-nihongkong-


<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧



【ディズニーランド回顧録】

d0104254_228494.jpg


(頭についているリボンは、バザーにて10円で購入)

ニーハオ、ニホンコンです。
写真は地味な娘の回顧記録お絵描きですが、ディズニーランドに行ってきました!
いやあ、実に何年?何十年ぶりだろうか。

東京に住まうニホンコン家は、かの有名なおとぎの国までは電車で1時間弱。
場所柄もあるのか、はてまた21世紀は幼少時代からこんな夢の国が近いもの
なのか、周囲のファミリーの話を聞くと、子どもが3歳くらいまでには皆1度は
連れて行っているらしい。

もう、「へぇぇぇぇぇ」な域。
へぇボタン押しまくり。

ニホンコン、全く行く気が無かったのです。
自分が初めて行ったのが15歳くらいの時だから、そのくらいでよかろうと
思っていたのですが、もう、そんな考え方は頑固オヤジの域になっているようで。

しかも、あのふんわり夢空間で浮かれる自分、というのが想像しただけで
照れくさく、それこそ独身の頃なんかはおデートで遊びに行くなんて
微塵たりとも考えたこともなく。(もとより、誘われたこともないのだが)

で、意を決して行ってきました。
もう、子どもなんてのはウキウキなワケで、見てて胸が熱くなるくらい。
ああ、若いっていいな、みたいな。そして何故かニホンコンもドキドキして
何回も持ちもの確認したり枕元に着替えを置いたりするなど、オイオイ
これまでの無関心をよそに一番張り切ってるのは誰だ?状態。

いやー、細かく書くとキリがないのだけれど、
一言でいうと「謝りたい」。

これまでの行く気無いわよ発言と斜に構えた視点を全て撤回して謝りたい。
そのくらい楽しかった。というか楽しんでしまった&楽しませてもらった。

丁度パレードの時に隣で1人で遊びに来ていた50代くらいのおばさんと
話をしたのだが、今年初めて年間パスポートを買って、週1のペースで
来ているとのこと。「ここは皆ニコニコしていていい顔をしているでしょ、
だから私も幸せになるから来ちゃうのよ」という言葉に大きくうなずく。

確かに、ここは日本の筈なのに、船とか列車とか乗った暁には、向こう岸に
いる人たちに大きく手なんかふっちゃったりして、普段なら絶対お互いに
しない友好的態度を、皆、不思議と取ってしまったりする。そして知らない人と
情報交換したり、列取っといてくれたり強力し合ったりしながら
「皆で楽しもう」的な空気がそこらかしこにある気がする。

ああ、これぞウォルト・ディズニー氏が目指した空間なのかな、と思うと
このディズニーランドは経営的視点のみならず、大大成功な事業であろう。

純粋な子どもたちは目をまんまるくさせて終始はしゃいでいたし、
ニホンコンも楽しかった楽しかったと100ぺんは言い、絶対次も来よう!と
勝手に約束を取り付け、誰のせいでこれまで来なかったんだよ、と
言わんばかりのアルジの視線を無視して浮かれまくっていた。

浮かれっぷりはおさまらず、それから数日経っても毎晩
「寝る前に乗ったアトラクションをひとつひとつおさらいする」と
1つ目から思い出すのだが、3つ目にいかずして眠りに落ちてしまうため、
毎回同じ2個のアトラクションばかりがぐるぐるしている。

最後に、娘の楽しかった記録を見せてもらおうとしたのだが、
なんだかイヤな予感が。ちょっと待って、何書いてるんだろうか・・


d0104254_2265946.jpg



d0104254_2264795.jpg


・・・・。
今回連れて行ったのは、結局ドコだったんだろうか?と
自分にも娘にも問いたい気分。


11月24日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2011-11-24 23:15 | Trackback | Comments(0)


【日本一の魚屋さん】

d0104254_2325871.jpg



(本日はネタ豊富なショーケース)

ニーハオ、ニホンコンです。
手巻き日和。

我が家から自転車でほどない場所に、日本一の魚屋がありまして。
手巻き寿司といったら、真っ先に向かうのはココ、東京都杉並区は
「長谷川商店」。

なんでも、坪面積あたりの売上げが日本一とのことで、やや大きめの
お宅のお風呂場くらいしかない、間口5mほどの小さなお店ですが、
毎度訪れる度に、その店の前の活気と熱気がありまくり、相当
テンションがあがります。

ここはその「美味しさ」と「安さ」ゆえの人気。
写真のアップがないのですが、全てのネタが、たこ焼きとかイカ焼きを
のっけるような小さなプラスチックの船にテンコ盛りで500円とか。
値段にビビらず、わんさか買えるのも大きな魅力。

この日はアルジと娘1号を遣いに出し、どんな漁になるのか、自宅で
ドキドキしながら待っていたのですが、帰宅後「思いがけず大漁」
報告を受け、かなり喜んだものです。

新鮮なうちに友人宅に移動、手巻きパーティーとなりました。
いやー、申し訳ないくらい(誰に対して?)美味しくて、これまた
写真を撮ったものの、その美味しさ加減が伝わりそうにもないので
勝手に却下。

