-nihongkong-


<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧



【早朝の公園は賑やかで〜北京篇】

ニーハオ、ニホンコンです。

2週つづきで結婚式の2次会に参加。参加する度に、
それぞれの凝った演出にうなり、2週とも楽しい時間を
過ごさせてもらいました。楽しすぎて沢山お酒も飲みました。

しかしまあ、最近のおバックとやらは小さくて、最後のスペースに
折りたたみ傘入れるかカメラ入れるか悩んで、結果降らなかった
傘を入れて大後悔。

近況はさておき、北京の朝がおだやかでない話でも。

中国の朝は、早い。
そして皆早くから公園でいろんな活動をする。

どんなに朝早くてもご老人を中心とした沢山の人、人、人民という人民が
どの公園でも集っている。一体ぜんたい何時から集っているのかが不明。

朝公園で娘でも遊ばせようとやってきた公園「地壇公園」でも、その広大な
敷地の中で繰り広げられる朝模様は純粋に「うわ〜中国にやってきたー」
と思える光景から、「なんじゃこれ!」的なものまで様々。写真とコメントで
紹介します。


【太極拳など】


d0104254_9345821.jpg



手前が太極拳。太極拳は大規模小規模問わず至るところで行われていて、
だいたい真ん中に仙人みたいなマスターが居る。剣を持ったのは、これも
よく見る光景。ゆっくりと剣を振りながら行う拳法の一種らしい(いつも
尋ねた矢先から忘れるので名前が分からない)。たまにビシッと決まる姿が
老若男女問わずカッコイイ。


【鳥の散歩】


d0104254_93582.jpg



中国では、リタイア後に鳥や魚などを買うのが楽しみのひとつ。
鳥はこうしてカゴに入れて朝散歩をさせてやるのが習慣なのだけど、
その時必ずカゴをぶーらんぶーらんと前後に揺すりながら歩くのが特徴。
何でそうするのかと聞くと、そのほうが運動になるとか、鳥が喜ぶとか
枝木に捕まる力が付くとか、帰って来る答えはまちまち。「その覆い、
取ってみてよー!」とお願いするニホンコンに、子供だか孫だかを
見せるような嬉しそうな表情をするおじいさん。我が鳥を愛してやまない様子。


【ストレッチ】


d0104254_9352061.jpg



いやー、自分がこのヨーダくらいの年齢、失礼、このおばあさんくらいの歳に
なってこんだけ足があがるかと思うと、無理。特に年配の女性に多く見られる、
ストレッチ。特に写真のように木を使うものが多い。写真こそ取れなかったけど、
他には4人くらいが大木をぐるりと囲み、木のデコボコ部分に背中を付けて左右に
動きながら運動?なのかストレッチ?なのか果てまた単に指圧感覚で心地よい?
という光景も。


【ダンス】


d0104254_9353186.jpg



これは近代はじまったものかと思われるが、ジャズダンスから社交ダンスから
様々。年齢層もぐっと低くなり、オバサン達が増える。動きも簡単で誰でも
できそうなので、これ関連はいつも大所帯で活動している。一瞬最後尾で
参加しようかと思ったものの、90年代ディスコナンバー「恋のマカリナ」という
選曲も嫌だったし、妙な振り付けも恥ずかしかったので、遠くから薄目で
眺めるだけにした。


【荷物】


d0104254_9354350.jpg



飲み物やタオルなどを入れているんだろうなー、やっぱ中国だとバック文字も
中国語だよなーと当たり前の事実に感心しながら記念に写真を撮っておいたが、
よく見たら「オレンジバック!糖尿病?」と急に心配になってきた。


【水習字】


d0104254_9355593.jpg



多分ニホンコンが中国人だったらこれをやりたいな、と思う一番好きな光景。
筆に水を付けて地面に字を書く、水習字(正しい呼び方は何ていうんだろう)。

筆を見るかぎり、こういう専門のものが売られていて、これさえ買えばあとは
バケツに水くんで、あとはひたすら一人で黙々と書いていくという作業。
そして書いては自然に消え、そして書いてはまた消えるという繰り返し。
いつもは「貸してよ貸してよ!書かせてよ!」と強引に筆とバケツを奪って、
奪ったものの何書いてよいのか思い浮かばず、自分の名前を書いては
満足していたのだが、今回は達筆すぎるほど達筆で、声も掛けられずにじっと
見入ってしまった。やりたい!

