-nihongkong-


<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧



【グッバイ サイババ】

d0104254_23135813.jpg



「ハローサイババ」
こんな手紙をかつて書いたことがある、ニホンコンです。

「サイババ亡くなりました」というメールが複数の友人から届く。
どうやら彼女たちにとってサイババと聞くとニホンコンを思い出すそうな。

そう、もう10年も前になるけれど、私、インドでサイババに会いました。
(というと、たいてい「うっそー!」と盛り上がる、失礼だけど、ホント)

このサイババに会おう計画は、インド旅中に、インパクトのある土産話を!
という安易な考えもあったが、旅中に知り合った外国人の女性から
「サイババを一目見た瞬間、この上ない平和が自分に訪れ、全ての憂いと
不安がなくなった」と言われたのが気になっていた。

悩み多かった当時、これで一掃できれば一石二鳥だわい、とばかりに
ババ様のもとに飛んでいく。(ちなみにサイババの本名は「サイラム」、
ババは「神様」みたいなもので、日本人はババ様と呼ぶ)

サイババの本拠地は南インド。インド地図のへそ部分に位置する
バンガロールという街からバスで郊外の拠点にアクセスできる。

街全体はふんわりとサイババ一色。何だかピースフルな雰囲気が
漂うのは、作られている門や、ゾウのオブジェなどが全体的な
テーマカーラの「水色とピンク」で構成されているからか。

また、ここでは「おはよう」も「こんにちわ」も「ありがとう」も
「すいません」などの挨拶が、くだんの「サイラム」で統一されている。

朝は「サイラム〜」と言われたらおはようの意。「サイラム〜」で返す。
レストランを後にする時の「サイラム〜」は「美味しかったですありがとう」。

サイババの謁見中で、
「サイラム~、ちょっとサイラムが見えないのですが」と言われれば
「エクスキューズミー、ちょっとサイババが見えないので(体をどちらか
に動かしてください)」の意味。

最初相当戸惑ったのだけど、慣れてくると道行く人にサイラムサイラム
連呼している自分がいたり。

サイババに会うのは、早朝と午後の2回。
アシュラムと呼ばれる体育館みたいな場所に集まり、歌を歌ったり
しながら待っていると、ドアがふわ~っと幻想的に開いて
(ここらへんは『よっ!演出!』とか思ったり)ババ様登場となる。

どうやら世界中からファン(信者ね)が押し寄せており、巨大な
体育館もかなりぎゅうぎゅう詰め。

不謹慎ながらもファンと言ってしまうのは、その土産物やさんの
凄さ。サイババのプロマイドは勿論、カレンダー、目覚まし時計、
鉛筆、それからそれから、というように、ありとあらゆるサイババの
写真入りのグッズが売られているからである。ニホンコンもサイババ
ボールペンとサイババ指輪を購入したが、何十本と買ったボールペンの
半分は、土産としては多いに機能したが、ペンとして一切機能しなかった。

また、午後の謁見は一日のハイライト。
サイババが場内をゆっくりぐるっと一周回ってくれ、間近で見られる
大チャンスが訪れる。そしてサイババが何やら無作為に受け取って
いるのは場内に居る人々からの「手紙」。聞くと、手紙を受け取って
もらえると内容の願いが叶うとか何とか。

で、書きましたよ私も。「ハローサイババ」って。
しかも便せんなんかなかったから、途中で買った絵はがきか何かに。

毎日それを持って行ってサイババがぐるっと回るたびに絵はがきを
ひらひらさせてみるのだが、当然受け取ってはもらえず。「ちぇ、
こんなぎゅうぎゅうの中央でなく、もっと端っこに座ればいいのか」と
思うが、そもそもの志なんじゃないかと、今では思う。

また、席順は公平を期すためにかなり厳格な整列と着席を強いられ、
端っこ(要はサイババが歩く最前列)に座れるかどうかは時の運。
運よく端っこに座れた女性は、もう涙ぐんでいたりするゆえ、物見遊山
なニホンコンは、ほんとド真ん中座っとけばいいや、とさえ思う。

