-nihongkong-


<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧



【貴重な絵本〜カロリーヌのせかいのたび〜】

d0104254_22413386.jpg



ニーハオ、ニホンコンです。
まず最初に告知から。

現在発売中のESSE11月号にニホンコンの「もじもじごほん」が掲載されました。
今や話題の「断捨離」などの特集もありますので、要チェック下され。
(あ、ちなみにニホンコンは219ページにおります)

コーナーは「子供が夢中になる絵本」とありまして、ニホンコンの
「もじもじごほん」は、なんだか「仲間はずれのまちがいさがし」
みたいな気分。という訳で今回は我が家の一冊を紹介。

「〜カロリーヌのせかいのたび〜」

第一子を出産する前に、「してみたい子育て」をイメージしていたニホンコン。
とかいっても今日の明日でキレイなお母さんにも手作りが上手なお母さんにも
なれっこないので、所詮「自分が育った環境」が手本になる他はナイことに気づく。

で、これだけは手に入れたいと思っていた絵本がコレ。


d0104254_22414986.jpg



「カロリーヌのせかいのたび」

小学館から出ているフランスの作家「ピエール・プロプスト」の
「カロリーヌシリーズ(全4冊)」のうちの人気な1冊。

これはニホンコンが幼少時期、楽しくて何度も何度も読んだ本。
これを見て「せかい」って色んなものを食べて、色んな人がいて、いろんな
いろんながあるんだな、と随分思いをめぐらせたものです。後に
「世界好き」になった原点ともいえる一冊です。

後に知人で世界一周旅行の旅に出た人が居るのですが、その人も
同じくこのカロリーヌが原点になったといい、お気に入りのページなどで
盛り上がったりしました。


d0104254_22421687.jpg



(オランダの旅、木靴に自転車。それぞれの動物たちに毎ページごとに
ドラマがあり、見る度に発見がある細かな描写)


d0104254_22422975.jpg



(インドの旅。トラに追いかけられたカロリーヌたちが考えた秘策)

しかし、これが絶版中の絶版で、超がつく程入手困難。
現在ではオークションでしか目にすることができない上に、
特にこの「せかいのたび」はほっとんど出てこない。

出たと思ったら「ン万」の値段までつり上がる程の熱狂ぶりで、競り落とすにも
落とせない状況が続く。

毎回予算オーバーすぎて地団駄を踏んでいるところに、アルジの一言。

「思い切って買わないと、そのうち市場から消えるって」

そう、「高値でも買いたい人=どーしても欲しい人」の取引が成立したら
多分よほどの理由がない限り放出はしないだろう、と。

そう思って、大きなお腹で夜中競ること競ること。「金にモノを言わす」
ような競り合戦は全く不慣れなのだけど、これだけは後世に伝えるワヨ!
と妙な使命感にすり替えて見事落札。

あれから4年が経ち、上の娘ももう4歳。
最初の頃は汚されるのが怖くてしまいっぱなしになっていたけれど、
そろそろ解禁してもよかろうと、たまーに出しては読み聞かせている。

いつの時代になっても良い本はやっぱり魅力があるのか、娘にも大好評。
最近は毎晩のように読んで読んでとせがまれているのだけど、
悩みがひとつ。

貴重品すぎて、触らせられない。
「あー、大丈夫大丈夫!ママがページめくるから!!」と言っては
指一本触れさせず、読んだ後は丁寧にクロゼットの高いところにしまっている。

娘が1人で読める日と、ニホンコンが娘に自由に触らせられる日と
どちらが早く来るのかは、今は全くワカラナイ。

それよりもショッキングだったのは、ニホンコン姉が別シリーズを
頂いたらしいのだが、値段が「古本屋で数十円だった」とか(涙)。
かたや入手に至るまで聖徳太子(古)、いや福沢諭吉までひっぱりだした
というのにこの差は何?!

