-nihongkong-


<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧



【北京でサソリを食べてみた】

d0104254_20595254.jpg



(サソリの串焼き、写真左はタツノオトシゴ。サソリは20元=360円に対し、
タツノオトシゴは倍くらいの金額)

ニーハオ、サソリ女、ニホンコンです。

北京でサソリを食べました。
ここ数年、北京に行ったときには必ずチャレンジするのが
「サソリの串焼き」。

初めて食したのは5年前。屋台街で見つけ、誘われるがまま食べたサソリが
「カッパえびせん」風味で非常に美味しかったのを思い出し、今回も
北京に行くならば旅の土産話のひとつに、と屋台街に向かったというワケだ。

向かった先は王府井。国内外問わずオノボリさんが集まる、
東京でいえば上野、大阪でいえば道頓堀みたいなところか。
(誰か「中国の銀座」と言った人がいたが、銀座とはまたちと違う気が)

そこには全国各地の名物がその屋台街にずらっと並んでいるのだけれど、
最近では日本からの観光客向けにタコヤキなんかもおいていたりする。

ちなみに、先に断っておきますが、サソリは北京の名物でも
何でもないし、中国人でもそんなに日々食しているものでもない。ようだ。
何故かというと、道ゆく人々が「見てみて!サソリ〜」といって怪訝な顔を
しながら屋台の前をウロウロしていたから。

サソリ屋台の周りには、常に10人以上の大人たちが、
皆「興味はあるけど、コワイ」。な表情で遠目で見て居た。
日本の屋台でそんなものあるか?と考える。思いつかない。

こういうとき、我れ先に!と口火を切るのは何とも気持ちがよい。
「オジさん、さそりを一串おくんなまし!」というニホンコンに
「オオ〜ッ」とどよめきがひとつ。

そして背中には「ちょっとコイツ食べる気ダゼ」な視線を
感じながら、心の中で「眺めるだけじゃ無いんザマスわよ!」と、
少しだけ優越感を覚えてみる。

けれども、あまりにも皆および腰な態度に、少々不安さえ
感じ始めたりする。あれ?5年前はもっとフラっと食べた筈なのに。
もっと皆気軽に口にしていた筈なのに。こんなにどよめかなかった
筈なのに。

と。

とはいうものの、異国にて注目を浴びるのは悪い気もせず、
ジュージュー焼き付ける屋台のオヤジを涼しい顔して眺めたり
しながら、待つこと5分。

オヤジから、その尻尾がブランブランしてやまないサソリの串
(5匹連なり)を受け取ると、いやはや通りがかりの人も見るわ見るわ。
注目の的でした。

「いやいや、たかがサソリ食べるだけなんです、そんなにジロジロ
見ないで下さい」と思いながらも、それまたちょっと勇者の勲章を
頂いたようで(勝手に)、しばらくその串をブランブランしながら
歩いてみる。

ニホンコン、あまりに注目を浴びたゆえ、なんだか落ち着かなくなって
ガブリと上から二匹、かぶりつくことにした。

と、瞬間。激痛が走る。

「い、痛いーーーーー!!!」

何かがニホンコンの口内を鋭く刺し、ビックリと痛いのでパニック。

これ以上噛んだら危険かも、と、二噛み目寸前でストップし、
しばし考える。

「サソリの毒にやられたかも」
「いやいやさすがに毒は無いだろう。焼いてるし」
「いやいや海外旅行はハプニングの連続であって」

と、グルグルと考えてみた結果。
それは「サソリの細くて長い手足」だということが判明。

ああ、命だけは何とか、と一番チキンハートだった自分に
情けないやら笑うしかないやらで、そこからは一気に
奴らをムシャムシャと食らう。

お味のほどは。
「油っこすぎた&しょっぱすぎて味不明」。

5年前は確か20代。きっとジャンクフードもそれなりに
食していただろう時代の味覚と、それからの5年間で
ハンバーガーを食べなくなり、和食一辺倒な生活を
し続けた我が身の舌は、相当な変化があったようだ。

勢いよく乗り込んだサソリ道は、意外にも的外れな
結末でした。

とかいって、また次回北京にいったらリベンジするような
気がする。いや、次はリッチに(?)「タツノオトシゴ」にトライだ。

11月25日  日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2009-11-25 21:39 | 旅/海外篇 | Trackback | Comments(0)