ただ、自己分析する限り、ニホンコンは群衆から離れてひっそりこのような
職人道を極めるタイプじゃなく。おそらく、いや間違いなくジャズダンスの
最前列で時代錯誤なハイレグを着て、その妙な踊りを踊ってると思われる。
ただ、憧れ続けているのは事実なので、踊った後にそのままのレオタード姿で
コソコソと隅に行き、おもむろに筆を持ってヘタクソな字を書こうかとも考える。


中国に行った暁には、是非早朝の公園にでかけてみて下さい。


8月30日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2009-08-30 10:55 | 旅/海外篇 | Trackback | Comments(0)


【本当に快適なホテルライフ〜北京侶松園賓館〜】

d0104254_12335850.jpg



ニーハオ、ニホンコンです。
まだまだ暑い日が続きます。

前回からぐっとホテルは変わり、快適なホテルライフのお話をば。

北京のホテルがハズれだったニホンコン親子。
慣れて来たのでそのままステイでも良かったのだけど、思い切ってホテルの
引っ越しをすることに。

たいそうモッタイナイ話ではあるけれど、旅なんざそう何度もあるわけではなく、
1泊くらいのの贅沢なら、いっそしておいて損はないかと。

というかニホンコン親子の場合、引っ越したほうがマトモな思い出が作れるだろう、
と判断。

泊まったのは気に入っているクラシックホテル「侶松園賓館」。
下町の胡同(路地)にたたずむ、四合院という昔作りの平屋をホテル。
以前貧乏ひとり旅で宿泊したことがあるのでいつか!と思っていた場所。

この「いつか」は「いつか普通の部屋に泊まりたい」の意。

前回は地下にある1泊500円のドミトリー。窓がない為、朝が来たのが分からず、
同室になった多国籍なルームメイト(3人部屋)に時間を聞いてノロノロ起きる日々。

外のおんぼろシャワーは「目をつぶって入れば超快適」という環境。まあ
払ってる宿代が宿代なだけに、「劣悪な環境」と叫ぶわけにもいかず。
いつかこの地上の部屋に泊まってやろう!と願ってやまなかったという話。

場所はタクシーの殆どの運転手が知らない通り。4年前の記憶をたよりに
ナビをしながら、最後は車が入れない為、重たい荷物とベビーカーに乗せた
娘と細々したカバン類をひとりで運ぶ。

しんどかったのはホテルの入り口まで。そこからは快適この上なく。
(あ、ここでいう「快適」は『何も起こらない』です)
ただ、楽しいと特筆すべき点が殆どないので、つらつらと写真でお届けします。


d0104254_1224270.jpg



(古いホテルは天井が高いところが素敵)


d0104254_1225958.jpg



(手前の中華なぼんぼりはいつか我が家に置きたい)

念願の部屋はやっぱり素敵。いささかやりすぎ感溢れんでもないが、中国に
来たんだからこのくらいの気分は味わいたいものだ。


d0104254_12235022.jpg



(調度品もいちいち古めかしくて面白い)


d0104254_124022100.jpg



(でも窓の外はやっぱり中国だったりするが、全体的に綺麗と汚いが共存しまくる
国なのでさして気にならない)


d0104254_12255382.jpg

d0104254_1226868.jpg



やはりここにも中国式は沢山あり、クーラーが付かないとスタッフを呼んだところ、
「リモコンを水平ににして、クーラーに向けて真っ直ぐに電波を飛ばさないと
着かないんだってば」と。その時はいたく感心して「すごいー!」とうなったけど、
やっぱ何かが違うような。


d0104254_12271453.jpg



(ぐるりと囲まれた中庭はレストランになっていて、明るいうちから夕食を食べる。
北京は緯度が高いので、夏は夜20時くらいでもまだ明るい)


d0104254_12272750.jpg



娘はこのホテルのことを「赤いおうち」と呼んでいて、今でも記憶に残っているよう
だけど、本人殆ど寝ていました。

中庭でご飯を食べながら、そのあまりの快適さに悔しさも倍増どころか100倍で
「なんだよー!最初からここに来てりゃよかった〜(涙)!!」と地団駄を踏む。

ホテルは寝るだけ、と考える人も多いかもしれません。
ただ、子連れとなるとホテルを拠点にして少し動いては帰るというパターンになるし
夜は早めに寝る娘と運命共同体となるため、どんなにエネルギーが余ってもホテルに
居ざるを得ない。

