-nihongkong-


<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧



【中国語学習をとりまくいろいろ】

d0104254_5561155.jpg



ニーハオ
大家好(大家サンラブ、ではなく「みなさんこんにちわ」)
ニホンコンです。

中国の新幹線があんな中、今週は立て続けに中国語の相談を受けました。
あんな中でも、時代の渦中に入りつつあること、また「中国語学習」が
ビジネスの上で現実的になりつつあることを実感。何というのやら。

「中国語教えます」と看板を掲げているニホンコンとしては、
ありがたいような、そしてこそばゆいような気持ちなのだが、
これがまた、一筋縄ではいかない。

中国語は、教えてる自分で言うのも何だが、「面倒くさい」。
言語的に難しいとかそういうことでなく「気持ちの持って行きようが
面倒で難しい」のだ。

語学学習には、大きく分けると2通りあると思っている。
「浮かれる言語」と「そうでない言語」。

前者は音自体の響きが素敵で、言語背景にある文化も陽気で
それが喋れるってのが少しカッコイイような気分になるもの。
英語、あとはイタリア語とかフランス語などがそれにあたる
ような気がする(個人的イメージですが、皆さん如何)。

で、日本において中国語は完全に「後者」な気がする。
ハナからイメージはあんましよくない、ましてや中国人の
反日デモなんか見ると「デモ上等!そんな国の言語習うかよ!」
と思うのが人の常。ましてやあんな事故、ニホンコンですら
旅行する気が萎えまくる。

そんなマイナススタートから始まる中国のイメージに加え、実際に
仕事で中国人に接する人が目にする、驚愕の中国人の文化。

いや、別にわざとじゃなくて、嫌がらせでもないのですが、
あの声の大きさやちょっとキツい目つき、そして食べ残しを
テーブルに積み上げたり下に捨てまくっちゃう衛生観念は
確かに驚くだろう。

でも、そこにはそれなりに理由のある、でも今回のニホンコンで
全てを語れるほど簡単ではないのであっさり割愛するけど、
中国「ならでは」の文化であって、ただ単に日本人の行動様式と
「違う」というだけなのよ。

ただ、そんなイメージしかない中で、いきなり会社命令で
「中国語学習を」と言われたら、そりゃあ腰も重いだろうに。
もとより、本当に興味があって学習に向かってくれる方は
素晴らしいのだけど、残念ながら「砂場の砂金」くらい少数派。

そして、その重い腰をやっと教室に移動させたと思ったら、
のっけから気がめいるような「発音練習の洪水」が押し寄せる。
ピーマン嫌いだってのにピーマン料理のフルコース、みたいなもので、
そりゃあ嫌だろうに、心労ご察し申し上げますの域よ。

中国の時代!と週刊誌やニュースでは報道されたりするけれど、
実際に学習する社会人にとっては、「興味はあるのだけれど、
元々のイメージ×発音の難しさで早々にギブアップ」となりがち
なのが、正直なところなのかも。

ニホンコンは、授業中こそ「センセイ、センセイ」と呼ばれますが、
センセイの風格よりか、むしろ「どーもスイマセン、この大変な
さなか中国語を学習してくださり」な気分で、教室の椅子に座った
人は、とにかく一人残らず「中国及び中国語の苦手意識からの脱却」
を目指す。

もちろん、講義内容は時間内パンパンにあるので、それを大幅に
ねじ曲げることのないよう行うのだけど、1分でも隙があれば、
また5分でも休み時間があれば「中国的余談」というか小話を
挟み込みまくり、少しでも中国理解を深めてもらおうと必死。

「せめて2時間だけでも中国が嫌いでありませんように!」と
魔法をかける婆サンのような気分。もとよりそんな懇願モードの
魔法使いなんておらんのだろうが。

言語の学習とは、言語のみならずその背景にある文化をも一緒に
飲み込む作業だと思っている。だから余談は決して「無駄話」では
なく、その国の「気質」とことばの「性質」をくっつけて理解するもの
だと思うし、また受講生の継続的興味にも繋がると信じている。