余計伝わりそうにもないのですが、我が稚拙な表現でお伝えさせて頂くと
しますが、この日のネタは:

中トロ(子どもは「そこの肉とって」と肉よばわり)
ホタテ(巨漢。大ぶりでプリプリで、それでいて大量)
ウニ(本日の注目の的。皆のっけから皆鼻息荒く、取り合い)
イカさし(ニホンコンめをイカ好きにしたのはここのを食べてから)
ネギトロ(美味しさに目を細めてしまう。アボガドとは相思相愛だな)
イクラ(普段なら主役級な存在が、強者揃いでかなり脇役だった印象)

最後の最後は、しじみのお味噌汁でシメ、幸福なひとときを噛み締める。

うーん、美味しさの表現てのは本当に難しいもので、何というのでしょうか、
このエも言われぬ満足の血潮が体中にみなぎるとでもいうのか。ああ、
今すぐ東海林さだお氏に弟子入りしたい気分(ちなみに同杉並区在住)。

んもうそりゃイタダキマス直後なんて皆ワサワサしまくり、席外すと
出遅れたような気になり、ダッシュで席に戻って来たりして(私だけ?)
妙な高揚感と焦燥感で、運動会の種目のような楽しさだった。

数ヶ月に1ぺんは何かとお世話になるここ長谷川商店は、我が家の
ハレの日の胃袋を完璧に満たしてくれ、こんな素晴らしいお魚やさんが
ご近所にあることを、いたく誇りに思っております。

あまりにも美味しかったゆえ、ちょっとした「おらが村自慢」も
兼ねた最近のニホンコン近況ということで。


11月13日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2011-11-13 00:28 | Trackback | Comments(0)


【中国語学習中】

d0104254_6291235.jpg



你好,我是日本/香港(ニーハオ、ニホンコンです)
パソコンで中国語が打てる設定が出来たので、嬉しい。

語学の学習には終わりはなく。
ただいま目下中国語勉強中のニホンコン。

というのも、来年1月からまたニホンコン先生の仕事が
始まることになり、ちっとは自分も準備がてら中国語の引き出しを
開ける作業をしようと思ったのもあるけれど、ひとつには
「受講生と同じ学ぶ苦しみを味わってみようじゃないか」という
マゾスティックな考えから来ている。

毎度授業中に「毎日10分でもいいから復習してくださいね〜」だの
「CDを聞いて音読すると力になりますよ」とかいっている、
その自分こそが中国語に費やす日々の10分を捻出できないのは
いかんじゃろ、と常々罪悪感に駆られていたことも確か。

そこで、手っ取り早く必死になれる学習ツールとして
「検定試験の準備」という名のムチを打つことに。

とはいうものの、3日坊主とはよく言ったもので、最初の2日は
モーレツに問題集を解きまくったものの、3日目には飽きてしまい
(早!)なんだかんだと追われてじっくり向き合えなくなってしまった。
(3日目突入しない坊主だな、こりゃ)

仕方がないので、限りある時間「通勤時間」てのを使うことに。
鞄にはやや重めの問題集を入れておき、日々20分しか乗らない
地下鉄なのだけど、必ず問題集を「イヤでも開く」ことにし、
そのまま居眠りも寛容に受け止め、牛歩の歩みで進めている。

中国語の検定試験なるものは初めて受けるに等しいのだけど、
それにしても文法問題がマニアックなクイズのようで嫌気がさす。
そこにはニホンコンが素敵だなーと思って続けている中国語の魅力が
どこにも見つからず、ただただ辛く苦しい試験勉強でしかない。

「こりゃイバラ道だよな〜」と文句タラタラのニホンコン。
ふと、これまでの自分がかつて教えた中で、途中から伸び悩んだ
受講生の方は、こういう風に中国語を捉えていたのかなと思ってみたり。

これまでは講師目線で復習だとかCDだとか言っていたけれど、
次回のクラスでは、もっと別の角度から楽しく、そして末永く学習
できるアドバイスを探してみよう、などとちょっといいセンセイ
みたいなことを思ってみたりした。いや、いいセンセイかどうかは
置いといて、大きなヒントを見つけたとでも言おうか。

ちなみにニホンコンは教科書から覚えた中国語より、耳から覚えたもの
が殆どを占めているようで、問題を解いている時も「この言い回しは
あの時あの人がこういう風に使ってよなー」と思い出とセットで
答えているふしがある。

だからこそ解けるものもあるけれど、10年以上前の思い出ゆえ、
思い出自体があやふやだと文法もアベコベになるという砂の城レベルな
モロさもあり、定着、という意味では非常に今回の試験準備は
ヒジョーに役に立っている。

塵も積もって来たようで、分厚かった問題集は作文項目を残して
とりあえず解き終わり。ただ、ヘビー級である作文を残した自分
をやや恨みつつ、今朝は4時に起きてみたりするが、今こんな風に
ニホンコンを書いていたりなど集中力散漫しまくり。

これもきっと3日持たない坊主だろうかと。


11月4日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2011-11-04 06:30 | Trackback | Comments(0)

    

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月