-nihongkong-


<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧



【冷え性改善プロジェクト〜今年篇〜】

d0104254_5514637.jpg



(トマト、きゅうりも今年は生でバクバクと)


ニーハオ、ニホンコンです。
冷え性、治ってるような治ってないような。

あれよあれよと言う間にお盆が終わり、
今日で高円寺恒例の阿波踊りも終わろうとしており。
娘2号も来週で1歳になろうとしており。

時の流れに身を任せようにも、早すぎて慌てふためく。

そう、去年の今頃はまさに臨月を迎えておりました。
去年の夏というと真っ先に思い出すのは、恐ろしいほどの
「猛暑」と、それに逆行するかのようにニホンコンの
若干狂気じみた「体冷やさない計画」。

飲料水は最低温度が「常温」(お白湯がグッド)。
夏野菜の「生」は御法度(だって、体が冷えるんですもの)。
靴下は恐怖の「3枚重ね履き」(本当は4枚なのだが1枚破れた)。
かき氷はこっそりと1回(美味しいけど高い甘味処で余計こっそりした)。

こんだけ頑張っていたにも関わらず、さして安産でもなかった
という結末に、すっかり拍子抜けしてした自分がいたことを覚えている。


d0104254_5515666.jpg



あれから1年。
今年巡って来た夏は、もう冷たいもの沢山食べちゃうもんね!
キンキンに冷えたビールを目つぶって飲んで「かーっ!」とか言って(オヤジ?)
その後冷や奴食べて(湯豆腐にしろ、と言われていたがそれは無理だった)
かき氷なんて日替わりシロップで赤白黄色状態にしちゃうわよ!なんて
意気込んでいたのだが、どうも具合が違う。

多分去年のスパルタ生活のDNAが残っているのか、どうも気になって
仕方ない。やっぱり自宅では氷の入った飲み物を飲まないし、
「冷たいものばかり食べていると、ダルくなる」ような気がする。
(今だマインドコントロールにかかっているのかもしれない)

結局実現できているのは、キンキンではないけれど冷えた炭酸を
ぐびっと飲んで「私もワルだわ〜」と不良の気分。こんなんで
ワルだったら、この世はどんな極悪な世界なんだろうか。

1つだけ。去年の汗だくの反動か、今年は裸足で過ごすわよ!と
ゴム草履(ビーサンというのか)でぺたぺたと歩く日々。

でも家に帰ってくると何か物足りなくて、冬のモヘモヘな靴下を
探しては着用。夜も途中起きては「モヘモヘはいずこへ?」と
暗がりの中探しては着用し、ホッとする始末。

習慣てのは、本当に恐ろしい。
というより、ニホンコンの冷え性体質が完全に解消されていない
がゆえの行動様式なのかもしれない、とも思う。

自分の中に潜む自分に問いたい。
「私の冷え性改善計画は、今どのあたりでしょうか?」


8月28日 日本/香港

ーその計画は、現在富士山五合目あたりと見ている。まだまだだな。
[PR]
by nihongkong | 2011-08-28 06:49 | 我が身の徒然 | Trackback | Comments(0)


【Be yourself】

d0104254_235525.jpg



(身の回りで いちばん我を通している女のヒト)

ニーハオ、ニホンコンです。

タイトルは、終電の激コミに遭遇し、酔った勢いで話しかけた
外人さん2人組との会話より(話しかけた、というよか目が合ったら
エレベーターでも何か言うだろ、的な礼儀の一環。ヘタクソな英語を
駆使したワケです)。

ニホンコンのくるくるパーマを「イイネ」と褒めてくれたのだが、
「それがさ、今日び流行ってもなくて、美容師さんから『最近の
ヘアカタログにも載ってない』なんて言われてさ」とこぼした一言に
返された一言、「Be yourself」

最近いろんな女性と話をしてこの言葉がストンときまして。
以下そんな彼女たちの語録。

1、ゆとり教育世代の女性、Hさん。
抜きん出ることなく、そこそこ安定している人生が幸せと
言われてきて育った彼女。社会の大海原で悩んだ末に収納の
プロに転向。そんな彼女からの一言;

