-nihongkong-


<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧



【サーフィン4年目の履歴書】

d0104254_024722.jpg



ニーハオ、ニホンコンです。
先日、1ヶ月振りのサーフィンをしに、一路茅ヶ崎へ。
と、書くは易し、行うは難しであって、サーフィン4年目になっても
まだまだ初心者の域を抜け出せずにおります。

数年前に見た女子サーフィン映画にいたく魅了され、自分もああ
なれると信じて初めてみたのがキッカケなのだけど、開始してすぐに、
それは「千里の道も〜」のほぼ千里地点だと悟る。

運動はむしろ好きなほうだった筈なのに、異常なほど苦戦を強いられて
いおりますが、それでも諸手を挙げて叫ぶのは「文句なしに楽しいぞ!」と。

全く上手でもなく、華麗でもなく、むしろ相当ダサい域に位置する
海上ニホンコンではありますが、もみくちゃになろうと、鼻から海水が
ザアザア出てこようと、たまーに乗れる1本で全て帳消しになるのが不思議。

遊び方は至ってシンプルで、波が来る→波に乗る→終わったらまた戻る
の繰り返し。ただそれだけの為に、大の大人たちが、大声奇声こそあげないけど、
ゆるみすぎたくらいの笑顔を浮かべ、結構はしゃいでいるスポーツです。

海の上でプカプカするのは、それだけでぼんやりできるため、普段家にいても
結局チョコチョコ動いてしまう自分には相当すっきりする貴重な時間。
潮やら海やら波とやらは不思議で、波に乗れるだけでなく、妙な煩悩をも
洗い流してくれるようです。

最近はようやく超ド級のヘタレ時代から超がつかなくなったくらいまで
上達し、大きくない波であれば、目を覆うほどひどくはない状態までには
なったと信じている。

サーフィンに欠かせないのは勿論「サーフボード」なんだけど、
これはもう恋人選び、いや人生のパートナー探しみたいなもの。
これがうまくいけばサーフィンライフも劇的に楽しくなるのだけど、
逆もまたしかり。ボードが自分に合わなかった初期は全くといって
いいほど上達せず、悶々とした日々を送ることもありました。

ようやく巡り巡って1本のロングボードに出会うことができ、
あまりモノに固執する性質ではない自分にも、なるほどこれが
「こだわり」てなものか、といたく感心しつつ、ぐぐっとオモシロ度が
増しているところです。

今年の夏は一気に上手になって一足飛びに「ダサい域」を越えたい、
と切に願うまで。

また、サーフィンをしている、というと「『サーファー』なんだ」と
返されることがあるのですが、わわわ!誰か側にいて今のやりとりを
聞いてなかったかと、密売人のような気持ちになる。いえ、
「ただの通りすがりのサーフィンをやってみようと思って始めたけど
全然へたくそな輩です」というのが正しいんだけど。

終始言い訳とヘタクソ自慢で、「弱気な趣味」に聞こえるかも
しれませんが、イイエ、本人至って図々しく、立派に1つの
週末レジャーに昇格しておりますのでご心配なく。


5月28日 日本/香港



d0104254_023075.jpg


(9'2"のシングルフィンでございますの)
[PR]
by nihongkong | 2009-05-28 00:47 | Trackback | Comments(0)


 【定額給付金で繋がるマカオの思い出】

d0104254_1811046.jpg


(マカオじゃありませんが、香港の金魚街にて)

ニーハオ、ニホンコンです。
我が家にも定額給付金の申請用紙等々が届きました。
別に給付金にモノ申すつもりも何でもないのだが、とあるニュースを
知って愕然としまして。

何でも、マカオにも定額給付金なるものが支給されるようで、その額、
日本円に換算して「お一人様7万円」だとか。なんだとー!!

確かに、マカオは人口の数も日本に比べて格段に少ないのと、何より
カジノというケタ違いの収入があるってことは忘れてはいけないんだけど。
給付金の額面自体が「マカオ最大のギャンブル」と揶揄する人もいたりする。

マカオといえばギャンブル、カネと欲が渦巻く空間、カジノなワケで。
24時間動いている高速ボートにのって、香港在住時代にはなけなしの
お金を持って遊びに行っていました。

当時のマカオはまだまだマフィアなどダークなイメージが払拭できず、
日本では報道されずともドンパッチ騒ぎなどがしばし起こっておりました。
といっても慣れない夜の世界に身を投じるのはエキサイティングなもので、
おびき寄せられるように一路マカオへ。

カジノについてまずびっくりしたのは、入り口&出口に並ぶありとあらゆる
銀行のATMと全てのクレジットカードが使えます表示。堂々と質屋までも
並んでいる姿は「欲望」という弱さを全て金に換えようとする魔物商売に
ただ見に来ました同然のニホンコン、のっけから怖じ気づく。

テーブルも最低ロット(掛け金)によって細かく分けられていて、奥の扉がある
部屋は、最低ン万円から始まるものらしく、遠目から覗くのが精一杯。
葉巻を加えたいやらしそうな成金オッサンがデンと座っていたり。

