-nihongkong-


<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧



祝!ジュニア1歳!

ニーハオ、ニホンコンです。
昨日のことのように思える怒濤の出産から、早くも1年が
経ってしまいました。三十路を越えた今、31だろうが32だろうが
あまりカンケーないのですが、ジュニアはゼロ歳から1歳という、
人類としてものすごい成長を遂げました。

ジュニア1歳、もそうですが「ニホンコンがママになって1歳」
という記念日でもあり、同じ助産院で出産をした友人&息子と
合同誕生会&お母さんよく頑張りました会、なぞしてみたり。

昨夏にあの場所で出産をした同士たちは、ニホンコンの大きな財産。

d0104254_15164153.jpg


(ちなみに料理バイト最後のメニュー:モロヘイヤのスープにシウマイ、
白菜とハムのミルク煮とチャプチェ、それとイモムシご飯、ではなく
栗おこわ)

___________________________________

ジュニア生誕1周年当日は、茅ヶ崎にて。盛りだくさんすぎる程のイベントで
それはそれは楽しかった。以下イベントを箇条書きにて紹介。


●餅つき

我がヒラフジ家では、毎年暮れの30日に餅をつくのが習慣となっているので、
餅つきというものは手慣れている。ましてや1升程度のお餅なんぞ、
「お米でも炊くか」くらいの身軽さなものだから、本当にすごいと思う。

d0104254_1517152.jpg


1歳バージョンの風鈴、お父さんの書いた一句も新しくなっていました。
手前から:手返しの達人である母、筋肉痛になったアルジ、奥は炭の仕度を
しているお父さん。ちなみにニホンコンは記念写真係←と思っている。


●ダッチオーブン

今年ジュニアの誕生日を祝う為にやってきた新入り。この日はダッチオーブン
初級篇ということで「ブイヤベース」を。ニホンコン、アウトドアものは
「食べる専門」と称してきたし、今日は記念写真係の筈だったが、ここでは
何故かコックに。といっても色々混ぜて蓋しただけだけど。

d0104254_15171523.jpg


それにしても、モノが優秀だと、ニホンコンがどう混ぜようが蓋しようが美味しい。
ちなみに庭に机を出してみんなで食べるご飯はもっと美味しい。


●恒例のケーキ

鎌倉のケーキ屋さんより、1歳のプレゼントとしてケーキを頂く。
1本だけのロウソクは、本当にカワイイ。ニホンコンの誕生日だったら
間違いなく「ロウソクの下にケーキが見える」になるわけで・・

d0104254_15172949.jpg


ちなみに食べたのは大人だけ。ジュニアはスポンジを少しだけ。


●餅を背負うジュニア

「1歳まで無事これたことのお祝い&今後の健康を願い、1升のお餅を
背負って歩く」・・子供を生んでからというもの、お宮参り、お食い初め、
節句等々、日本の文化を知る行事が多く、勉強になります。

これまでも健康に育って来た我が子に、引き続き、またそれ以上
健康でありますように、と願う。

d0104254_15174462.jpg


ちなみに現在は『ものすごく強い』意志がはっきり芽生え、気に入らないこと、
持っていたものを取り上げると「キイイイィィィィーーッツ!」という金切り声が
部屋中に響き渡ります。

強くあれ、でも優しくもあれ。と母願う。

楽しかった誕生会は終了し、今年は1歳から2歳という、また別の進化を
見せることになりますが、またそれも日々楽しみながら成長を見守りたいと
思っております。

7月31日 坂下日本/香港

追伸:フジロック行った人、感想聞かせてくださいな。まだおあずけの我が身に
お裾分けをば。
[PR]
by nihongkong | 2007-07-31 00:00 | Trackback | Comments(0)


先週末&全く関係ナイ旅話


ニーハオ、ニホンコンです。
週末の「コマチトリオ」でのライブ&切り絵&写真は大成功に終わりました。
楽しかった上に、ギャラリーカフェのオーナーがニホンコン写真を気に入って
くれ、展示はそのまま継続することになりました。みなさま相模大野に
お立ち寄りの際は是非寄ってください。素敵なところですよー。

d0104254_23442517.jpg


昨日も昼から麦芽酒を美味しそうに飲む周囲を横目にジンジャーエール。
打ち上げに誘われても飲めない&7時には床に着くジュニアを優先して帰宅。

___________________________________

ああ、飲めないとなると飲みたくなるのが人間。
殆どいい思い出なんかは無いのに、数年たつと苦い思いは風化するもので、
紹興酒を飲みに紹興に赴いた日々を楽しく回想してみたり。
___________________________________

(ちなみに坂下日本/香港は日々の日記、という主旨よりも、誰とも
共有できなかった思い出をしたためることによって昇華する、という
意味合いが強く、過去の出来事もワシワシ書いております。
特に一人旅話が多いのですが、話の時代背景が小過去、中過去、
大過去と飛びますが、何卒宜しくお願いします)

___________________________________

酒酒言うものの、ニホンコン下戸です。
だから、紹興酒を飲みに「紹興」などに言っても、別に楽しいワケじゃない。
ただ、土産話のネタにはなるじゃろ、と赴いてみました。