「なんだか、答え合わせをしているような人生だったんです」

うっそー。
ニホンコンは
「なんだか、椅子取りゲームばかりさせられていた人生だったんです。
でも、ズルと横入りばかりしていたような気がします」


2、かつて企業の面接担当をしていたという女性、Iさん。
採用の決め手は何かと聞いてみたところ;

「いやー、もう入って3歩の時点で決まってるんですよ、
この人と一緒に机並べて働きたいな、と思えるかどうかって」

えー!そんな早く決まっていたの。
日本の会社だっつーのに中国語で挨拶して度肝抜こうなんて
思ってた私、相当馬鹿?若気の至りって恥に等しい。


3、20代、同じように日々残業漬けだった取引先の女性。
今では同じワーキングマザーとなって再会。子育て話の中で
出た印象的なひとこと;

「子どもには自分で行きていける力をつけて欲しいもんだよねー、
とかいいながら四十路前にして自分が探してるっつーの!!」

ハイ、ニホンコンもトランプのゲーム「大富豪」で言うところの
「2」か「ジョーカー」が欲しい、と常々思っておりました。
高望みはしませんが、絵柄札を2枚くらい欲しいところです。


4、大企業をすっぱり辞めて、彼氏と1年間キルギスタンに移住する
友人より;

「小さい頃からの夢は、よくワカラナイんだけど、
『世界を股にかける』だったのよ」

ミートゥ(笑)でも中国限定なんだけど。


5、昨日久々お会いしたパワフルな母先輩;
「今はいろいろ興味の赴くまま取り入れて、いつかそれをまとめて
形にできればいいな」

ミートゥ アゲイン。
「60歳から形になる説」で一致。


共通しているのは、如何なる環境や幾つになっても、アンテナ高く
豊かな日常を追い求める貪欲さ。たいそう充電させてもらいました。
非常感謝!


8月21日 日本/香港

追記:本文中、3名がESSEのプラチナレポーター繋がり。
こういう出会いがあるってのも、予想外の展開で面白いなと。
[PR]
by nihongkong | 2011-08-21 02:29 | 我が身の徒然 | Trackback | Comments(0)


【祭り三昧】

d0104254_23334949.jpg



ニーハオ、ニーハオ
ま〜つりだ まつりだ まつりだ。
ニホンコンです。

それにしても東京の祭りの多いこと。
そこらかしこで盆踊りや夏祭りが開催されております。

7月からしょっちゅうあちこちの祭りに顔を出し、
時にダブルヘッダーで掛け持ちをしたりも。
盆踊りでかかる「東京音頭」は今だ慣れませんが、
子ども時代再来!の高揚感に、更に大人時代?の
アルコールが加わり、楽しい限り。

7月は近くの小学校の夏祭りに参加。小学生のお宅の父兄
たちと楽しく飲むものの、小学生の生活パターンに引きずり
込まれ、翌朝6時半からラジオ体操に引っ張りだされる。
でも、結果すがすがしいったらありゃしない。最高。

8月は隣町の商店街で賑わう「七夕祭り」(なぜか8月上旬)。
娘たちの保育園で出している手作りの短冊を見に行くのが楽しみ。
娘2人とも、かなりいいポジションに短冊が飾られていた。
おおっぴらにはしていないが、その年の園役員の父兄が
受けられる唯一で最大の福利厚生らしい。なって良かった!

あとは本家でもないのに異様な盛り上がりを見せる
「高円寺阿波踊り」が月末に開催。近所のお祭り野郎な
父兄たちと約束もしていないのに毎年同じ場所で集合し、
大盛り上がりを見せている。

9月に入るとお宮さんの秋祭り。去年は出産があったので
行けなかったのだけど、出店も沢山あり、風情があって
とてもよいらしい。楽しみ。

娘はあまりにもお祭りづくしの日々に、しょっちゅう
「ま〜つりだまつりだまつりだ!」と口ずさんでいる。
ニホンコンも気持ちは大漁の船の上で扇子でも振りかざしたい
ところよ。