「やっぱりホテルは重要だわ」。
当たり前すぎるようなことを、渡航後のホテル引っ越し後に悟る。


8月21日 日本/香港


追伸:ちなみに、地下のドミトリーはそうは言っても「ものすごい楽しい」。
同室の多国籍軍でご飯を食べたり(中華は人数が居るに限る)、遊びに行ったり
と、思いがけない旅の展開が期待できる。

環境がよいところで静かに過ごすか、環境は劣るけれど予想外の旅の
可能性があるか。どちらも好きだけど、1人だったらまた地下に潜るかも。
[PR]
by nihongkong | 2009-08-21 13:50 | 旅/海外篇 | Trackback | Comments(0)


【〜腹をくくって〜快適なホテルライフ】

ニーハオ、ニホンコンです。

先週誕生日ネタで話題がそれましたが、またチャイナネタに戻ろうかと。

旅は気持ちの持ちかたひとつで随分変わるものだが、何でも前向きに捉えれば
悪いものも悪くなくなるし、しんどいことも楽しいと感じられる、とよく思う。

「旅のホテル」

今回探しに探した「北京6日間フリープラン(エアー&ホテル)」のツアーは、
「直行便の航空券」よりも何故か安かった。

モノには値段がある、安いには理由があるとはよく言われているけど、
いや、まあ言っても日本の会社が企画してるワケだしと、
そこは想像しうる範囲のホテルだと信じていた。



着いた瞬間、その薄暗いフロントと無愛想なお姉さんを見て、
「こう来たかー」と納得。外観もかなり渋い感じで、ややどんよりする。
道路を隔てた向かい側にきらびやかな5つ星ホテルが目に入るのも
よけい気持ちを沈ませる。

残念なのは、外観を撮ってこなかったこと。
まあ次回行った時もでも、と思うが、普通の古ーいビルディングがゆえ、
多分素通りしてしまうと思われる。

このホテルは朝食付きというので喜んで朝フロントにいくと、紙っぺらを
渡され、「横のレストランに行け」と。

そこにはチェーン店の包子(肉まん)屋さんが1件。
肉まんかよ!!と言いたくなるが、郷に入れば肉まんなわけで、
バイキングを期待した自分が外国人すぎましたスイマセン、と戒める。

d0104254_1630485.jpg


d0104254_1630199.jpg



(一心不乱に卵をむくジュニア、割とガツガツ食べました)

両替ができない、バスタブがない(浴室はトイレも含めびしょびしょになる)、
隣の部屋の声は聞こえる、など難をあげればキリがない。さすがのニホンコンも
「いやー、これはちょっとなー」と思えるところで、あまりよく分かっていない
ジュニアが楽しそうにベッドで跳ねているのが唯一の救いだったりした。

ただ、人ってものはスゴイもので、ここはもう腹をくくって楽しもうと過ごせば
2日も居るとかなり快適に思えてきた。

無愛想だったお姉さんは1人だけで、他は割と人情溢れ優しく、冷蔵庫
なんかは30分も入れていればキンキンになるし(これは絶対おかしい!)
何でもささっと持って来てくれるなど、住めば都だった。

中国旅行には、「覚悟」というマインドコントロールも必要なのです。


d0104254_16571780.jpg



(窓からの景色は北京っぽかったなー)

8月11日 日本/香港

追伸:
ちなみに前々回からの続きでお話すると、空港を出てからまたグルグルと。
同乗する筈だった「ハマダさん」が泊まるべく宿に行き(行かなくていいよもう)
1泊分のペナルティを支払いに行ったのだが、道に迷う。(北京在住の
運転手さんじゃないんかい!とツッコミたくなる衝動にかられる)

「送迎でラクしたい」という当初の理想は、結果最もしんどい移動劇となった。
[PR]
by nihongkong | 2009-08-11 17:49 | Trackback | Comments(0)


