-nihongkong-


<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧



鎌倉にて

ニーハオ、ニホンコンです。

先週土曜、「超」がつく程どしゃ降りの中、鎌倉に行ってきました。
何が悲しくてずぶ濡れになりながら母子共に鎌倉に参上したかというと、
ニホンコンの100倍くらい行動力がある友人が主催するイベントに
参加してきたワケです。

その友人とは、6年間で6大陸60カ国を一人旅したという、強者中の強者。
中でも南極大陸では水着で泳いだという逸話をも持ち合わせる、無鉄砲にも
程がある好奇心の持ち主。

ニホンコンが香港在住中、彼女が旅の途中で泊まりに来たのが最初。
「友人の友人」というだけで、会ったことも話したこともなかったけれど、
あっという間に意気投合し、そのまま1ヶ月同居生活をしておりました。

そんな彼女が旅の途中、特にイスラエルやパレスチナで感じたことの
集大成が、「シンプルに暮らす=エコライフ」。現在はこれをキーワードに
トークイベントやオーガニックものを売ったりしながら、全国を旅するように
巡っております。

今は北海道に移住している彼女に久しぶりに会いたいという気持ち一心で、
あの大雨の中、傘をさしてジュニアを抱っこして「いざ、鎌倉」。

d0104254_22381669.jpg


会場の古民家カフェは、なんだか違う時代に迷い込んだかのような不思議な
空間で、素敵なことこの上ない。もとより、鎌倉は好きな場所の1つでもあるので、
何を見ても聞いても食べても「さすがカマクラ!」と思ってしまったりもするのだが。

d0104254_22383191.jpg


トークイベントは、彼女の旅のエピソードに笑い、真剣なエコ話に耳を傾けたりと、
バリエーション豊か。参加者も非常に意識の高い方たちばかりで、ニホンコン、
だいぶ勉強になりました。

彼女の言葉で「モノを持たなくなるということで、どんどん自由になれている
気がします」と言ったのが印象的。消費大国ニッポンにおいて、モノを持たず、
買わずに暮らすという、チャレンジとも言える生活を、苦とせず、むしろ楽しんで
やっているのが素敵でした。

それよりも何よりも、彼女のこういった姿勢が、旅直後と、旅から5年以上経つ今で
1ミリたりとも変わっていないこと。その強い熱意が現在の暮らしや行動の原動力に
なっているのがビシビシ伝わってきました。

そんな素敵なお話を聞いた後に、「皆さんのしているエコ活動」で、ニホンコン
「テレビを見ない生活と、炊飯器が無いので土鍋でご飯を炊いています」と
発表したけれど、果たしてエコライフと何の関係があったのか?と今更ながら
自問自答しております。

d0104254_22384486.jpg


10月30日 坂下日本/香港

追伸:ブログにはコメント欄を付けておりません。付けると「コメントあるかな」
と気になる性分ですので、敢えて外しております。こちらに頂けましたら
お返事致します。kaori@sakra.jp 既に頂いている方、ありがとうございます。
[PR]
by nihongkong | 2007-10-30 00:00 | Trackback | Comments(0)


体調不良を抱えながら走り続ける日々

ニーハオ、ニホンコンです。
すっかり秋も深まり、日々夕暮れ時をキレーダナーなぞと
思いながら自転車で家路につく毎日。

d0104254_10331665.jpg

「茅ヶ崎のビーチウォーク」

自転車といえば、アノかご付き自転車は「どっちにしろダサイのでやめろ」
「いっそのこと後部サイドカーつけて牽引しちゃえば」などと色んな意見が
ありましたが、考えるのも面倒なのでしばしこのまま行くとします。

さて、ここ2週間ほど、珍しく我が家が全員体調不良。
ジュニアが高熱ーニホンコンが扁桃腺が腫れて喉イターアルジもノドイタ、
など、順を追って崩れておりました。

それでも「毎日かあさん」は「お休みかあさん」になれるワケでもないので、
ニホンコンもいつ発熱するやもしれない爆弾をノドに抱えながら過ごすのは
たいそうしんどかったです。