ただ、1つ訂正が。
「コロッケの歌」というのは間違いなんだよ。
あれこそ、本家がいるんですよ。北島三郎っていう。
教えたいのだけど、年末の紅白にならないと指さして言えない。

8月11日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2011-08-11 00:05 | Trackback | Comments(0)


【こどもに中国語を教えると〜ニホンコンの場合〜】

d0104254_22425648.jpg



(我が子じゃなくて、香港のそこらのこども)

ニーハオ 
お盆前、ぎゅうぎゅうに労働中でへとへと。
ニホンコンです。

さて、先週の「中国語学習」について思うことをずらずらと書いたところ
同感されたり質問されたりしたので、またもや引き続き学習ネタ。

「こどもに中国語を教える」という相談が来たので、いろいろ回答するも、
身に覚えのあるトホホなネタを思い出しました。

結論から言うと、こどもに中国語は「教えていません」。
発音そんな上手じゃないしー、時間そんなないしー、やや面倒な気もするしー、
シェフだって家で毎日フレンチとか食べてないからそれと同じようなもん?
などと、シェフにもフレンチにも失礼な、オマエ誰サマ?発言をしてみたり。

ただ、娘1号は1つだけ言える中国語があり。
もうフレーズというか、単語。

「猫」(mao1/マオ)

これだけは言える。お上手。很好(ヘンハオ・ベリーグッドの意)

以前中国人ファミリーのお宅にお邪魔した時のこと。
お宅にはうちの娘と年が近い「逗逗(ドウドウ)」という女の子が
おり、目下ことばを習得中だった。そして指差すものにお母さんが
「これは~~」「あれは~~っていうのよ」と中国語で教えていた。

で、ドウドウが指差したネコのぬいぐるみに、お母さんが

「マオ」

と教えていた。
そしてそれを覚えた、という流れ。

家に帰ってから「ネコは『マオ』っていうんだよ」と娘も楽しそうに
話していたのだが、さすが本場の人が発したものから覚えているので、
音の高低(中国語で四声という)がかなり正確。

ちっとは中国語ってもんに触れたか!と当時は面白がったが。

それからが大変。

「ドウドウの国の言葉」に興味を持ち始めたのはいいのだが、
「犬は中国語で何ていうの?」「きりんは?」「ねずみは?」
などと質問攻めにあう。

一応辞書で発音やらその音の高低を確認してみたり
しながら、ひとつずつ教えてあげたりしていた。

(キリンなんて久々辞書で見ると「長頸鹿」。
あー、そりゃ長~いケイツイの鹿だわな、
漢字って便利だわな、と妙に感動)

ただ、嬉々として話す彼女の中国語(というか単語)。
「マオ」以外が妙に耳につく。

短い単語の発音の中に、ネイティブ・非ネイティブの目に見えない
ベールのようなものがあり。

自分の中国語がこのように他人に聞こえているのかと思うと、
穴があったら、いやなかったとしても掘って入りたい気分。

もう、その単語が出てくる度に、こそばゆい感じになる。
それは、自分の下手っぴさもさることながら、テープに
吹き込んだ自分の声を聞いて「なんだこの変な声の人=自分だった」
という時の妙な気持ちに近い。

というワケでこれ以上何も単語が増えておらず、そのつもりもない現在。
「お隣の中国に年の近い中国人の友達が居るんだよ」ということと、
パンダやら自転車やら、と中国を構成する分かりやすいアイテムを教え、
そのうち彼女の想像力をもって興味が湧けばいいなとは思っている。

今では「ママー、中国語できりんって何ていうか知ってる?」
と聞かれた時には「ワカラナイなー」とシラを切っているのだが、

「知らないの、『長頸鹿(chang2 jing3 lu4)だよ!』」

と道ばたで大きな声で言われるのが、今一番いや。


d0104254_22352990.jpg



(こどもは 小ゆび立ててスイカ食べてりゃいーんです)



8月5日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2011-08-05 22:43 | 中華世界 | Trackback | Comments(0)

    

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月