【ESSEモニター・イベント〜その2〜】

ニーハオ、ニホンコンです。
忘れないうちに記録をば。
もうしばらくおつきあいくださいませ。


当日、椿山荘は生憎の雨。折角の機会に庭園散歩でも、と思っていただけに
ちょいと残念ですが、雨の日本庭園もなかなかオツでした。

d0104254_131939.jpg



(写真右フロアの人だかりが開場入り待ちの行列)


d0104254_3431714.jpg



(開場内、聞くと1万人もの来場とのことで、ものすごい熱気と行列)

さて、残り3つの商品レポートなど。

【香りとデオドラントのソフラン】


d0104254_1365332.jpg



言わずと知れた柔軟剤。今回はあの話題の花「ブルーローズアロマ」。
ニュースでも相当話題になった「青いバラ」。その匂いって?と思いながら
実物を嗅いでみました(バラとはちと違う)。その柔軟剤とはまた21世紀な。

使っている方によると子供の肌荒れも心配ないらしく、安心して使えるとか。
でもその方、「乾燥機を使うからタオルがごわごわになりすぎないように」と。

乾燥機がない家と、ゴワゴワのタオル大好き!なアルジがいる家はどうすれば
よいのでしょうか、これから考えます。


【かどや製油】黒ごま&オリゴ


d0104254_332145.jpg



言わずもがなゴマ油のかどやです。新しいゴマ油でもでるのかと思いきや、黒ごま&オリゴのペースト。1500粒の黒ゴマが1本のペーストに入っているとのこと。


d0104254_345136.jpg



ゴマといえばセサミン(老化防止)と日々呪文のように唱えているニホンコンには
非常に気になる一品。アイスクリームにかけて頂くと、いやいやこれ
「黒ごまアイスじゃん!」な美味しさ。超〜美味しいです。

と勢いづいてホットミルクに入れてゴマミルクにしてみましたが、このペーストの
真骨頂はここにあらず、と実感。アイスかヨーグルトにかけるかそのままチューッと
吸ってしまうくらいが一番美味しさが味わえるかと。


【ナチュラルサイエンス】ハンドクリーム


d0104254_1382910.jpg


指も手もケアできて子供が口に入れても大丈夫な新商品(12/26発売)。
水もはじくようで、そういや手ばっかり洗ってるかあさん業には助かる。

ゴシゴシと塗りたくるニホンコンをよそに、「ハーイ、お肌は繊細ですからねー
ベールをはるようにそうっと塗ってくださいねー」と。早く言ってくれー。






というワケで、大量の商品感想となりましたが、ご清聴ありがとうございました。

ESSEのプラチナモニターは、今年5月よりはじまりました。
「日本/香港」がこちらでも見れる、というものなのですが、先日
かつての仕事先の友人より「エッセウェブを見ましたが、アンタじゃ
なかろうか」的なメールを頂きました。彼女曰く「チャイナテイストな
ブログがあり」というところに笑いましたが、20代のかつて、広告という
激務の苦労をお互い骨の随まで味わった身ゆえ、母というネクストステージで
また繋がれたことに嬉しく思っております。



11月21日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2009-11-21 00:00 | Trackback | Comments(0)


【ESSEモニター・イベント〜その1〜】

ニーハオ、ニホンコンです。

ESSEのプラチナモニターになりましたと5月頃、最後一行報告を
しましたが、モニターらしい話でも。


d0104254_1292430.jpg



先日、一路椿山荘へ。
ESSExリビング企画/Happy Shufu Festivalなる祭り、いえイベントに
参加してまいりました。

ニホンコン含むモニター方々100名強は別部屋「ブロガーズプレス」なる場所で、
6社ほどの商品紹介を聞くという時間があり。我が身はブロガーと呼ばれる身
なのか、と感心してみたり、ほほう今どきの広告もブログ時代なんだ、などと、
かつて広告という仕事をした経験があるニホンコンとしては新鮮な気持ち。


と、ここからは企業から紹介された商品の話なのですが、熱しやすく流されやすい
ニホンコンとしては、こういうラブコールにあっさり堕ちるタイプだと実感。
何故なら紹介された商品が「全部が素晴らしく見えてくる」のだ。

