-nihongkong-


【北京でサソリを食べてみた】

d0104254_20595254.jpg



(サソリの串焼き、写真左はタツノオトシゴ。サソリは20元=360円に対し、
タツノオトシゴは倍くらいの金額)

ニーハオ、サソリ女、ニホンコンです。

北京でサソリを食べました。
ここ数年、北京に行ったときには必ずチャレンジするのが
「サソリの串焼き」。

初めて食したのは5年前。屋台街で見つけ、誘われるがまま食べたサソリが
「カッパえびせん」風味で非常に美味しかったのを思い出し、今回も
北京に行くならば旅の土産話のひとつに、と屋台街に向かったというワケだ。

向かった先は王府井。国内外問わずオノボリさんが集まる、
東京でいえば上野、大阪でいえば道頓堀みたいなところか。
(誰か「中国の銀座」と言った人がいたが、銀座とはまたちと違う気が)

そこには全国各地の名物がその屋台街にずらっと並んでいるのだけれど、
最近では日本からの観光客向けにタコヤキなんかもおいていたりする。

ちなみに、先に断っておきますが、サソリは北京の名物でも
何でもないし、中国人でもそんなに日々食しているものでもない。ようだ。
何故かというと、道ゆく人々が「見てみて!サソリ〜」といって怪訝な顔を
しながら屋台の前をウロウロしていたから。

サソリ屋台の周りには、常に10人以上の大人たちが、
皆「興味はあるけど、コワイ」。な表情で遠目で見て居た。
日本の屋台でそんなものあるか?と考える。思いつかない。

こういうとき、我れ先に!と口火を切るのは何とも気持ちがよい。
「オジさん、さそりを一串おくんなまし!」というニホンコンに
「オオ〜ッ」とどよめきがひとつ。

そして背中には「ちょっとコイツ食べる気ダゼ」な視線を
感じながら、心の中で「眺めるだけじゃ無いんザマスわよ!」と、
少しだけ優越感を覚えてみる。

けれども、あまりにも皆および腰な態度に、少々不安さえ
感じ始めたりする。あれ?5年前はもっとフラっと食べた筈なのに。
もっと皆気軽に口にしていた筈なのに。こんなにどよめかなかった
筈なのに。

と。

とはいうものの、異国にて注目を浴びるのは悪い気もせず、
ジュージュー焼き付ける屋台のオヤジを涼しい顔して眺めたり
しながら、待つこと5分。

オヤジから、その尻尾がブランブランしてやまないサソリの串
(5匹連なり)を受け取ると、いやはや通りがかりの人も見るわ見るわ。
注目の的でした。

「いやいや、たかがサソリ食べるだけなんです、そんなにジロジロ
見ないで下さい」と思いながらも、それまたちょっと勇者の勲章を
頂いたようで(勝手に)、しばらくその串をブランブランしながら
歩いてみる。

ニホンコン、あまりに注目を浴びたゆえ、なんだか落ち着かなくなって
ガブリと上から二匹、かぶりつくことにした。

と、瞬間。激痛が走る。

「い、痛いーーーーー!!!」

何かがニホンコンの口内を鋭く刺し、ビックリと痛いのでパニック。

これ以上噛んだら危険かも、と、二噛み目寸前でストップし、
しばし考える。

「サソリの毒にやられたかも」
「いやいやさすがに毒は無いだろう。焼いてるし」
「いやいや海外旅行はハプニングの連続であって」

と、グルグルと考えてみた結果。
それは「サソリの細くて長い手足」だということが判明。

ああ、命だけは何とか、と一番チキンハートだった自分に
情けないやら笑うしかないやらで、そこからは一気に
奴らをムシャムシャと食らう。

お味のほどは。
「油っこすぎた&しょっぱすぎて味不明」。

5年前は確か20代。きっとジャンクフードもそれなりに
食していただろう時代の味覚と、それからの5年間で
ハンバーガーを食べなくなり、和食一辺倒な生活を
し続けた我が身の舌は、相当な変化があったようだ。

勢いよく乗り込んだサソリ道は、意外にも的外れな
結末でした。

とかいって、また次回北京にいったらリベンジするような
気がする。いや、次はリッチに(?)「タツノオトシゴ」にトライだ。

11月25日  日本/香港
[PR]
by nihongkong | 2009-11-25 21:39 | 旅/海外篇 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nihongkong.exblog.jp/tb/10493703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 【感謝のことば】      【ESSEモニター・イベント〜... >>

香港在住時代の近況報告新聞「坂下香港」の日本版。03年から週1で綴ってもうすぐ10年。中華&子育て近況報告です。mail:kaorischina@gmail.com
by nihongkong
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
記事ランキング
画像一覧
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月