-nihongkong-


<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧



【家遊び〜だるまちゃんとてんぐちゃん〜】

d0104254_111980.jpg



ニーハオ、ニホンコンです。
変な天気が続きます。

さて、もう桜もちらほら咲き始めてきましたが、今年の東京の冬はめっぽう長く、
そして長かった。東京で過ごす週末はやんわり冬眠状態に入り、晴れても
ベランダ、なるべく家遊びに徹しておりました。

段ボールの家から早くも半年以上が経ち、時折周囲から言われる
「段ボールの家は・・」でようやく思い出す程度。折り畳んだが最後、
娘はその存在に気づいているのだろうか。

今年の冬で面白かったのは、何といっても「お面作り」。
娘が好きな絵本のキャラクターをお面にしようという試み。
今回は大好きな「だるまちゃんとてんぐちゃん」を作ろうということになりました。

「だるまちゃんとてんぐちゃん」はかこさとしさん作のシリーズ絵本。
ニホンコンも小さい頃、このシリーズ本以外にも沢山持っていて、作者のその
細かなところまできちんと描くさまを毎回違った楽しみ方で読んでいたものです。


d0104254_111235.jpg



こういう細やかな手作業は我が家ではアルジに任すとして、ニホンコンはコーヒーを
飲みながら傍らで見守る。アルジ、のっけからボールペンで輪郭取りをするなど、
「オイオイ下書きは鉛筆だろうに!」と心配するニホンコンを横目に慣れた手つきで
作業を進める。


d0104254_1113690.jpg



3歳にもなると集中力も出て来て、結構必死に絵具作業に没頭する。
「ああ、はみだしてるよ」とか「筆バサバサにしなさんな」とかとか言いたいことは
色々あるけれど、別にコンクールに出すワケでもあるまいし、天才画伯にさせたい
ワケでもなく、ここは好きにやらせるとする。


d0104254_1114997.jpg



完成したお面は、絵本から飛び出してきたかの如く、かなり完成度高いお面に
仕上がり、本人アルジともに大満足。この日はだるまちゃんとてんぐちゃんが
終日家の中をウロウロしたり、遊んだりしていました。

我が家は「ドコドコに行って何かをする/見る」という、子供が喜ぶような場所に
行くことが、公園くらいで普段はありません。勿論行ってもよいのですが、
「十分アイデアをひねればどこぞに行かずとも楽しく遊べる」と思ってしまい、
いずれ大きくなって行きたい場所を明確に表現できるまで、しばらくはこんな
パターンでよいのでは、と思っております。

ただ、こういう図画工作モノは、大人が楽しくなってしまいのめりこむ傾向にあり、
子供よりもムキにならず、あくまで子供目線で楽しもうと己に言い聞かせることが
大事だったりもします。


3月24日 日本/香港


d0104254_11105520.jpg


娘が最初に書いた「絵らしい絵」。
いやー、真似できん。
[PR]
by nihongkong | 2010-03-24 11:35 | Trackback | Comments(0)


【書を持って 旅に出よう】

d0104254_11465019.jpg



(あな羨まし、ひなたぼっこ)

ニーハオ、ニホンコンです。
片道20分の地下鉄通勤は、ぼうっとしているには長く、メールをするには狭く、
短時間ながらも丁度よい読書の時間。子供の寝かしつけで娘がうつらうつら
してきた時、寝てしまって長い夜を過ごす時間には読書は非常によい愉しみ。

丁度週末は修善寺へ旅行に行く予定。時間のあるうちに図書館に駆け込む。
旅行、というと観光チックに聞こえるかもしれませんが、ニホンコンの旅行は
行って帰るまでノープラン。総じて「ひるね、さんぽ、本」がメインイベントに
なったりする。

修善寺はそこに「土地の美味しいごはん&富士山を見ながらおふろ」が
入って来るのでまた格別。

日がな一日ゴロゴロしながら活字と触れる、またとない機会ゆえに、セレクション
にも気合いが入る。とはいえ、『本の虫』ほど本を知らないので、今のアンテナに
ひっかかりそうなものをチョイス。


d0104254_1147435.jpg



「偶然の音楽」/ポール・オースター
「町でいちばんの美女」/チャールズ・ブコウスキー
「白夜」/ドストエフスキー

中国中国と騒ぎながらも、旅をするなら、と想いを馳せるならば、まだ
見ぬ土地ばかり。今行けぬなら読むことで飛んでしまえと、ショート
トリップ気分で選んだ3冊。

最近のアメリカを、と借りて来たのは上2つ。あとは異色モノでロシアあたりも
入れてみようと、重たくなりがちな彼の作品の中でも読みやすそうなものを。

本は、知らない土地に自分を連れて行ってくれる、非常に素晴らしい
「居ながらにして旅」道具であり、また知らない日本語や表現に出会える
「賢くなるチャンス」を与えてくれる先生であり、それでいて自分の
言語化できずにいた感情を再確認させてくれる、友達のような存在でもある。