加えて受講生が職場に戻った時に、同僚にネタとして話せれば&
ウケれば万々歳。「お、コイツ中国語やってんな」感溢れるし(笑)。

ニホンコンは中国語そのもので言ったらむしろヘタクソなほうだし、
もっと上手な人はゴマンといます。それでも本気でクソ真面目に
この草の根運動をしていると、それを見てくれる人も草の根くらいは
居るもので、何年経っても声を掛けてくれるところもあります。

小さな夢というか、ライフワークというか、いつか小さな
中国語サロンを開いて、節目節目に研修旅行と銘打ち、皆を
引き連れて中国に行きたいのです。

これを自分で天職と呼ぶべきか、巨大中国のドツボにハマったというか、
袋小路のネズミと呼ぶべきか、よくワカラナイ。思うに、ずっとよく
ワカラナイまま行くような気がする。

7月29日 日本/香港

追記:「勉強」は、中国語だと「無理強い・強制される」という意味。
    たしかにやらされたなーという記憶しかない。
[PR]
by nihongkong | 2011-07-29 06:13 | 中華世界 | Trackback | Comments(0)


【しろやぎさんからお手紙ついた】

d0104254_711859.jpg



ニーハオ、ニホンコンです。
ニホンコン&1号、現在空前の手紙ブーム(笑)。

最近遠方からの頂きものやご近所さんに気持ちを伝えたかったことが
あり、思いついたのがコレ。

頂き物にお返しするのも、後日それに対する「お返し返し」が来そうで
ためらわれ。

というところで、こどもの手紙ってのは非常に喜ばれる。いや、正確に
言うと「『喜ばれるだろう』と勝手に思い込んでいる」のである。


d0104254_7243777.jpg



(飛び出しまくり)


少し前ですが、豪奢な本(?)を頂きました。
いやもう、そりゃあ凝った仕掛け。仕掛けもすごけりゃお値段もすごく、
そりゃあ庶民の子育て世代がフラッと買い物帰りに買えるような代物では
なく。

こりゃあニホンコンなんざの手紙ごときじゃ喜びと感謝は伝わらん!と
思い、こどものつたない手紙で「がんばりました感」溢れさせようと
もくろむ。

いやでも、一番上の「おじちゃん(「ゃ」がおかしな場所に位置、ごほん
ありがとう」までは母が考えた台詞であって、あとはただのお絵描き状態。


d0104254_7174756.jpg



ばすって何だよバスって。


d0104254_7104942.jpg



しかもヒラガナおかしいし。


d0104254_7103617.jpg



しまうま(これも「ま」が変なのだが、絵と併せて雰囲気で読む)までは
なんとか読めたけど、下のブルドーザーらしきものは、本気で「マルクって
何!マルクって?」と聞いてしまった。ああ、「くるま」ね。

このなぞなぞのような手紙を封筒にパンパンに詰めて投函。
さすがにもうなぞ解きは終了していることと願う。

先日も、お隣さんのおじいちゃんを見かけないと思ったら、入院中とのこと。
さっそくブームとおせっかいに乗っかり、おじいちゃんにお手紙を書こうと
いうことになった。1号が書いた「はやくよくなってあそぼうね」は、
病室で読んだらニホンコンでもタマラン!とひとり悦に入っていたり。

お見舞いに行く日におばあちゃんに託し、報告によると何よりの薬になり、
それはそれは喜ばれたそうな。

ああ、よかった。と思いつつ、ああおじいちゃんには書いたけど
おばあちゃんには何も無いわね、となり、その日の晩に手紙を書く。
(描く、といったほうが正しいかも)そして翌日朝っぱらから
届けにいく1号。

もう、善意もおせっかいも通り越して押し掛けになってやしないかと
思われる、手紙ブームというんだか手紙攻撃というんだか。

最近は、「切手を貼って手紙を送る」ことを覚えた1号は、
地元に住むニホンコン友人となぜか文通状態。自分宛の手紙が届く
のも嬉しいし、届くとせっせと絵を真似たりしてまた書いている。

手紙世代なニホンコンは、メール主流になった今も、あの良さは
大切にしたいし繋げて行きたい文化のひとつ。

ニホンコンも久々に誰かに手紙でも書こうかなと思うこのごろ。

7月23日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2011-07-23 07:57 | まいにち母さん | Trackback | Comments(0)


【暑い時こそ】

d0104254_20295956.jpg



(あの群れに入りたいよ)