読みたい方、どうぞ家に来て下されば、「読み聞かせ」致します。

10月25日 日本/香港


d0104254_22424554.jpg



(ニホンコンと世界一周娘が大好きなページ、北極の旅。ナイフで食べているのは
クジラの肉。左の女の子は、お礼に貰った石けんを食べてしまっております)
[PR]
by nihongkong | 2010-10-25 23:14 | Trackback | Comments(0)


【長い長いお産のハナシ〜最終章〜】

d0104254_10495599.jpg



(産後2週間足らずで疲労のため高熱が。アルジの手製お握りとメモは
よい薬になりました)

さて、マジで助産院に帰ることになったニホンコン。
足元はフラッフラのガックガク。助産婦さんに抱えられるようにして
分娩室を後にする。

【歩こう 歩こう】

そして「ハイ、階段降りますよー」と助産婦さん。
嘘でしょ!私このガクガクの足で平坦な場所ですらおぼつかないのに、
段差なんて無理無理!担架は?!タンカで運んで〜」と。

このときばかりは「担架」で運んで欲しかったが、担架も車イスも
果てまたエレベーターすらも無い昭和な病院ゆえ、残るは
自力で降りるのみ。

確か、宇宙飛行士が宇宙から帰還した際、無重力状態が長かったせいで
足の筋肉が衰え、抱きかかえられるようにしてシャトルから降りてきたのを
以前見たことがあるけれど、まさにあんな感じ。

マラソン選手だとか宇宙飛行士だとか、例えが壮大で申し訳ありませんが、
一仕事終えたそのときは、ホントもう「エベレストの頂きに立つ」くらい
壮大なものでして。

で、現実に戻り。目の前にあるは階段。
転げ落ちるときは助産婦さんと運命を共にすると覚悟し、一段一段
あるようで無い感覚を噛み締めながら階段を降りる。

そしてそのまま呼んであったタクシーに乗って、一路助産院へ。
無銭飲食は「食い逃げ」というけれど、産んでさっさと帰るサマは
なんだか「産み逃げ」みたいな気分。

助産院へ帰るとスタッフ総出でお迎えしてくれ、ニホンコンはひとこと
「凱旋帰国です」と、よくわからないけど、なんかそれっぽいような
ただいまの挨拶。

今となってはいい話のタネができたワイ、なのですが、いやこれほんと
出産と同じくらい大変の一言でした。頭も朦朧としながら「イヤイヤ、これ
まじですか?」と何度思ったことか。


【入院生活は】

毎日日替わりで訪れる指圧やアロマの先生がいて、いかがですか?と
助産婦さんから声を掛けられる。「んもう私頑張ったんだもんね!」と
大いばりしながら片っ端から施術を受ける。ちなみにお代は
「入院費にツケて下さい」と、料金も聞かずに勝手にツケ支払い。

結局1泊延泊なぞして、通常4〜5日で退院のところを、お産前から
数えて計1週間滞在。ご飯も美味しく、極楽浄土の旅。

結果しんどい思いをしても帰って来てよかったなーと。


【よいお産とは】

「2人目は早いよー」と神話だか伝説のように言われた2回目のお産は、
安産どころか予想外のドタバタ劇。友人各位からも残念だったねと
声を掛けられるのだけど、あれ?残念?いや全然残念無念じゃないんですが。

確かに、直前までは「理想のお産ができなかったら、その後の育児に
支障が生じる」と、ドンヨリしておりましたが、お産が終わったら、そんな
思いは一切なくなっており、むしろ「それでも素晴らしいお産だった」と
胸を張って言える現在。

思うに、その人が「よいお産をしたい」と思っていれば、如何なる形であれ、
実現可能なんだと。ニホンコンの場合、それは産前〜退院のその瞬間まで
グラグラのニホンコンの気持ちと体にずっと寄り添ってくれた助産婦さんという
存在と家族が、今回のお産の大きなウェイトを占めました。

それぞれとのコミュニケーションによって、全員にがっちり支えられている自信と、
皆で一緒に産んだという一体感を体験でき、ドタバタしたからこそ得られた
ものが沢山ありました。

退院の前夜は、もう、感謝と感動の思いの丈を立ち会ってくれた助産婦さんに
トツトツと語る。そこに燃え盛る火さえあれば「きみの〜ゆく〜みちは〜」などと
キャンプファイヤーよろしく「若者たち」でも歌いそうな勢いだったかと、
酒でもあれば、肩組んで朝まで酌み交わせただろうに、残念ながらお茶以外
出る訳もなかった。

長い長いお産の話は、このくらい。

「夫れ禍福の転じて相生ずるは、其の変見え難きなり」
有名すぎる中国の「塞翁が馬」の一節が、実体験を持って理解できた
この度のお産なり。

10月15日 日本/香港

追記:長文駄文にオツキアイ、ありがとうございました。
[PR]
by nihongkong | 2010-10-15 11:14 | まいにち母さん | Trackback | Comments(0)