およそ1ヶ月の旅途中、紹興に1泊2日で立ち寄ってみました。

紹興は杭州という町からバスで2時間ほど、ちなみにこれが一番
安くて汚くてボロい。(電車は30分、なんだか最近出来たとか
噂のリニアモーターカーで行くと、なんと8分とか?がっくり)。

朝6時のバスに乗ったため、到着は朝8時。
真っ先に向かったのは、そう、有名な紹興酒が飲めるレストラン。
かつて紹興出身の魯迅が愛したという場所であるが、「阿Q正伝」すら
まともに読めていない身としては「ああ、ロジンね」くらいの感想しかない。

そこは朝の8時だっつーのに、紹興酒をかっくらう親父や観光客で
ごったがえす。異様な盛り上がりに押されてニホンコンも列にならぶ。

ここでの王道メニューはお椀になみなみと注がれる紹興酒1杯(80円程度)と
「荷香豆」と言う豆、また鼻にツンとくる臭い豆腐の「臭豆腐」がよいツマミ。

勿論その3点セットで頼んでみるのだが、もうその「なみなみっぷり」にびっくり。
しかも日本でよく見る半透明の茶色と違い、んもう醤油かと思うくらいの濃ゆい色。

d0104254_23444075.jpg


席に着いて思った。「ワタシは紹興酒の紹興に来てみたかっただけで、
朝の8時からナミナミ紹興酒を飲みたかったワケではなかった」と。

空腹のニホンコンに朝から「酒とマメと臭豆腐」は、いささか夜メニューすぎる。

しかも、そのツマミは何人かでのシェア用、お喋りしながらツマむというスタイル。
レストランど真ん中にポツンとひとり、黙々と醤油、もとい紹興酒を眺めながら
(実際飲めてない)座る姿は、自分で思い出しても「あれはカワイソウだった」。

どんだけ横のテーブルにつまみを持って行って「ご一緒していいですか?」
と言いたかったことか。あの時ばかりは日中友好大使の看板を掲げるニホンコンも
赤ら顔で陽気にお喋りしている彼らに声を掛けられず、結果「上戸と下戸」の
文化の壁を越えられなかったり。

結局半分飲んでそこそこ酔い、朝8時半からフラフラになりながら店を出る。

さて、これから何しよう。もうやるべきことは終了し、明日の夕方まで全くもって
フリーである。

ひとり旅は、気楽さとテキトーが絶妙に入り交じり、それがまた楽しい。
ただ、ふとした瞬間にこの適当が非常に仇となるということが、この
紹興の滞在で判明した。

そうこうしているうちに雨が降って来る。切ない気持ちを盛り上げるために
「ここは遊園地にでも行ってみよう、町に1個くらいあるだろう」と、突飛も
ない計画を立ててみる。

しかしまあ、アレですわ。何をしてもダメな時はあるもので、こういう時は
何をしてもダメでした。この話はまた近いうちに。

7月24日 坂下日本/香港

d0104254_23445641.jpg

「臭豆腐(チョウドウフ)」の屋台。個人的には臭い・味共に結構好きだけどな。

d0104254_2345865.jpg

「よく見ると赤ちゃんの洋服、お尻のとこが割れてます。中国の赤ちゃんはオムツ
の代わりに股裂けズボンを履いており、そのままするスタイル。だから日本の
子供よりもオムツ離れが早いとか何とか言われている」
[PR]
by nihongkong | 2007-07-24 06:09 | Trackback | Comments(0)


そういえば今週末

そういえば。
告知をするのを忘れてました。
今週日曜日、「相模大野」(神奈川/小田急線)にて、
写真の展示を致します。

といっても個展やグループ展ではなく。
バイオリン&ビオラ弾きの友人ユニット「コマチトリオ」が
毎年アットホームなコンサートを開催しており、ニホンコンは
その会場に写真を展示させてもらえることになりました。

そのライブとは、彼女たちが1年のうちに感じたことや
経験したことをもとに作曲をし、それをライブ化している
というもの。とても幸せで温かい雰囲気に包まれていて、
素敵な空間をいつも作ってくれます。

友人は、ニホンコンと同じ、昨年出産をして、マザーになって
初のコンサート。子育てをしながら作った曲もあり、今回は
親子でも楽しめるような時間設定や企画になっているようです。

また、毎年恒例になっているのは「切り絵」。曲の演奏中に、
その曲のイメージを切り絵にする、新しい形の「LIVE」。
これがまた盛り上がるし、出来上がりもかなりハイレベルで、
ニホンコンは彼女の切り絵が大好き。

こんなキワもの(ある1つのことをずうっと続けて極めようと
している人)たちと一緒に何かができるのは、本当に光栄。
今回はお仲間に入れてもらえただけで満足。

ニホンコンの写真は、この幸せな空間を温めるセレクトに。
同じく、一角には撮りためた「子供」というテーマの写真も
展示しようかと思っています。

それでは、チラシを貼付けておきます。
興味のある方は連絡頂ければ詳細お伝えします。

7月17日 坂下日本/香港

d0104254_2344223.jpg

             「コマチトリオのチラシ」

d0104254_23365688.jpg
d0104254_2337773.jpg

        「打ち合わせと称して、殆ど遊んでおりました」

d0104254_0103723.jpg

「数年越しでお願いして実現したニホンコン家の切り絵表札」
(旧姓サカシタで仕事をしているゆえ、郵便屋さんを思ってダブルネームに)
[PR]
by nihongkong | 2007-07-17 00:00 | Trackback | Comments(0)