ニーハオ、ニホンコンです。
いやあ、暑い、暑い。

今年、イチ早くバテモードに入ったらしく、アルジにこう言われた。
「今年はやけに早く聞くねえ、その『私もうダメかもしんない宣言』」。
どうやら自分で気づいていないのだけど、毎年こんな形で
ワタシバテマシタ報告&白旗宣言をしているようだ。情けない。

そりゃあ私今年はいつもと違うのですわよ、子どもが2人にもなったし
仕事も再開したし・・というのは簡単だけれど、環境のせいにするのは
あまりにも格好が悪い。そんなん言って年取ったら、ただの醜い
言い訳婆サンになるのが目に浮かぶ。

こういう時はドボンと水に潜ってしまいたいところだけど、
ニホンコンの見いだした法則、「暑い時こそあたためろ」を
今年もやってみようかと。

実は去年、出産を目前にしていたこの時期、助産院からの厳しい
アドバイスにより、裸足厳禁、冷たい飲み物厳禁、毎日半身浴・・
という宗教みたいな戒律を守っておりました。

まあ、守ってても結果お産は大変なことこの上なかったのだが、
なぜかその年は調子がよく、一度も暑さでネをあげることが
なかったニホンコン。アルジも「歴代1位の元気っぷり」と
驚いていたくらい(自分の夏バテは夏の風物詩になっている模様)。

そんな去年の思い出がまだ鮮明に残っている今年は、どうも
裸足でウロウロすることや氷の入った飲み物を一気飲みするのが
はばかられる。同時に、そんな行為が「掟破り」のダメ人間な
気分にさせられ、結果、ぬるい常温の水と、あったか靴下を履く毎日。

一時期ガクンときた体調も、そうすることでやや上向きになってきました。
いや、正確にはきた「よーな」気がするのかもしれない。いずれにしても
この洗脳チックな夏バテ対策は、ニホンコンに合っているのかもしれない。

あとは医食同源、じゃないけれどちゃんとした食生活をすることで
この暑い夏を乗り切りたいと思います。こういう時、北京や香港時代、
現地の友人たちが食べていたものや言っていた言葉が思い出されます。

トマトもキュウリも炒めるのが基本の中華料理。生で食べるのは御法度。
コーヒー、ドーナツは熱が体から逃げないからNGと頑に拒む香港人。
毎日家族の健康のためにこしらえるという、香港母の薬膳スープ。
頭が下がるくらい、体のことを考えて食べ物を選んでおります。
いつかきちんと勉強したいものだと、好奇心まで出てきました。

とかいっても、「かき氷機買おう!」とか、全く矛盾したことを考えて
みたり、「でもあずきは体を温めるし」とか、相当あべこべな決意だったり
するのです。

暑いときこそ・・と呪文のように唱え 今宵も熱帯夜を過ごすとします。

7月15日 日本/香港


d0104254_2030724.jpg



(あなたのようにふんわり生きたいものです)
[PR]
by nihongkong | 2011-07-15 22:48 | Trackback | Comments(0)


【おもてな「され」】


d0104254_11583726.jpg



ニーハオ、ニホンコンです。
おもてな「され」ました。

こんだけ気持ちよくおもてなされたのは久々。
まずはホストである友人家族に非常感謝。

友人とは、もうかれこれ15年くらい前になろうか、
中国の山奥で1日だけ行動を共にした「旅の友」の男の子。
お互い日本で腰を落ち着けてから妙なご縁が重なり、
こうして男の子もオッサン、もといパパになっても、
ニホンコンはオバ・・いや母になっても、家族ぐるみで
交流があるのです。

彼は世界旅の中でベトナム料理に興味を持ち、そのまま
東京でベトナムカフェを開いた経験もあるガッツある起業家。
この日はその腕によりをかけた「アジアンなお昼」を頂くことに。

なんでも、3日くらい前から夜な夜な仕込みをして準備していた
との奥様からのタレコミ。そういやレストランの厨房みたいな沢山の
トレイやら調味料が入った銀の入れ物がずらっとしていたっけ。


d0104254_11501363.jpg



(こういう盛りつけは男の人っぽいよなー、と性差を言い訳するセコさよ)