とかなんとか言いながらも、先週末はフリマをしたり(調子に乗って売っていたら
これで一気にぶり返した)、朝の通勤ラッシュに揉まれながら働いてみたりと、
行動だけは元気な人でした。

最近は、老師(センセイ)仕事は、受け持っているクラスがネイティブ講師に
バトンタッチしている時期で少し先までお休み。日中友好大使と入れ替わるように
入って来た仕事は、香港関連の仕事で毎日周りで聞こえる広東語の電話に
心地よさを覚えながら、日港友好大使ライフを満喫しております。

それにしても中国、香港もめまぐるしい変化を遂げており、知らない地下鉄
や鉄道路線がガンガンできており、全くついていけていない。機会があれば
記憶のアップデートをしにいかねば、と本気で思う。

夏が過ぎるともう年末まで早いと言いますが、ニホンコン家でも既に年末年始の
話し合いが時折行われ、そこに目指して走り続ける日々であります。

d0104254_10332919.jpg

(汚い路地裏が懐かしい)

10月25日 坂下日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2007-10-25 10:38 | Trackback | Comments(0)


MTBがママチャリに

ニーハオ、ニホンコンです。

ニホンコンは数年前からマウンテンバイクを愛用。
どこに行くにもコレで、都内は殆ど移動できる。
乗り換え、駅からの徒歩を考えると、目の前まで乗り付けられる自転車は
たいそう気に入っており、1時間までだったら余裕でチャリンコで駆け付けます。
(ちなみにノロノロ行くので我が家高円寺から六本木までが丁度1時間)

中国人みたいだ、と思いながらも、今は中国人ですらマイカーで移動する
時代。ニホンコン、遅れてる。

そんな自転車はつい先日、駅前のタイ料理屋さんで宴していたところ、
チェーンは切られるわ、どっかのどいつが乗り回して乗り捨てるわで消息不明。
酔っ払い、そっち系の人、黒服など超ガラが悪いエリアだけに諦めかけていたところ
アルジが駅周辺の自転車を1台1台しらみつぶしにチェック→奇跡的に探し出し、
事なきを得たり。(その日から彼はスーパーマン呼ばわり)

その後もジュニアを背負ってゴキゲンに乗り回していたのだが、
そんな自転車が今ニホンコンの中で変化を強いられている。
そう、「コドモ仕様」へ。

ママチャリを頑なに拒み、こいつで走り回ろうにも、やはり限界が。

まず「スタンドをつけた」。ほら止める時にカッシャーンとやるやつ。
付けてみると「非常に便利」。そして思うほどダサくない。
なぜこんな棒1本を何年も頑なに拒んでいたのかと思うくらい、
華麗なスタンディング。

そもそも、スタンドがナイ自転車なんてニホンコンにとっては
「カレー粉を入れないカレー」みたいなもの。自転車購入時に、こりゃ困るゼと
当然のようにモノ申そうを思ったのだけど。

自転車屋のアニキに「こんなダセーもんつけるな!」と一喝され、終了。
(個人的には「ついてるのはダセーのか?」という一抹の疑問は残ったものの
反論の余地なし)

まあこれはやさしい樹木さんに寄りかかったり、電柱さんに寄りかかったり、
時には他人様の自転車に寄りかかったりなどして、人の(人か?)善意に
つけこんでいたワケだが。

さて、スタンドなぞはマイナーチェンジで済んだのだが、ここからが問題。
「カゴ」を付けなくてはならない事態に陥った。

保育園の送り迎えでタオルやら着替えやら、そんな袋を2つもぶら下げて
走るのはなんとも危険。これは可及的速やかに取り付けが必要。

なのだが、非常にノリが悪いニホンコン。なぜならこれこそダサイの極地。
これまで、そこそこナイスな自転車に乗っていると自負していたのだが、
そんなチャリンコに「カゴだと?」

屈辱である。敗北である。ママチャリに乗らずしてマウンテンバイクで頑張って
いたのに・・しばしめそめそしていると、アルジに「だったらマウンテンバイクで
スーパーママチャリを作ればいいじゃん、それはそれでかっこいいぜー」と
励まされ、それもそうかと近所の自転車専門店へ走る。