すっかり金曜日になり


月曜から木曜まで香港に出張していたアルジ。出発前に
「坂下日本/香港はどうやってアップするのか?」と聞かれ
「マンガ喫茶」とテキトーに答えたものの、そんな時間と余裕が無いことに、
アルジ出発後、パソコンが無くなってから気づく。

少し遅くなりましたが、大家好(みなさんこんにちわ)、ニホンコンです。

初めて母ひとり子ひとりで過ごす4日間は、楽勝だろうと思っていたものの、
意外にも大変。改めてアルジの存在の大きさにひれ伏す。

朝は起こしてご飯を食べさせ、ニホンコンは仕事に行く準備をし、
ジュニアを迎えに行ってからご飯を作り、お風呂に入れ、
寝かしつけて、またご飯を作る日々。はー、疲れた。

ご飯といえば。
現在、ご飯を作る仕事(バイトだな)を受けており、山のように
送られて来るレシピを、その通りに作る、「実作」をしております。
世の中にはいろんなお仕事(バイトだな)があるものだと感心。

当初「3度のメシを作ってお金を頂けるなんてラッキー」と
ほくそ笑んでいたものの、普段手品のようなご飯(ぷいっと出て来る)を
作っていたニホンコンにとって、もう手間で手間で仕方ない。

そんなこんなしていたら、もう週末になる。飛ぶように過ぎるとは
このことを言うんだろう・・

ご飯食べに来る人、歓迎。でもすごい時間がかかるので、1品1品出します。

7月13日 坂下日本/香港
d0104254_10392256.jpg
d0104254_1039375.jpg
d0104254_10395281.jpg
d0104254_1040493.jpg
d0104254_10401758.jpg

[PR]
by nihongkong | 2007-07-13 10:44 | Trackback | Comments(0)


旅・旅・旅

最近、周りが夏休みモードで旅ラッシュ。
ニホンコン母は英会話教室の研修と称してサンフランシスコ中。
(ちなみに1週間の旅中、英語研修はハンバーガー屋でのオーダーのみ、
もはや自他ともに認める『豪勢なお楽しみ会』としか言いようがない)

他ではギリシャにサッカーを観に行っただとか、タイの未開発ビーチで
ノンビリしたとか、ヨーロッパに1人旅に出る話だとか、お盆にクロアチアに
行くとか・・

(クロアチアは再びニホンコン母。一回ずつ行くのではコストパフォーマンスが
悪すぎるので、いっそのことリュック1つで行きたいところを全部回ってから
帰って来て欲しい)

来週からアルジは香港に出張。毎回「ついていくぞ!」と意気込みながらも
今回もパス。ジュニア付きだからというよりも、家族で初めて出る海外が
「また香港」てのがどうにも浮かれない。

__________________________________

今すぐにどこかに飛べるワケではないのですが、やたらと旅心くすぐられる
話ばかり聞くので、ここは我が家にある莫大な旅の写真たちを見て、
風化しかけていた旅の思い出と共に、この夏を過ごそうと思っている。

人は「完全自由」を手に入れた瞬間、不自由に感じ、1つの制約が
加わると、やたら自由を欲するものだと、現在のニホンコンの状態を
見て思う。

「もう行きたいとこなんか無いしー」とか半ば本気で言っていたクセに、
ひとたび「子育て」というリュックを背負った瞬間、やたらどこかに
行きたくてタマラナイ。

丁度「ああ、お酒も沢山飲んでみたいなあ」と、これまた下戸のくせに、
授乳中でガバガバ飲めないと、やたら飲みたくなる。ダメと言われると
やりたくなるものだ。

と、重たい写真の引き出し(これがまた重たい。家は物が少ないのですが、
地震が来たらこいつに圧し潰されやしないかと心配)を開けてみると、
あったあった。

【2004年秋/中国ひとり旅 篇: 『紹興』に紹興酒を飲みに行く】

酒好きの友人がこの為だけに紹興に行き「本場の紹興酒はウマイ!」と
絶賛していたのを聞き、飲めないクセにエッサエッサと行ったっけ。

この紹興、今更ながらに思い出したけど、「面白い程つまらなかった」、
というか「つまらないほど面白かった」ので、気が向いた時にでも
書こうかと思っています。

今日もどんよりな天気。「日本の梅雨は嫌いだからカラっとした所に行く」
と言っては毎年どこぞやに1ヶ月くらい出掛けてしまうイタリア人と
日本人の友人カップルがいる。羨。

7月3日 (もう7月) 坂下日本/香港





d0104254_114875.jpg
d0104254_1162798.jpg

[PR]
by nihongkong | 2007-07-03 11:06 | Trackback | Comments(0)

    

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月