【パパの偉業〜3歳の誕生日プレゼント〜】

d0104254_2333100.jpg



(パパの手作りカード、右下の指はE・Tではなくてジイジ)


ニーハオ、ニホンコンです。
祝!母さん3歳です。もとい、ジュニア3歳になりました。

今年の誕生日は完全に出る幕無し状態だった母ニホンコン。
大活躍したプロデューサー・パパ(アルジ)の話なぞ。

今年のプレゼントは「ザ・手作り」。

これまでアニバーサリーには奮発しておもちゃを買うものの、
あげた瞬間がピーク。その後の興味がどんどん落ちていく現実と、
以前、そこらにあった段ボールでパパッとアルジが作ってあげた
「即席お面」が大ヒットを飛ばし、今でも大事に遊んでいる。

「お金じゃないんだよなー」とうなづきながら、今年は手作りでいくことに。

作るモノは長いことアルジが温めていた企画、「お家」。

素材はこれまた段ボール。ここからは殆ど聞かされておらず、
知らない間に出来上がっていた。

どうやらニホンコン親子が北京旅行でヒーコラ言っている間に
1人週末に集中したようで、速攻完成。

娘誕生からいつか作りたいと手帳にアイデアをしたためていたという
『構想3年、実働半日』のバースデープレゼントは、誕生日当日に
初めてみたニホンコンもびっくり。

というか「すごすぎてコワイ」(笑)。

d0104254_2332085.jpg



(娘の大好きな黄色の扉、白いのがピンポンで側面に覗き小窓を用意)

d0104254_2333556.jpg



(カラーセロファンの窓。すみません、家が狭くてヒキの写真が撮れません)

これは屋根と本体が分解可能で、マジックテープで止まるようになっている。
ペタンコになるので、部屋の隅やタンスの裏にでも押し込んでおけば場所も
取らないという狭い我が家を考慮して上手に作られていた。


d0104254_2335269.jpg



ところどころに小窓があり、かなり基地っぽさ溢れるつくり。ああ自分もかつて
こんなアジトみたいなやつが欲しかったなあーと思い出す。


d0104254_204739.jpg



(ちなみに日々中に呼ばれますが、超がつく程蒸し風呂です)

このテの家はすぐにヘニャヘニャになるのが難だが、中できちんと段ボールを
二重にして補強しているところなどは匠の技。「簡易宿」としての精度も
高く、「ホームレスになったら、この家に住みたいな」と思うくらいだ。

本当はもっと内装や外壁のペイントや絵など思いの丈は山ほどあったようだけど、
これは遊びの中で少しずつ完成させていったほうが面白いかと、わざと素のまま
段ボールむき出しにしているとのこと。

娘も心の底から気に入ったようで、畳んでは組み立て、遊んでは畳んでの毎日。
本当に思い出深く、アイデア満載だった生誕3周年祝い。

いつかニホンコンも「完全無欠のアイデア誕生会」を開くべく、今から作戦を
練っておこうと胸に誓う。

今年のプロデューサーは:
「この先どうすりゃいいんだ?!流れ星に名前付けなきゃいけない?!」と、
今後の夏の陣に向けて、楽しみでもあり、また戦々恐々としている。

娘には、「モノではない何か」の気持ちの部分が伝わっていればいいなと。
これが制作進行アルジと、傍観者ニホンコンの両親からの共通の思いです。


8月8日 日本/香港


d0104254_2342425.jpg



「湯上がりの 扇子の風や 三才孫の笑い顔」 
(孫の成長を詠んだ風鈴」は恒例ジイジの作品。ニホンコンも
毎年楽しみにしている夏の風物詩)
[PR]
by nihongkong | 2009-08-08 02:36 | Trackback | Comments(0)