店員のオニイサンにああだこうだ聞いて、シンプルカゴをつけてもらうことに。
でも最後にオニイサンの「やっぱカゴは必要なんですか?」の一言にまたもや
「カゴ=カッコワルイ」の方程式が蘇り、「屈辱でしょ〜!ダサイと思ってるん
でしょ!」とうざったく詰め寄るニホンコン。

一応「取り外し可能」なカゴをつけてもらったのだが、取り外すんだか、どうだか。

かくして、これまでとは風貌が異なったニュータイプの我が自転車。
もうスリムなMTB時代は卒業するとして、母子乗れるメカに改造していく
予定。来年はまっ黄色のジュニアシートを後部に付けて2人乗り仕様に
していき、ママチャリ道を極めていきたいと思います。

d0104254_1058460.jpg

(MTBとしてはダサイが、ママチャリと考えればまずまず。どっちだよ!?)

d0104254_10581814.jpg

(この赤いポッチが取り外しボタン、いつかポチットナ!と押してやる)
[PR]
by nihongkong | 2007-10-16 11:15 | Trackback | Comments(0)


積み木

あーきのゆーうーひーにー、てーるーやーまーもーみーじ。
ニーハオ、ニホンコンです。

d0104254_9471057.jpg


秋は3連休が多く、ご飯も美味しくて楽しいことこの上なし。

ジュニア1歳を過ぎた現在、ほぼ初めてじゃないかと思われるオモチャを購入。
積み木を買いました。

産まれる前は「全て木のオモチャで揃えて・・」なぞ意気込んでいたけれど、
子供とは結局「しゃもじ」「フィルムケース」「輪ゴム」で楽しく遊べてしまえる
愉快な存在。オモチャを買い与える理由が見つからず今に至る。

と言うものの、オモチャが並ぶところなぞに行くとやっぱり浮かれ浮かれる。
特に今回は「舶来品だもんね」感溢れるパッケージに心射抜かれ、
あっさり購入。全くもって「ジャケ買い」でした。

オモチャ売り場のニクイところは、その価格設定の絶妙さ。勿論えらく
高いものもあるけれど、殆どは親である我々が「まー、この値段なら
買ってもいいか」のギリギリラインで「どうだどうだ?」とくすぐってくる。

木のオモチャは、その木が上質であればある程高いと聞いたことがあり、
事実ン万する積み木セットを持っているお宅もあるほど。そして、塗料は
「なめたらアカン〜」なので何も塗っていないシンプルなものが旬、らしい。

ただ、お宅にはお宅のこだわり事情が違い、我が家は「珍しい外国モノで
オッケー!」という妙な基準により、赤青黄色緑の積み木たちが我が家に
やってきました。

昨晩は早く寝てしまい、積み木開封式に立ち会えなかったジュニアに代わり、
とうさんとかあさんがムキになってああでもない、こうでもないと積み木を
組み立てる。

d0104254_9433224.jpg


ちなみに写真の「がんばるマン」はニホンコン母、後ろのジェット飛行機は父作。
ゼロからイチに何かを創りあげることは、難しいけどハマる作業。その後も
国会議事堂(風?)やら机とイスやらイヌ、ひとこぶラクダ、など次々完成。
勿論翌朝には一瞬にしてこっぱみじんになりました。

我が身のセンスの無さを嘆きながらも、ン十年っぷりの積み木は楽しい。
どなたか得意な方、一緒に遊んでやってください。

10月9日 坂下日本/香港

(1週間前に初めて靴を履いて歩いたとは思えない程、普通なウォーキング)

d0104254_9432139.jpg

[PR]
by nihongkong | 2007-10-09 09:56 | Trackback | Comments(0)