細く細く、か細くあろうとも、末永く本とは親しんでいきたいと思っております。

はて、これらの本。問題は、それをたかが1泊2日で読めるのか、って話。
旅の重たい「お守り」にならぬよう、じっくり、ゆっくり読書してきたいと
思います。

どなたか、よい本ご存知であれば是非ニホンコンにご推薦くだされ。

3月12日 日本/香港

追記:

ここ1ヶ月ほどは、映画の予習にと以前頂いた「三国志/全30巻」を読破。
(読む、というかマンガなのですが)映画の予習部分9巻までは読んだものの、
そこからの長い長い話はもう昼夜手放せず朝の通勤から夜の寝かしつけまで
側において一気に読み切りました。現在は、自分のことを「それがし」と呼び
そうなイキオイ。

ちなみに、自分が通勤電車で読み始めると周囲が何読んでるのか気になり、
覗き見しまくるニホンコン。ハイ、現在は圧倒的に「不毛地帯」が車両を占拠中。
[PR]
by nihongkong | 2010-03-12 11:59 | Trackback | Comments(0)


【香港土産一覧】

ニーハオ、ニホンコンです。
周辺が香港か中国な仕事環境なぞにいると、お土産もチャイナ一色に染まる日々。
最近頂いたお土産がスマッシュヒットだったので、以下紹介致します。


d0104254_22174311.jpg



【李錦記:蠣油(オイスターソース)】

言わずと知れたリキンキの代表作、日本で買うと「ビン代じゃないか?!」と
思われるほど少なくて、そして高い。いや、高くはないんだけど、香港と
比較するからか、やたら不経済に感じる。

買って来た本人も「ジャケ買いしました」と言うほどインパクト
大な絵柄&色柄。(社会主義国の政府プロパガンダみたいだ)。

ちなみににこやかに船を漕ぐ子供&女性の間にはドデカイ「オイスター」。


d0104254_2218047.jpg



【KNORR:鶏粉(チキンパウダー)】

ニホンコンからの事前リクエストとして挙げていたのは「調味料」。
出発してから「言うの忘れた!」と大後悔したこの鶏粉が入ってた時には
ホント、嬉しかったです。中華パウダーというと、「味覇」のようにその味
まんまになることが多く、飽きてしまうことこの上ないのですが、これは
素材の味を残したまま本場の中華フレーバーが入るという、絶賛モノ。
日本で見つけられないのが残念極まりなく、毎回お土産で頼んでいる。

唯一にして最大の難点を挙げるとするならば、空けると間もなく「固まる」。
おい、パウダーじゃないのか!と皆でブツブツ言っている。


d0104254_22181438.jpg



【枸子】

杏仁豆腐に入れればよいのだろうか、でも1粒2粒の世界だしなー。と、
持て余しております。どなたかよいレシピあらば教えて下さい。


d0104254_22183113.jpg



(Tempo:紙タオル)

香港人は、あまりハンカチを持たない。その代わり「絶対」というくらいこのテンポ
を持ち歩いています。ティッシュと思うなかれ、手もふけて、顔もふけるくらいの
極厚紙。それでいてゴワゴワしない。キヨスクなどで1香港ドル(約13円)で
売られています。

香港人男子のたしなみは、食前にはテンポをササッと取り出して女性の箸やコップを
洗ってくれ、食後にはサッとテンポを取り出して女性に「どうぞ」とするのが
『アタリマエ』。

テンポから話はそれるが、香港人男性はどんな小さなカバンでも「持とうか?」
と声を掛けてくれる。日本の文化で育ったニホンコンには、この「女王文化」は
最後まで慣れず、「小指で持てるから大丈夫」と丁重にお断りしていた記憶が。

あな、懐かしや香港。
またガッツリ遊びに行きたいものです。

3月5日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2010-03-05 22:50 | 中華世界 | Trackback | Comments(0)

    

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月