結局居られるだけ居ようと、1週間通いつめたけれど、手紙は
予想通り受け取ってもらえず、勿論願いも伝えられることなく帰って来た。

最後に。

ババ様、あなたのおかげで、インドの旅は忘れ難いものとなり、
いつかまた足を踏み入れたいと思うほど好きになってしまいました。

また、あなたの真似をして人生最初で最後のアフロヘアーに挑戦できました。
大好評でもあり、大不評でもあり、相当髪は痛みましたが後悔はしておりません。

最後に、当時の悩みは今となっては「忘れた」と言えるほどになりましたが、
新たにやってきた「親」というチャレンジに、悩みながら立ち向かっております。

グッバイ サイババ


4月28日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2011-04-29 01:33 | Trackback | Comments(0)


【高いところから徒然と】

d0104254_2145983.jpg



(おーっ!スカイツリー!)

ニーハオ、ニホンコンです。
高いところより失礼します。

都庁の展望台を久しぶりに訪れてみました。
免許の更新で赴いた都庁にて、講習までに時間が空いたので観光がてら
行ってみることに。こういうとき、タダでいける見晴らしのよいところは
なんとも気分がよい、とオバハンみたいなことを思ったり。

また、「馬鹿となんとかは高いところが好き」のなんとかの部分には
ニホンコンが入るのではないかと思うくらい、ワタクシ。高所
のぼりたがり症であります。あの下みてひやっとする瞬間がタマラん。

朝イチで駆けつけた都庁ゆえ、どうせ展望台もがらんどうだろうと
タカをくくって行ったものの、思いのほか普通に人がいてビックリ。
みんな相当暇だなーと思いながらも結構ひとり楽しむニホンコン。
オマエが一番暇人だよ、って。

ぐるっとしていると、平日の朝イチから人がいる理由がなんとなく
分かったり。そう、見たいのは皆「スカイツリー」なんだということ。

個人的にはあまり印象もなく、たいした盛り上がりもない塔ですが、
やっぱ見ると「おっ!スカイツリーだ!!」とうっかりはしゃぐところは
変わらない田舎モン根性のなせる技なのか。

あとは、お約束の東京タワーを見つける。
スカイツリーがそびえる現在、「ちっさ!」と言いたくなる衝動に駆られるが、
田舎の冴えない娘っ子時代、「都会=東京タワー」だった思い出があるゆえ、
今の光景もそうだし、ちっさいなーと思ってしまう自分にもちょっと寂しくなる。

その後受けた免許の講習では、新しくできたルールや法律、規制など多々あり、
東京の街並同様、こちらも日々変化している様子を知る。同時に、見せられた
交通事故のDVDは、頑張ってペーパードライバーから抜け出そうとする
庶民の可愛い意欲と鼻っ柱を、簡単なまでにへし折り、ぺしゃんこにしてくれた。

いろんな物事が、日々刻々と変わっているのを肌で感じる。
ただ、自分が依然として「オノボリサン」であることも、今日よく分かった。

4月20日 日本/香港

追記:新免許はICチップ入り。2種類の相性番号を入れこんだものなのだが、
果たして次回5年後の更新の際まで覚えているのか、自分を棚にあげて
隣に座ってたおじいさんを勝手に心配している。


d0104254_2145150.jpg



(高いところから下を見ると決まって娘が言うセリフ:
いえはまるでおもちゃのいえのようですし、ひとはまるでにんぎょうのようです
〜絵本「ひとまねこざるときいろいぼうし」〜)
[PR]
by nihongkong | 2011-04-20 22:59 | Trackback | Comments(0)


【電話デ中国語】

d0104254_1356364.jpg



(よれよれのランニング率高し、夕暮れ時)