【近くて遠い国、中国】

d0104254_2381688.jpg



怒濤の7月がようやく終わりました(涙)。
ニホンコンです。

1ヶ月も経ってない旅を、もう10年前の長旅のような
遠い目をしながら思い出している日々。ああ濃かった。

今回の旅で一番肝に銘じたのは
「如何なるツアーにも入らん!」でした。

【空港にて】

ぶっきらぼうな日本語を話すガイドさんに会えたまでは
バンバンザイだったニホンコン親子だったのだけど。

「私はオウです。ちょっと待ってください。あと1人待ってます」と。

どうやら、乗り合いバスのような形で行くらしい。
元々そうなるかも、の話は聞いていたし、まあしばらく
待ってりゃ来るだろ、と思っていたものの。

アレ?ちょっと待てヨ。
ニホンコンが荷物をピックアップしたときには、もう
残り5個くらいしか無かったような気がする。

まあ出てこないこともなかろうに&一応初対面ゆえ遠慮して、
そして待たされること30分・・・

さすがにシビレを切らして言いました。
「あのー、まだですか?遅いんですけど」と。

その時、「カーン」と、ニホンコンの中ででゴングが鳴った。
中国の旅は、今はじまったんだ、と。
まずはガイドさんをやっつけなければならない。

ガイドさんをパンチする理由はどこにもないのだけど、
このままニコニコしながら待っているといつまで経っても
向こうペースでは一向にコトが進まないのは明らか。

ガイドさんも「まあまあ待って」と適当に我々親子をあしらい
自分の任務を遂行することのほうに比重をかけまくり。
そりゃそうだわな、仕事としては初対面の人をどんだけ待たせようが
頭数を揃えてホテルに送り込むほうが重要度は高い訳で。

で、20分が過ぎる。こちとらもう1時間近く待ってるんですが。

どう考えても残り5つの荷物の1人が待てど暮らせど出てこないのは
オカシイ!と思い、またもやガイドさんに詰め寄る。
(以下ニホンコン「ニ」/ガイドさん「ガ」)

ニ:「で、一体ぜんたい誰なのそれ?」
ガ:「ハマダさん」
ニ:(誰だよハマダさんて?!知らないよそんな人!←当然だけど)
 
ニ:(気を取り直して)「じゃあ呼べないいじゃないですか、『ハマダさーん!』
『ハマダさーんはいませんかー?』」「早くアンタも呼びなよ」
ガ:「ハ、ハマダさーん・・」

ハマダさん、現れず。

自分が見ず知らずの人に1時間近くも待たされる、ってのが
こんなにもイライラするもんだとは思わなかった。

落ち合えないのはイヤだけど、これでめでたく落ち合えたとしても
「さんざ待たされてプリプリしてる人&ガイドと落ち合えず不安で過ごし
ながらも結果赤の他人を待たせた人」で構成される乗り合いバスも
相当イヤだな、と一瞬思う。

そしてそろそろ、我々の限界点にも達して来た。こういう時は
中国語という言語のストレートな表現の特性と国民性をふまえ、
日本語的なやんわり調ではなく、要求をハッキリ言わないと
先方には伝わらない。

「もう無理です。こちらも子供がいることですし、これ以上ここでは
待てません」と。

日本時間でそろそろ12時になろうってのに、元気ではしゃぐ娘を
理由にするのは気が引けたが、時間も時間だったというのと、
自分がキレてるというのを必死に隠すため、最終手段を使う。

実際ガイドさんも携帯で連絡をしているときにも「子供が」という
箇所を強く表現していたのを見ても、やはりある程度正当な理由に
なるんだろうな、そんなことを思ってぼんやりやりとりを見ていたら。

「行きましょう」。とあっさりガイドさん。

オイオイオイ、そう来たか!

文句言って良かった、いやいやこの1時間がたった1分間のやりとりでこれ?
だったらもっと早くいえばよかった?というかハマダさん大丈夫なワケ?

と疑問は残りまくるが、とりあえず空港から離れられることが
嬉しかったので、そこらへんのモヤモヤはハマダさんと共に空港に
置いていくことに。

この時点で、日本の家を出てから丸12時間。
順調にいっていればこの半分でとっくにホテルに到着している筈。
近くて遠い国。それが中国。


8月1日 日本/香港

追伸:私事ですが、先日娘が3歳になりました。今週末はお祝いに便乗して
母親3歳の自分をねぎらってくるとします。


d0104254_2383453.jpg



(空港からの車、右がガイドさん)
[PR]
by nihongkong | 2009-08-01 02:42 | 中華世界 | Trackback | Comments(0)

    

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月