おそらく、自分のことを好きだと言ってくれる男性全員に惚れてしまう女性の
心情に近いんだと思う。人ごとみたいに言うのは、別にそんな全員に惚れられる
状況もなかったから。


d0104254_1312857.jpg
【キューピー】 レンジで手作りシリーズ

茹でてかけるレトルトソースとはふた味くらい違い。1つは「具材を各々でいれたまへ」という「ひと手間」掛けさせること。もう1つは「レンジでパウチを折ってチン」。

何でもその専用パウチは、空け口を上に折ることで圧力鍋の役割を果たすらしく、美味しく仕上がるとのこと。

トマトでポモドーロ、あさりでボンゴレ、しめじでガーリックバターの3種類。
今どきのレトルトパスタってものすごいことになっているのね。と大きく頷く。


d0104254_1335814.jpg
【マルホ】2e(ドゥーエ)シリーズ

資生堂が製造しているという知られざるスキンケア。病院や調剤薬局などでの販売らしく、道理で見かけないと思った。紹介されたのは「保湿ミスト」。担当者の方より「こういうスプレーって缶を振って使う方が多いですが、ガスが抜けてしまうので絶対振らないで下さいねー」と言われた矢先に手にした右手を大きく振りかぶってしまうニホンコン。化粧の上からでも使えるとのことで、大きく円をかくように3周。オオ〜ッ。

他人のエビアンスプレーをたまに借りるだけのニホンコンには、超新感覚。


d0104254_1363335.jpg



【あきゅらいず美養品】
四十路を越えているらしい社長ともうひとりの社員の方がすっぴんで話をして
いたのが印象的。要は肌の原点回帰を目指すスキンケアなのですが、
肌がきれいになったから人前にすっぴんで出れるのか、元々美人だからすっぴんでも
大丈夫なのか、卵が先かニワトリが先か。

「三十代のすっぴんは無礼」くらいに思っていたニホンコンには衝撃の一打。
いつから?原点(いつの時代の?)回帰する(ホントにするんですか?)か、
聞こうと思いつつ後に訪問したブースは超満員。誰か教えて下さい。


各社プレゼンでのニホンコンは、毎度毎度「ホホ〜ッ、スゴイ」の連続。
担当者が熱っぽい声で「すごい画期的な商品で」に加えて「頑張って
開発しました!」なんて言われた日には会ったこともないその
「頑張った人々」に情が移りまくり、まだ見ぬ彼らが作った新商品に
そりゃあ清き一票でもエンヤコリャ、となってしまうのです。

長くなりそうなので、今日はこのくらい。

11月20日 日本/香港


d0104254_1304855.jpg


(あでやかなところでした、椿山荘フォーシンズンズホテル)
[PR]
by nihongkong | 2009-11-20 00:00 | Trackback | Comments(0)


【ニッポンの伝統・七五三】

d0104254_0393319.jpg



ニーハオ、ニホンコンです。
11月、落ち着いたと思った瞬間、香港と北京よりそれぞれ
中国人朋友が来訪。海を越えた友情がこんなにも長続きすることに
嬉しく思いながら、結婚報告や子供紹介などで盛り上がる。

さて、そんな相変わらずチャイナな日々の間に、今年の大きなイベント、
娘の「七五三」をしてきました。


d0104254_039082.jpg



「七五三て?」と聞かれたときに中国語で答えられるようにしておいた
ものの、「何故女の子は三歳と七歳で、男の子が五歳なのか」と
うろ覚え部分をつつかれて焦った。(三歳は髪置、五歳は袴着、
七歳は帯解というのですね)

気を取り直して七五三の話。
場所は現在の住まいからほど近いお宮さん。静かで荘厳な雰囲気が
気に入っており、事あるごとに此処に来ている。


d0104254_0392091.jpg



そして、何よりもニホンコンにとって「親になったなあ」と実感させられる
1日だった。初めての娘の着物姿に、皆さんから掛けられる
「本日はおめでとうございます」の言葉。こんなハレの舞台は我が身の
結婚式以来と思うと、ついつい「イヤイヤ、どういたしまして」と、
照れそうになるのだが、オイオイ、アンタじゃないよってばと我に返る。


d0104254_0395877.jpg



同時に「日本人だなあ」としみじみ。
中国人朋友から「日本人は伝統をとても重んじる国民」と言われ、改めて
日本文化の素晴らしさを実感。ニホンコンが思うに、現在は「グローバル」
という言葉と引き換えに薄れつつあるのではと思っていた伝統性は、
外から見るとまだまだ残っている部分は多いようで、嫁入り先のお餅つきしかり、
そういうものは丁寧に守っていかねばとも思ったり。


d0104254_0401450.jpg



(全員正装。お祝いに駆け付けてくれた保育園仲間が余りにも普段と違いすぎる
我々を最初認識できなかったと)