【長い長いお産のハナシ〜終わらないお産はナイ〜】

d0104254_15492320.jpg



寝てばかりでラクだった1人目の育児とうってかわり、
起きてばかりで振り回されの日々。

ニーハオ、ニホンコンです。

お産の記憶が日いちにちと遠のいていくのを感じます。
思い出せないくらい遠くにいかない前に、えいやっと第三部。

結局提携先の産婦人科で出産が決まったニホンコン一家は、
朝ご飯を頂いていざ出発。

【病院へ】

この時点では気持ちもスッキリ。ここ2日ほど、アルジ会社行くの?
行かないの?娘の保育園はどーする?などと3人の体勢を整えるので
頭を悩ませ、同時に「振り回している」感いっぱいだったニホンコン。

病院のベッドに寝っころがった瞬間、「よっしゃ今日で終われるゼ!」
と心の中でガッツポーズ。

時を同じくして、助産院からもスタッフが2名到着。病院でお産
とはいいながらも、結局「場所が違うだけ」でほとんど助産院みたいな
気分。結局最後までこの2人と一緒に産み、上手い表現ではないのですが、
「ベッド間借り状態」だった、ような。

【いざ、点滴】

最初は軽ーいオナカの痛み。「そうそう!これを待ってたんですよね
アハハ!」と談笑できるくらい余裕。

その後、階段を一段ずつ駆け上るようにだんだん痛みも強くなる。
前回クスリは「毒盛り」と表現したけれど、失礼、これは「魔法のクスリ」と
言い改めたい。

近づいたり遠のいたりするのがお産の常だけれど、その遠のく時間を
ショートカットできると思えば有効。少なくとも自分にとってはよかったなと。

【いざ、分娩台へ】

もう、この場を借りて言いたい。「なんじゃあのブンベンダイてのは!」
これがお産のスタンダードになってるってのがホント不思議。

というのも、力が入らない。ドコをドウしていいのか分からない。
いやー、ほんと難しかった!でも経験してみてよかった、とも思う。

出産後の入院中は、助産婦さんを呼び止めては「3キロほどある
モノを体から出すにあたり、ヒトは重力ってものを使って産むべきで・・」と
長々と喋り、はてまたひとりの時には「ぶら下がり健康機(懐かしい)みたいな
『産み落とす分娩台』みたいなものを発明して特許をとって印税暮らしを・・」
などとソロバン勘定をしておりました。

(助産婦さん曰く、それだと『一気に産み落っこちる』になって危険とか)

【終わりました、そして】

長かったお産にゴールはやってきて、命のカタマリ、女児が誕生。
もう、「すがすがしい」の一言。そして「終わらないお産はナイ」
とあまりにも当たり前且つ平凡なニホンコンのコメントにも
「明言ですね〜」と褒めてくれるやさしい助産婦さんたち。

高揚感も相まって、ひとりいい気分を味わいながら
ベッドでゴロゴロして2時間、こっからが衝撃の展開。

「はーい、では帰りましょーう」

イヤイヤ、マジで?!ていうかドコに?
私まだヘロヘロなんですけど、足ガクガクなんですけど。

ハイ、ワタシ、産後2時間で助産院に帰ることになりました。

当初、入院は病院でも助産院でもどちらでもいいとは言われており、
入院部屋も見学していたニホンコン。まあ終わってから考えようと
思っていたものの、その後、別にどっちにするか聞かれる間もなく、
そこに居る人全員がニホンコンを「助産院に帰る人」として手続きをしていた。

いや、私そんなに未練がましい顔してたかしら。
私の顔に「帰りたい」と書いてあったのかしら。

いやいや冗談でしょコレ、と半ば笑いながらベッドから降りた時には、
床が目の前に〜!ああ私貧血なのね、なぜってこんなに「フラ〜ッ」と
するんだもの、と意識が一瞬遠のきながらも助産婦さんに抱えられる
ようにして分娩室を後にする。

この「フラ〜ッ」ってのは、フルマラソンのゴールテープを切った
選手がよろめいて監督などに毛布でくるまれるのに近い、ような。
んで少なからずの出血がある出産においては、そのゴール後に
牛乳瓶2本くらい献血して歩いて帰れってのが、そのときの
ニホンコンの置かれている状況だったと思う。

フラフラ記録は最終章にて。
これで自身の大変体験も消化&昇華されますゆえ、
どうぞあと1回だけおつきあい下され。

10月8日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2010-10-08 15:55 | まいにち母さん | Trackback | Comments(0)

    

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月