景気づけに真っ先に並ぶスロット(1回2ドル=30円)でコインを
すり減らしたり、また減らしたかと思えばじゃらじゃら出て来たり。
日本のパチンコすら1回いったかいかないかのレベルのニホンコンは
この程度ですっかり「ギャンブラー」な気分。

はて、来てみたものの、カジノといっても、知っているのは「深夜特急」の
香港・マカオ編で出て来た「大小ゾロメ」くらい。要は日本にもある
「丁か半か」のサイコロ3つ版みたいなもので、サイコロにコップみたいな蓋を
して、機械で3回振った目の合計が10より大きければ大、小さければ小、
三つ同じ目だったらゾロメというもの。

勿論赴くのは、最低ロット数百円の「庶民派」。50香港ドルだから750円。
確か、その本では、著者がサイコロを振る音を聞き分けてそれが見事に大当たり
しまくったと書いてあった。ニホンコンもどうせ無い博才で無駄に終了するより、
こういうほうがいいわい、と音をきいたものの、さして差はなく。

そうこうしてたら、怪しいカップルを発見。
油ぎった中国人男性と、化粧の濃い女性の訳ありそうな組み合わせ。
カシャカシャカシャと3回鳴って、「請客投注目(掛けて下さい)」のランプ
がつくと、女のほうはコソコソっと男性に耳打ちする、んでその男がチップを
どちらかのテーブルに置く、そして出た賽の目は男性が掛けた方と同じになる。

おいおい、何だよコレ・・。

2回ほど観察してから、この男と一緒にかけるべく、ニホンコンも
賽の目もテーブルも客の掛け方も見ることなく、その2人だけに注目し、
奴が掛けたのと同じほうに、ニホンコンも素早くチップを投げてみる。

で、これが大当たり。
もう1回やっても、同じように大当たりする。で、もう1回同じように
男を見てチップなげたら自分も投げる、そして当たる。

「このままいけば当たり続けるじゃん」と我が身の勝利を喜ぶ。
で、こっからが自身との戦いなのだが、ガンガン掛け金を上げていって
ボロ儲けの勝負をしたいとこなのだが、所詮1万円程度しか握りしめて
こなかった小心者の自分は、やっぱりチビリチビリとしか掛けられず。

そうこうしていたら、テーブルを取り仕切るディーラーも、この小額ながら
勝ち続けるド素人面したニホンコンを「なんだこの小娘」と思ったようで。

そこからはプロであるディーラーのほうが完全に上手。

男のチップの後に自分のチップも素早く投げたつもりが、投げたか
投げないかのタイミングでと終了ブザーが鳴る。そしてこう言うのだ。
「ハイ、あんたブザーより遅かったからこのチップ無効」と言って
そのまま投げたチップをニホンコンに返して来るという手できた。

それからは何だか秒単位の小競り合いみたいなのになって、
結局ギャンブルだかチップ早投げ競争なんだか分からなくなり、
興ざめして帰って来た記憶が。

ブザーならすなら私よりアノ男といわくつきの女の前に鳴らしてくれよ、と

ただ、後にも先にもこの1回だけが記録的に勝ち続けた夜で、
マカオのカジノというと、これしか思い出せないくらい、強烈な思い出。

で、結果プラマイどのくらいかというと、最初に負けた分とか、往復の船代とか
計算すると、結局ゼロか少しマイナスくらいかもしれない。

分かってはいたけど、ギャンブル運はなかったり。

5月17日 日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2009-05-17 18:29 | Trackback | Comments(0)


【お知らせ&妊娠中の文化活動報告】

d0104254_21462132.jpg

(夕食時のテーブル。こんなものがのっかっていたりします)

ニーハオ、ニホンコンです。
突然ですが、お知らせ。

今後ESSEという雑誌のweb上に展開されるプラチナレポーターというコーナー
で記事を書いていくことに相成りました。

何がどうなるのかというと、日本/香港(ニホンコン)自体は変わりませんが、
ESSE web内でも読めるようになったのと、そちらからだと、メッセージ受付
フォームなぞがあるようです。

http://www.fujitv.co.jp/esse/index.html
(5月11日より開始)

何はともあれ、末永く宜しくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日のお題は「妊娠中に読んだ本・マンガ・映画」なぞ。

最近ニホンコン界隈でご懐妊報告が続き、「妊娠中に読んでよかった本なぞあれば」
という質問があったので、今日はそんな話を。

かくいうニホンコン、妊娠出産そのものを一大イベント/祭りと称し、トツキトオカ
楽しんで研究する方向で過ごしておりました。沢山あるのですが、その中でも
勝手ながらお薦めを少しだけご紹介致します。


d0104254_21464179.jpg



◎まんが【今日もお天気(全4巻)】桜沢エリカ

「全4巻」ってのっけからマンガかよ!と言うなかれ。
ニホンコン、妊娠本や育児書を1冊も読まなかった変わりに、これをバイブル
にしているくらい、大好きな1冊。自宅出産から始まるこのマンガを読んで、
影響受けまくり、結果自宅出産に限りなく近い「助産院」という選択肢を
取ったくらいです。