さすがカフェをやっていただけあって、盛りつけにも食欲をそそられるが、
ニホンコンだったらこれだけで午前中は終わるよなーとかぼんやり思う。


d0104254_11494163.jpg



(揚げ春巻き、ハゼるらしい。君が揚げてハゼるなら我が家は火事だな)

揚げ春巻き、作り方と中に何が入っているのか聞くと、豚肉、エビ、
キクラゲ、長いもを入れてライスペーパーで巻いてうんちゃらかんちゃら・・
とかとか。キクラゲあたりからもう気が遠くなり殆ど覚えていない。


d0104254_11495011.jpg



エビのすり身の揚げサンド?食べながら作り方を聞くのだが、もう気が遠く
なるほどの行程。覚えているのは最後の「揚げてからトースターで焼く」だけ。
いや、毎日ご飯を作る身としては、上の調理行程が2つあるだけで却下だな。


d0104254_1221548.jpg



(アルジが「あと3杯はつるっといけた」と餓鬼のような発言をしたフォー)

出てくるものにいちいち「これはどうやって作るのか」「何が入っているのか」
などと聞きまくるニホンコン。別に「家でも作りたいから」なんてこれっぽっちも
思っていないのだが、この膨大な作業をイチからヒャクまで聞いてまわる。

それは、食に関わるプロだった友人の、3日前から入りっぱなしの職人
スイッチを賞賛すると共に、それを「ニホンコン家の来訪のために」という
枕詞を付け加えることで、それはそれは心地よい気分になりまくる。

そして、ホストのその「心意気」までも一緒に食してみると、その美味しさ
たるやもう、そこらのお外ご飯じゃ味わえないものになりました。

かなりのボリュームだったのに、「ああ箸が止まりませんの」と箸のせいに
したくなるくらい進む進む。おかげさまでほとんど完食してしまいました。

中国では必ずおもてなされ側は「少し残す/食べきれない程のごちそうを
ありがとうの意」が礼儀だったりするのだけれど、ここではきれいさっぱり
食べることが「最高」を表すと信じてペロリ。


d0104254_11495947.jpg



(シントー/後ろに映っているのは、今時期でこんなに黒くてどーするんだ、
のホスト家長女)


最後に出て来たのは、ベトナム風シェイクというかスムージー。
「シントー」。名前が覚えられずずっと「シントー滅却すればベトナムは・・」
と唱えていたのだが、氷にマンゴー&ココナッツミルク&コンデンスミルク
が入ったもの。何でも友人がベトナムの屋台の亭主じきじきに教えてもらった
レシピで、その爽やかさとまったりさが、ベトナムの空気そのものみたいだった。
(最近は「行ったことないくせに想像で旅する」が得意技)

印象的だったのは、カフェの常連さんで後に結ばれたという、隣に座る奥様が
一口ごとに「ああ〜懐かしい〜」と出会った頃の味を懐かしんでいたこと。
ああ、この人は「もてなされ軍」の私たちとはまた違うあの頃の気持ちも一緒に
味わっている「甘酸っぱい軍」なんだなあと眼を細めておりました。

こういう料理上手のダンナ様はいいなーと一瞬思うのですが、奥様いわく
「明日からの日々ご飯の基準レベルがあがったよー」と冗談交じりに笑って
いるところを見ると、やっぱりいいや、と却下。却下というよか、元より
向こうがニホンコンみたいなのを選ばないんだろうに、おこがましい。

いやあ、ホント、気持ちよくおもてなされました&ごちそうさまでした。
世の中の全ての外食産業が、このくらいの気合いとホスピタリティーを
もってご飯を作れば、どれだけ美味しい&幸せな世の中なんだろう、と
壮大な理想をも掲げてしまったり。

最後に、アルジに週末のパパご飯でも少し学ばせてもらえば、と提案したの
だが、学べたのはうっすら知っていた「真ん中高く盛る」くらいだった。

この日のホストの本気度は、かつてない程の気迫ゆえ、もてなしチャンピオンの
称号を勝手に送るとす。よってここにその功績をたたえ、記念品もへったくれも
送りませんけれど、今後とも末長くお付き合い下さいませ。

7月5日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2011-07-05 13:08 | Trackback | Comments(0)

    

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月