結婚式〜眩しすぎるプリンセス〜

ニーハオ、ニホンコンです。
最近の日記日付を読み返してみて愕然と。
これまで毎週火曜日に定期的にアップしていたものが
どんどんズレこんでいます。反省反省大反省。
_________________________________

d0104254_22291477.jpg


さてさて、先週小雨パラつく中結婚式に参加してまいりました。
バタバタと結婚式が続いていた時期があったけれど、ここ暫く
トンと話がなかったので、あの空間に誘われるのは久々に浮かれる。

d0104254_22293583.jpg


新婦は短大時代のラクロスチームメイト。
ニホンコンは大阪で学生生活をしていたゆえ、集まるメンツも
熊本、香川、大阪からと様々。なかなか大集合する機会がないゆえ、
久々の再会は心躍る。

結婚式、それはそれは楽しませてもらいました。
チームメイトの中でも郡を抜いて夢々しかった彼女らしい結婚式でした。
人の結婚式に出ると、自分の結婚式もああすればよかったと思うことが
あるのだけど、この日の眩しすぎる友人プリンセスを拝んだ感想はこれだ。

「やっぱり力の限りお姫様になるべきだった」と。

●踏んづけてしまいそうな長いドレス(自分の時は踏んづけられるから、と却下)
●鈴を鳴らして厨房に魔法(曇りガラスがパッと晴れて厨房が出て来た)
●ピンクのお花てんこもりの(こう表現する時点でプリンセス失格)のドレス
●はらりと涙こぼれ落ちる、両親へのお手紙

ちなみに美しいドレスはお色直し分も入れた2着ともお母様手作り。
自分が母に縫ってもらったら・・、と思うと、その昔幼稚園のおゆうぎ会終了後、
母自作のニホンコン衣装からマチ針が出て来たことを思い出してぞっとする。

「買ったよりも美しい、母手製ドレス」
d0104254_22285337.jpg


色々な乙女企画はこんなにも参列者を楽しい気分にさせてくれるんだと実感。
お色直しのピンクのドレスではニホンコンの楽しさも最高潮。ニホンコン、
手が痛くなるくらい拍手をしてしまった。

「悔しい程良く似合っていたピンクドレス。人はドレスを選びますが、
ドレスも人を選びます」
d0104254_22295230.jpg


ニホンコンももう一度結婚式ができるのであれば、大きなバルーンの中から
バーン!と登場して、タワーみたいなケーキのケーキカットをして、
やっぱりゴンドラに乗って似合わないであろう乙女な色ドレスで出てきてみたい。
そして最後はお手紙を読みながらマスカラが取れるくらい大粒の涙で
「生まれ変わっても結婚します」(by聖子ちゃん&郷ひろみの破局会見/
一部パクリ)と言いたい。

ひとりっこの彼女ゆえ、さぞお父様悲しんでいるのでは、とインタビューに
向かってみたのだが、予想に反して「息子ができたみたいで楽しいですよ」
と素敵な回答。

うちのアルジがあと何十年後に来るであろう娘の結婚式にこんな素敵な
回答ができるか、なぞと少し考え込んだり。勝手に想像しているのは
「パパ、当日はのっけから泣きっぱなしでグデングデン。最後の挨拶、
途中で嗚咽と共に言葉詰まり、ニホンコンがマイクを持って
『若輩者ですが』なんて言葉を使いながらスピーチを終える」のである。

失礼、ニホンコン母マチ針事件とアルジのン十年後の様子なぞ、人の話ばかり
していますが、おそらく現実はこうと予測している。

ニホンコン自身が「私に縫わせろ!」とマチ針どころか生地の裏表もバラバラな
ヘタ衣装を縫い、当日はのっけから涙涙。それこそ聖子ちゃんの破局会見よろしく
マスカラ剥げ落ち、何もスピーチできずに終わるであろう(何故かスピーチする気の
新郎母)。

ああ。今から裁縫と落ちないマスカラ探しをしとかねば。

最後に。
エミコ&エイイチさん、末永くお幸せに!
ラクロスの皆さん、すっかり「あの頃」に戻り楽しい時間でした。
昔っから全員変わらない口の悪さは、10年ぶりにこう思わせられました。
「その場におらんのはやっぱり酷だ」と。

10月2日 坂下日本/香港

「デザート。全員食べきれない程取り、そして食い散らかした私たち。卑。」
d0104254_2230863.jpg

[PR]
by nihongkong | 2007-10-02 00:00 | Trackback | Comments(0)

    

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月