-nihongkong-


この春の涙vol.1〜二分の一成人式〜

d0104254_17344613.jpg


(帰省も楽になりました)

いついつまでも続くと思っている日々も、
確実に終わりに向かって進んでいると気づいた春。

センチメンタル・ニホンコンです。

この春は、いろいろ灌漑、もとい感慨深いものがありました。

まず、娘1号の「二分の一成人式」

ニブンノイチセイジンシキ?ってなんじゃい?!と
昭和の方はお思いかと思いますが(もちろん私も)
要は10歳を祝おう、みたいな妙な企画(失礼)
今じゃ四十路の「ダブル成人式」とか生後6か月
の子を祝う「ハーフバースデー」なんてものも
あるくらいだから、絶対もうすぐ30歳でやる
「ハーフ還暦」とか喜寿や米寿をもっと若くして
「何とか寿」とか出てきかねん勢い。

娘本人も二分の一成人式は「えー」とか言いながら
あまり乗り気でなく。「やる?やらない?」という
ディベートをクラスでやったらしいのだが、最後まで
「反対派」に座ってたらしい。ま、四年生の最後の
授業参観っていうだけでなぜそんなに
「♬お母さん~産んでくれてありがとう~わたし~」
みたいな感動ソングを歌わにゃならんのか、という
気持ちも分からんでもない。

なのでニホンコンも大して期待もせず参加しました。
「ま、学校サイドから親へのリップサービスみたいな
セレモニーでしょう」くらいの期待で。

(昨今の学校は親の顔色をやや伺いすぎな傾向が
ある気がする。学校は学び舎であって、保護者は
外野でいいのにな、とも思うけれど)

最初の入場。GREEEEN(Eいくつ付くんだっけ?)の
「キセキ」

(知らない方はユーチューブとかで見てみると
良いです。最初のイントロ ’あした~’ から
泣かせの音運びです)

ハイ、きたよ。
保護者を泣かせちゃおうって感じ。
わたしゃそんなトラップには引っかからないからね!
と、周りのお母さんが早くもウルウルしているのを
ぐっとこらえる(別に堪えんでもいいのに)。

そうこうしているうちに、全員入場し、クラスごとの
発表になる。娘のクラスはトップバッターで歌を披露。

これがまたニホンコンにとって誤算!大誤算!

「うまれて~じゅうねん~たちました~」
みたいな歌い出しに、この10年の記憶が走馬灯
のように駆け抜け、ぐわっと視界が涙でユラユラ
してきた。

もう、ずるいんですよ。
こういう感動セレモニーで歌われる歌は、そもそも
音符の運び方がもう泣かせのキーというか涙腺を
モロに直撃してくる。

そしてその歌詞と共にグルグル回る己走馬灯。
永遠に続くかと思う大変な日々だったけど、
思い返せばもうこうやって大きくなってるな、、

とかいってるそばからサビ
「♬今 今 伝えたい 普段は言えないことだけど
今 今 伝えよう 10年分のありがとう」

と。これ書いてる今でもオバハン目頭染みるわ。

そしてそれを40人近い子供たちの必死のパッチな
二部パートでのハモリとかで歌われると、ちょっと
胸がキュンとなる。

それから、ようやっとマスカラ落ちない程度の涙で
歌が終わり、他のクラスの発表を冷静に見れたのだ。

が、最後の全員による合唱てのがまたヤバい。
娘の小学校、少子化の現在で珍しいくらいの
大規模校。

1学年200人くらい、5クラスもある学校のため、
お子様全員で歌われると、その熱気とパワーとヤング
さで、それだけでぐわっと左胸の奥底を鷲掴まれる。

あー、もう途中から、これ以上泣くと化粧はがれて
帰りまずいことになるな、とか思って、自分の
左手の甲をちみくる。

(注:ちみくる、は地元浜松の方言で、標準語
だと「つねる」とでも言うか。でもニュアンス的
には絶対に「ちみくる」がしっくり)

ちみくる、というか「ちみくりまくる」。
ぎゅうぎゅうと。

式が終わった時には、ほんと、こんな気分。
「ナメててすいません。
斜に構えててすいません」と
先生たちに謝りたい。 

これは、二分の一成人式という大義名分のもと
「10年分のかあさんへの労い」だなと。

なんか、全くカンケーないんだけと、
結婚式で花嫁がお手軽読む、みたいなのに似てる
というか。ニホンコンは恥ずかしかったので、
結婚式ではこっそり引き出物の紙袋に手紙を
しのばせたのだけれど、今思えばやっても良かった
のかなー。とか。

それよか、花粉症気味なのか加齢なのか、
目の周りがカサカサしはじめる春。
こんなお涙企画を開催された暁には、もう
目のキワがヒリヒリしまくりで、これも
もう一つの涙。

おっと、春の涙バナシ一挙公開しようと
思ったのに、エピソード1つでずいぶん
長く書きすぎてしまったじゃないか!

d0104254_17344769.jpg


(うちわ風船テニスみたいな?)

d0104254_17344780.jpg


(結局ちいこいチームの対戦になる。
お姉さんご苦労様です)


続きは近々。待て次号!
(って、待ってないか、笑)

[PR]
by nihongkong | 2017-04-07 17:24 | まいにち母さん | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nihongkong.exblog.jp/tb/24059841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 2号の保育園卒園に寄せて      ま、ま、まさかの全員インフルエンザ >>

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月