-nihongkong-


【ネパールでの物々交換話】

d0104254_14193330.jpg



(2児と向き合う日々は読書もままならず、今年初の図書館)

ニーハオ、ニホンコンです。
本選びは、その時の気持ちや思考がそのまま出るのが面白く。
左半分は毎度な中華もの。ずっと読みたかった中国のベストセラー。
欲望むき出しの生々しい表現が、今の中国を物語っているような。

左半分は「時間お金モノ」について欧米の思考が反映されたもの。
ニホンコン、がぜん興味があるのはこちら側。

ちょうど読み終わった「イギリス式〜」の中で、ニホンコンも経験した
「ネパールの物々交換」ネタがあったので、それを紹介。


d0104254_14192660.jpg



(ネパーリーブランケット、とでもいうか)

これはニホンコンが10年ほど前にネパールのポカラという街で手に入れたもの。

先に申し上げておくと、これが物々交換でゲットしたもの。
そしてまたこれも先に申し上げておくと、

「双方合意のもと、あたたかな気持ちでやりとりが行われた」

なんてことは全くなく、もうタフな現地のおばちゃんたちの
食うか食われるかみたいな勝負だったのでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネパールのポカラという街では、衣服や文具、生活雑貨などの製品は、現金収入が
少ないために滅多に手に入らない貴重品ゆえ、自分たちで作ったアクセサリーや
工芸品を、こうして訪れた人たちと「物々交換」をするとのこと。

ニホンコンも旅の途中で要らなくなったものを売ったり、譲ったりしてきた
けれど、現地の人と、それも現地のものと交換ができるなんて素敵だワイ!
なんて軽く考えながらその場所に向かいました。

現地のバザールは、おそらく、これまで沢山の旅行客が訪れたのであろう。
かなり観光客慣れしたような感じは否めず、一目見て日本人と分かるや
否や、もう寄ってくる寄って来る。それも

「ブチュブチュ交換!」と叫びながら。

最初に聞いていて喜ばれると踏んでいた「ペンやライター」
などの日用品には目もくれず、腕時計とかカメラなどを指さしては
「ブチュブチュ交換!」と、また叫ぶ。

げ、話が違うぜ!と思ったのも時すでに遅し、でも魅力的なネパール工芸品も
捨てがたく、おばちゃんたちのギラギラした目と格闘することを覚悟する。

ここは値札もなければ、交換条件もまちまちゆえ、かなり気持ちの綱引き
勝負といったところか。そう思ったら値札がきちんと存在して値引きも
ぼったくりも一切ない日本のシステムは、面白みはないけれど、合理的且つ
「疲弊しない」ということが分かった。

先に勝負に出たのは一緒に行った日本人女性。
とあるシルバーのアクセサリーに目を止めたのだが、一瞬にしてその
欲しそうな顔を見抜かれ、相手は強気の一点張り。結局ブチュブチュ交換
では納得されず、プラスして現金まで払う羽目になった。

敵もさるもの、おそろしや。

ニホンコン、目をつけた紫色のブランケットがあったが、なるべく
引き分けにもっていくために、おばちゃんたちの様子を伺っていた。

よくよく観察していると、交換したがるものの傾向に気づく。
ベルトや時計、指輪などの「銀もの」と、靴下、手袋などの「衣料品」。

ここは一発勝負で終わらすべく、ええい帰りのことは考えるな!と
身につけているベルトをしゅるっと抜く。日本で買った安物だが、
バングル部分がごっついシルバーで、飴色の皮が結構気に入っていたけれど、
これはまた買えばいい話であって。

おばちゃん一同「オオ〜ッ」。

で、そのブランケットを指さすと、あっさり
「ノーノー」。

え?!ダメなんですかね?ベルトと毛布?十分じゃないのよ!

この心理戦は「欲しい」と思ったほうが負けゆえ、ニホンコンも
その時点でかなり後手に回っていた。まだ何か出さなくてはならず、
もう出すもんないよーと考えあぐねた結果、もう最後の手段で
ブラの紐をちらつかせる。

お色気作戦ではなく、ブラジャーもつけちゃうもんね作戦でいくことに。
いやいや!ベルトなしのゆるゆるズボンにブラジャーもない状態で
帰り道自転車1時間もこぐなんて!と一瞬よぎったが、ここはもう
一生に二度はこないであろう「土俵」だと割り切ることに。

おばちゃんもしぶしぶ「それならば・・」と言いながらも、ちょっと
嬉しそうな顔をしている。最初っからこれ出しとけばよかったとも
思いつつも、ちょっと奥入らしてね、と控え室に入れてもらい、
ベルトとブラジャーを引っこ抜いて差し出し、無事に
ブランケットはニホンコンのものになったのであった。

こうして、友好的に、とはほど遠い、半分身ぐるみがはがれた
ボロぞうきん状態で宿に戻ったのでありました。

救われたのは、その後続けた旅で、雪山に行ったり、寝袋が必要なほど
寒い宿もあったのだが、これで何とかしのげたこと。実際にはしのげては
いないのだけれど、「ないよかマシ」だった、ということ。

帰国後、同じものが近所のアジア雑貨屋で安く売っているのを見た時には
深く深く傷ついたのだが、これは、値段ではない、思い出と共に
ずっと大切にしたいモノのひとつなのである。


2月12日 日本/香港


後日談:

翌日日本人の男の子が大量のアクセサリーをもって帰って来た。

聞くと、先にこっちが持ち物をひろげ、おばちゃんたちが欲しそうに
寄ってきたら、「ダメダメ、これ欲しいんだったらそのアクセサリー
10個ね!」と、向こうを客扱い。最後はおばちゃんたち涙目に
なりながらブチュブチュ交換をしてきたとか。強敵。
[PR]
by nihongkong | 2012-02-10 15:32 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nihongkong.exblog.jp/tb/15408842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 【暴飲暴食、万歳!〜薬膳中華料...      【頑張れ小さなモデルさん!極寒... >>

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月