trackback | Comments(0)


【我が家の「ちいさいの」〜2号篇〜】

d0104254_22553394.jpg



(要所要所で愛想をふりまいている)

ニーハオ、ニホンコンです。
抱っこしながら片手でキーを叩くのも苦痛ではなくなりました。

ちょっと前に産まれたばっかりだと思っていた「ちいさいの」が、
気づいたら1歳3ヶ月。早いものです。

まあ、それにしてもよくもまあこんだけ同じ母親から違う性質の
2人が出て来たもんだと関心するほど、5歳の1号と1歳の2号は別物。

相変わらず几帳面で慎重派な1号。しっかりモノすぎて母の行動が
許せないことが多々ある模様。「立ったまま食べちゃあいけない」、
「机にひじをついちゃあいけない」、「おしりとか叩いちゃあいけない」
と、ニホンコンの一挙手一投足を注意してまわり、すっかり母ニホンコンの
お目付役となっている。

もう1人同じようなのが出たら、母 肩身狭いなーと思っていたところ、
2人目はニホンコンと同じジャンルのでテキトウ星人が舞い降りて来た。
小さくガッツポーズ。


d0104254_22543192.jpg



(放り投げられるのが大好き)

まあ、食べること食べること。
三度のメシより飯が好き、と冷やかしているのだけれど、本気で
そう思ってるんじゃないかと思うくらいの食意地。目ざとく
いろんなものを見つけては食わせろ食わせろと騒がしい。
かつて家族に「下卑(げび)」と呼ばれまくった自分を思い出す。

危険だろうが汚かろうが興味のあるところにまっしぐら。最近のブームは
トイレのブラシとごみ箱。バッチイのしかないのだが、その光景に
「ドアのないトイレもインドのガンジス河にも連れて行けるかも!」
という妙な希望が湧き、2号に注意しつつも「いいぞいいぞ!」と
思っている。

おそらく2回目の子育てということで、きりきり気をもんだりすることが
殆どないがゆえに、面白がって向き合えているのかもしれませんが、
気づいたらあっという間に大きくなってしまう子供たちを見逃さないよう
上の1号含め、思いっきり楽しもうと思っているところ。

ただ、保育園で「おともだちにオモチャを取られて泣いてますが、
取った相手がどっか向いてるスキにさっと取り返しています」と報告が。
「セコいDNAは親ゆずりです」と言われたような気がしてならん。


d0104254_22543887.jpg



(ぐんぐん登りたいらしい。ちなみに下で座っているのが5歳の1号)

12月10日 日本/香港

余談:几帳面で引っ込み思案と思っていた1号の担任のセンセイから、
「最近ものすごい仕切ってます」と言われ。「カエルの子はカエルです」と
言われたような気がしてならん。
[PR]
by nihongkong | 2011-12-10 00:08 | Trackback | Comments(0)


【東京手みやげお悩み事情】

d0104254_21434946.jpg



(我が家の贔屓。老舗「モンブラン」の「モンブラン」)

ニーハオ、ニホンコンです。
今日は手みやげな話。

ニホンコン家には、お誘い上手な友人ファミリーがおりまして。
数ヶ月に一度「ご飯食べにおいでよ!」と声を掛けてくれ、
毎度一家で押し掛けては美味しいご飯をごちそうになっているという
もう、それは名実ともに「ホストファミリー」なワケで。

で、こちらも食べるの大好きな彼らに感謝の意を込めて、スイーツを
持って行くのだが、いっつも直前まで悩み、その悩みっぷりは
さながら「夏休みの宿題提出前」の如し。

いつも日程が決まると「今回も来たな!」と気合いを入れるのだが、
ふんわりと「なんかないかな〜」と暮らしていて最後にバタバタと
追い込みを掛けながら都内のデパートや本を読んだりと慌てる。

毎回美味しいものを食べさせてくれるがゆえに、それに答えるべく
美味しいものを持って行きたいと思うのは人の常。そして前回をも
越えたいと思うのも人の常。

1ミリ1秒でも記録を伸ばしたいオリンピック選手の気分が
今なら痛いほど分かる。加えて「前作がライバル」と言っていた
秋本康とユーミンの対談に、今なら加わりたい気分。(彼らに謝れ)

悩む理由は、ひとえにその「選択肢が多すぎる」ことに他ならない。
ここ東京には美味しいスイーツが山ほどあり。山、というか
もう言うなれば見渡す限り美人だらけで誘惑だらけの街、みたいな。

ニホンコンの地元、静岡県の浜松では鉄板手みやげ「うなぎパイ」が
「手土産でござい!」と言わんばかりにそこらかしこに鎮座しており、
東京に帰る新幹線のホームでは9割が同じ紙袋状態。さんざ悩んでいる
現在において、このくらいシンプルは理想郷。

もう数も多すぎて周囲にヒアリングしても帰ってくる答えが十人十色。
かれこれ数回のスイーツ行脚を経て、分かったのはひとつ:
「美味しいとかじゃなくて『好み』の問題」だということ。

美人で例えるよりも分かりやすい「ラーメンは味噌か醤油か」みたいな
もんだろうか。

そうなると彼らの好みや大人子供の比率(ちなみに4:5)、これまでの
話題から嗜好の大枠を探り、ど真ん中はどこだろうと思いを巡らす。
それはもうありとあらゆる可能性を挙げ、日持ちや店の場所、果てまた
天気も考慮しながら最後の一品まで絞り込む。

ホント、そこまでしなくてもいいのにと思うくらい、そして他に
しなきゃいけないことを後回しにしすぎるくらい考えたり下見したり。

ただ、彼らへの感謝の気持ちといいながらも、どこかで「この滅多ない機会に
一度食べてみたかったスイーツを堂々と買おう」という下心も十二分に
あるのは否めず。自分もそのオヤツにありつけるということが、
かくもファイトを沸かせるものかと自分事ながら呆れている。

明日の手みやげ、一応目星はついたのだが、明日は生憎の雨。
朝イチに向かうデパートで初志貫徹すべきか、果てまた路線変更を
すべきか、夢の中でまた考えるとす。


12月2日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2011-12-02 23:23 | Trackback | Comments(0)

    

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月