食生活や現代医学との関わり方のスタンス(わりと自然派)など、当時は
かなり共感しておりました(現実はそうはいかないが)。子供の成長と共に
時折ひっぱりだしてきて、「そうそう!同じ同じ!」とうなずいています。


◎本【そういうふうにできている】さくらももこ

これもマンガかよ!と言うなかれ。れっきとした文庫本。文字です!
文字といいながらもちびまるこちゃんを見てるかのようにサクサク進むのですが、
「赤ちゃんの魂がやってくる瞬間」というくだりが、もう母なる宇宙!です。
この本を紹介してくれた友人も夢かマコトか定かではないが、そういう瞬間が
あったとのこと。妊娠報告をしたら真っ先に「じゃあ魂がきた瞬間教えてね」
と、当たり前のようにその時を待っていてくれました。

で、ニホンコンどうだったかというと、うーん、あれがそうだったのかも、
と思う一瞬はあったのですが、友人や本の内容ほど宇宙とはほど遠い。
長くなるので、この話はいつかまた。


◎映画【サンキュ、ボーイズ】

ドリューバリモア主演の母息子映画。
15歳で妊娠、出産をしてありとあらゆる困難を乗り越える話なのですが、
すごいのはどの時代設定でもドリュー自身が母親役をしており、
その七変化が圧巻だということと、羨ましいまでの母と息子の繋がり。
出産まで性別を聞かなかったニホンコンは途中から「男の子かも」という思いに
かられ、女世界ばかりで育った我が身の勉強がてらあまたの母息子物語に
触れた結果、この映画が一番しっくりと「息子の母になる」実感が持てた
気がします。(といって生まれて来たのは娘でした。実感してたのに)

誰に話しても「見たことない」と言われるのですが、ふらっと手にとった割に
相当素敵な1本です。

かなり読みやすいものから紹介してしまいましたが、まだまだストックは多く。
またの機会にずらっとご紹介致します。

今後とも宜しくお願いします。

5月9日 日本/香港

d0104254_214663.jpg

(7月で3歳。パパのスケボーに乗りたいと主張する日々)
[PR]
by nihongkong | 2009-05-09 22:03 | Trackback | Comments(0)


中華食べたんだか写真教室だったんだか

d0104254_2256297.jpg



ニーハオ、ニホンコンです。
先日久方ぶりの写真教室がありました。
ありました、といっても正確にはその写真講座は存在しないのですが、
野外塾と称して集ってきました。

集った先は、師が連れて行ってくれてから全員とりこになった池袋の中華料理屋。
客の9割が中国人という、かなりチャイナ色強いディープなところ。
訪れる際には誘うメンバーを間違えなければかなり安く美味しく楽しいのだが、
人選を間違えるとお世辞にもキレイとはいえない店内と超がつく程大陸味に
大顰蹙を買いかねない場所。


d0104254_22561932.jpg

(店の店内、昼間っから薄暗いです)

のっけから勘定の話でスイマセンが、ウーロン茶:150円を頼むと、なんと
それはペットボトル1.5リットルの値段だったようで、どーんと出て来たり、
紹興酒1本(熱)が500円チョイなど、ここスーパーマーケット?と思わせる
もしくはそれ以下の価格。

相当食べて飲んでも2000円前半あたりで毎回済むのが大陸価格というか。

d0104254_22563449.jpg


上の写真は花巻。アツアツを辛い麻婆豆腐などにつけて食べると絶品!
その他テーブルいっぱいに並べられたお皿はどれも美味しく、本当に
此処は中国大陸か香港の裏通りにでも迷い込んだようだった。

写真教室に通う面々というと、カメラ小僧的な印象を持たれがちですが、
年齢も性格もバラバラなメンバーに共通して言えるのは、写真云々よりも、
その個々の強烈なキャラクターと内に秘めるエネルギーのようなものが、
ニホンコンには心地よく。

その源になるのはやはり師匠が持ち合わせる強烈な魅力が吸引するものでは
とも考えている。おごらず、いばらず、いつも変わらず、それでいて沢山の
ことを知っていて、たくさんのヒントをくれる、不思議な仙人のような存在。
(と思っているのはニホンコンだけではない筈/あ、ちなみに大部分おごって
もらいました)

この日は昨今のカメラ話から個々が抱える写真のお悩み相談室から、
なんだか方向変わり法律相談になり、最後には何本空けたか分からない
紹興酒に酔い酔いになり、過去の愚行の懺悔大会になってみたり。

ニホンコンもこの気持ちよくゆがんだ(いい意味で)空気と時間を存分に満喫。

結局最後は18時半のディナータイムの予約があるからもう勘弁してくれ、
と店員さんが謝りながら追い出された、13時から居座って謝られるほうが
恐縮なほど、気づいたら長居してした。

この日は中華と写真と色んなものがないまぜになったような時間でしたが、
ニホンコンにとっては全てのお悩み解消で相当スッキリしました。多謝!

d0104254_22365599.jpg

(スライドにして持って行った日々の写真たち。あな楽しき日常かな)
[PR]
by nihongkong | 2009-05-01 00:29 | Trackback | Comments(0)

    

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月