ニーハオ、ニホンコンです。
ようやく中華方面と電話で連絡がとれるようになりました。

別段回線が繋がりにくいワケでもなく、不在がちだったとかいう話ではなく、
かなり個人的問題。早い話、ニホンコン自身のつたない中国語でいろいろ話す
ほどエネルギーがなかった。

もとより、自分の語学運用能力の低さが問題なのだけど、
「外国語」の「電話」てのは、「会って喋る」よりも難易度が高い、ような。
特に漢字の国、中国語なんて特に。逆に言えば漢字の国同士なら筆談は
相当有効な会話手段。

電話代がタダ同然の香港で暮らしていた時は、夜な夜な香港友人たちと
長電話をしておりました。おしゃべりは非常に楽しいのだけど、ひとたび
ワカラナイ単語が出てくると、それが解明されるまでが、こと漢字文化になると
非常ーにややこしい。

こういう時、英語だったら単語のスペルを言ってもらえれば単語自体も
すんなり分かるし、分からなければ辞書もひける。スペルもアメリカのA、
ブラジルのB、チャイナのCと至極簡単な言い回しをしてくれれば聞き間違いも
なかろうかと。

で、中国語は違う。泣けるほど違う。

ずっと昔の話ではあるけれど、忘れられないエピソードがひとつ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会話のふとしたキッカケから「あんた忍者みたいだね」と言いたかった
電話の向こうの友人。ただ、ニホンコン、「忍者」が聞き取れず
「あんた〜〜みたいだね」しか分からず。

普段だったら聞き流すところも、自分のことを言われていると思うと、
気になって仕方がない、しつこいほど聞き返すが結果聞き取れない。
見かねた友人とのやりとりは、今でも昨日のことのように思い出せる。

友:「いい、じゃあ一文字ずつ言うから聞いて。まずは忍耐の『忍』」
二:「分かった!だってニンタイな日々だもの、それは聞き取れた!」

で、問題は「者」。どんな例題を挙げられても結局分からなかった
ニホンコンに見かねた友人がこう言った。

友:「いい、上には『土』って書いて」
二:「書いた」
友:「下には『日』って書いて」
二:「書いた」

友:「ハイッ、東北の方向から、西南の方向に斜めにセンを引いて!」

東北(右上)から西南(左下)に線を引く・・
書き順としてはめっちゃめちゃなのは同じ漢字の国の者として笑って
しまうのだが、電話で分かりやすく説明するには、ぜったいこっちのほうが
分かりやすい!と妙ーに納得してしまったり。

ただ、「あんたは忍者みたいだ」と言われたことは理解できたのだが、
どんなエピソードで忍者に思えたのか、しかも忍者といわれたところで
正直、嬉しいも悔しいも悲しいもナイ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こないだ電話をした友人は、北京在住できれいな標準語を話し、ありがたい
ことにニホンコンのブロークン中国語の中から意図を汲み取ろうとしてくれる
忍耐も兼ね備えている。

いろいろあった日々のことを話せた、自分の中国語がまだ通じた、という2点に
いたく喜んでいたところに、最後に降り掛かった一撃。

その友人の2歳になる娘に変わった瞬間、何も聞き取れなかった。
もちろん向こうも、イチ外国人が話す中国語なんてさっぱり理解されず。
ずっと友人が交換台のようになって、子どもが話すのを私に通訳、私が話すのを
子どもに通訳していた。

千里の道も一歩から。
語学の道も電話から、だとしたら自分は一歩も踏み出せてないのでありました。


d0104254_13555327.jpg



(分かりやすいマンホール。『汚』を電話口で説明するなら、三点の水に
数字の二を書いて・・その下のぐにゃら〜は何と表現すればよいのだろう)
[PR]
by nihongkong | 2011-04-15 14:35 | 中華世界 | Trackback | Comments(0)


【毎日かあさん〜保育園編〜】

d0104254_12154611.jpg



(娘2号入園式で頂いたチューリップ。早朝は逆光にてこれまた綺麗なり)