ぐずったら最後な三歳のお着物は、本人も割とうっとりしながら喜んで
着ており、遠方より駆け付けてくれた祖父祖母たちも目を細めて
嬉しそうに娘の晴れ姿を眺めていた。

初の写真館での家族写真、初のご祈祷に緊張しまくりな我が家。
お祝い膳の美しさにこれまたニッポンを感じ、皆でひとしきり見とれて
いました。


d0104254_0402876.jpg



(お素麺で作ったという紅白の水引、繊細すぎて感動)

子供と一緒の生活は、子供時代をもう一度たどれるところが面白い。
自分が三歳に行って忘却の遥か彼方にある記憶が、こうして親として
参加することでたぐりよせることができるのも醍醐味のひとつ。

そして、この日は「ニッポン人の母さん」的な時間を頭の先から爪の先まで
満喫することができた。そしてまた、この素晴らしい日本文化、次の機会には
ぜひともお隣の中国の方々に伝えてあげたいと思っている。きちんと、ね。


11月13日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2009-11-14 01:13 | Trackback | Comments(0)


【週末のパパご飯】

d0104254_17334711.jpg



ニーハオ、ニホンコンです。
先日、娘が通う保育園の先生より、こんなことを言われました。
お昼のハム&チーズサンドをおかわりしたいと言う娘に、もう残りがなく、
「おうちでママに作ってもらおうね」と先生が言ったところ、娘はこのように
言ったそうな。

「パパにつくってもらう。」と。

ガガーン!と打ちひしがれる母、ではなく「ラッキー私食べる係」
とあっさり台所における主の座を明け渡す。

そう、パパご飯は 美味しい。

週末に台所に立つパパことアルジは、別に今をときめくお洒落な
ご飯を作るワケでも、凝った料理を作るワケでも、うなるほど沢山
レパートリーがあるワケでもないのだけれど、なぜだか美味しい。

そして、赤だの黄色だの青だのを使いながら作るご飯は、
間違いなく娘のハートを射抜いているようだ。


d0104254_1734084.jpg



おそらく娘は先日のこのサンドイッチを覚えていたようで。
そこらの食パンとそこらの野菜とお肉をチャチャチャと炒めて作ったようで、
近年のブログブームにおける「こんなの作りました」にしてはビジュアルが
昭和すぎるのだけれど、いいんです。(家族で食べるだけなので)

作業中をちらりと見ると、どうやら塩コショー以外にもニンニクやらショウガ、
そしてスパイス棚から忘却の彼方にあったなんちゃらパウダーなどを
沢山引っ張りだし、色々使っていたっけ。

こういうマメさが自分にないことが、アルジとの決定的な味の違いなんだと
思ったものの、自分は食べるサイドを楽しめばええじゃないか、と一瞬で
開き直る。

娘はバクバク食べるし、ニホンコンも「美味しいよ、美味しいよ!なんだか
『チンジャオロースー』みたいな味がして美味しいよ!」と本音を述べたところ、
「褒められてんのかそうじゃないのか分かりづらい」とサンドイッチマン不満げ。
(よく聞くと使ったコショーが台湾みやげの中華胡椒だったことが判明し、
青椒肉絲はあながち外れてなかったなと思う)

「男子厨房に入る」はスイッチが入ると細かな作業工程を惜しまず、
完成度の高い作品を仕上げるもんだとひとしきり感動。

アルジ曰く「プラモデルの感覚に近い」とか。ただ、そのキーワードが
出ると必ずガンダムの話題になるので、そこはふーんと生返事を
しながら「おいしいなあおいしいなあ」と味に集中。

週末の昼ご飯というと、既に殿堂入りしている「チャーハン」があるが、
奪い合いをしすぎて最近は「最初からニホンコン皿が一番大盛り」状態。
サンドイッチについては次回は是非大盛り(?)をオーダーしよう
と心に決めている。

11月6日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2009-11-06 23:12 | Trackback | Comments(0)

    

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月