現在公開中の「毎日かあさん」という映画がある。本編では
ちょっとした「ええ話」的な展開らしいが、漫画はホント
バタバタのハチャメチャで、ニホンコンも本屋で立ち読みしながら
(買えよ、って?)左右前後垣間見ずゲラゲラ笑った記憶が。

いや、我が家もご多分にもれず、毎日かあさんなバタバタの日々。

本格的にあたらしい春がやってきた。子ども2人の保育園ライフの
はじまり、はじまり。

朝はノロノロ支度をする1号。だまってるとちっとも進まず。着替え始めて
15分で様子を見たら、パジャマのボタンが全部とれた、だけ(涙)
言いたかないけど「早くしなさいよー!」の怒号に「ワカリマシタ!」
と全くワカッテナイ声色の返事。それが着替え終わるまでに全く同じ
やりとりが2往復3往復ある。

2号も0歳7ヶ月で始まった保育園ライフ。
夜逃げかと思われるような大荷物で2人を自転車に乗せ、ハタから見たら
滑稽な曲芸状態でフラッフラなりながら園に到着。

園の駐輪場で、荷物をハンドルや子ども椅子の両側にぶら下げてくる別の
お母さんがおり、自分の滑稽さを棚にあげて「やじろべえみたいですね」
と失礼な感想を述べてみたり。

保育園では、持ち物全てに名前を書かなくてはならない規則。
共有にすることにしたお手ふきタオルは、可愛い名前アップリケでも
つけてあげようと思ったものの、思いついたのがさっきゆえ、タイムアウト。

タオルの脇にある小さなべろんちょ、の部分(タグというのでしょうか)に
太いマジックで表に2人の名前を連名で書きなぐり、裏にカタカナで名字を
書く。色気も可愛げもへったくれもない。しかもインクがにじんで字つぶれまくり。
「読めないのが家のです」と言おうか悩む。

0歳児はオムツにも名前を書かなくてはならないのだけど、もう面倒なので
娘1号に外注してみたものの、ひらがな覚えたての4歳児が書くのなんて、
字であってないようなもの。2号の名前「まい」が、「おい」になっている。
オイッ!

「『ま』の横棒は2本ダヨ!んで最後のマルはくるって丸めると
『お』になっちゃうから緩やかなくだり坂みたいにね」なんて言ってる間に
己で書いたほうが早い。

バタバタとお風呂に入り、ハイあんた座っとけ、あんた頭洗って湯船つかっとけ、
ハイ母さんテキトーに洗い流す、出たら出たで1号自分で体ふいといて、2号は
ちょっと床に転がしといていいかしら、で、母の髪の毛はいつ乾く?状態。
今なりたいものナンバーワンは「阿修羅像」。1本でいいからその手を譲って
くれないもんかな。

こんなアワアワとした瞬間がいくつもいくつもある毎日。
楽しいんだか、そうでないんだか。いや「楽しい」という概念自体が
存在するんだろうかとこねくり回したりするけれど、言葉を変えていうならば
「せいいっぱい」というのが今の状況なのかと。

そんな「せいいっぱい」を「張り合い」と言い換えるとして、母は
今日もまた小さき者の為にご飯つくってお風呂入れて寝かしたりするんです。


d0104254_12155573.jpg



(2号お気に入りのキリン。押すとプープー音がすることから、1号が命名した
のは「プープーさん」。母は「そのまんまプープーさん」にしたいところ)


4月6日 日本/香港


追記:そのまんま、と書いて思い出したが都知事選に知り合いが出馬している
ことば判明。以前働いていた音楽チャンネルで、番組のナレーターさんとして
一緒に仕事をしたことがある。毎度松岡修造並みの熱さなのか暑苦しさで
「お久しぶりー」と固い握手をくれたことを思い出しました。
どうなることやら都知事選、ですが彼なりに健闘して欲しいなと思います。
[PR]
by nihongkong | 2011-04-06 12:41 | まいにち母さん | Trackback | Comments(0)

    

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月